【2021年最新】動画配信サービスおすすめ12社タイプ別徹底比較!あなたにぴったりのサービスは?

【2020年最新】VOD(動画配信サービス)おすすめ12社タイプ別徹底比較!あなたにぴったりのサービスは?

同時視聴も4台までOK!高画質も備わり家族みんなで楽しめる!

アカウントは4つまで作れ同時視聴できますので、家族のみんなで別々の作品をダウンロードして楽しむことも。

また、DVDより高画質なBlue‐Ray並みのフルHDに対応しているので、大画面で作品を楽しめることも魅力の1つ。

いろいろ悩むなら、無料お試しサービスを選ぶ第一候補にしてはいかがでしょうか?

U‐NEXTの基本情報
運営会社 株式会社U‐NEXT
得意ジャンル 映画全般・アニメ・ドラマに加え書籍・漫画など
見放題プラン コンテンツ数 20万本以上
月額料金(税抜) 2,189円
レンタル 買い切り ダウンロード機能
解約時の制約 いつでもOK 使えるポイント U‐NEXTポイント(毎月1,200P)
特典など 月額料金内に1,200ポイントが含まれる。ポイントはメディア内の雑誌・漫画で使用できる
公式HP https://video.unext.jp/

U-NEXTを利用する

②Amazonプライム・ビデオ【コスパは最強、Amazonでお買物するなら絶対お得!】

ネットショッピングの最大手Amazonが、親会社となって提供しているサービスがAmazonプライム・ビデオです。

動画だけじゃない!多彩なサービスメニューが月々500円で

Amazonプライム会員(月額500円・年会費4900円)になると、非公開ですが見放題作品数約1万本前後のコンテンツを楽しめます。

プライム会員になった最大の魅力はビデオの見放題だけでなく、約200万曲あるPrimeMusicを聴き放題であったり、Amazonで買った商品の配送料が無料になったりと、サービスのメニューが大変豊富です。

さらに、学生さんなら体験期間が6ヶ月、その後も半額の250円でお得なサービスが多数ある「PrimeStudent」が大変お得。

Amazonだけのオリジナル作品や、映画好きにうれしい「レコメンド機能」も選ばれる理由

お笑いオリジナル作品・「ドキュメンタル」やCMでもおなじみの「バチュラー」シリーズといったAmazonプライムでしか観れない作品も多数あります。

ただ、最新作や人気コンテンツはレンタルや都度買いの場合が多く、思っている作品が見放題の中に含まれているかどうかは、必ず事前にチェックが必要です。

ある程度使っていると、視聴者の好みに合わせて作品を提案してくれる「レコメンド機能」があなたを寝不足にしてしまうかも。

Amazonでお買い物をする方は、もうすでに入っているかもしれませんね。

私なんかPCとスマホから違うアカウントで2つ会員になっていたぐらいなので(泣)、とっても便利ですよ!

無料お試し期間が30日間ありますので、まずは自分に合っているか試してみましょう!

Amazonプライム・ビデオの基本情報
運営会社 Amazonの子会社
得意ジャンル バラエティ・海外ドラマが強い。オリジナル作品も魅力。豊富なジャンルでコスパ最強
見放題プラン コンテンツ数 未公開
月額料金(税抜) 500円 年会費なら4900円(月額408円)
レンタル 買い切り ダウンロード機能
解約時の制約 いつでもOK 使えるポイント Amazonポイント
特典など Prime会員の特典が多彩。配送料無料やPrimeMusic使い放題など。
公式HP https://www.amazon.co.jp/

Amazonプライム・ビデオを利用する

③dTV(ディーティービー)【充実のコンテンツ数、ドコモユーザー以外も問題なし!】

dTVは音楽レーベルでおなじみのエイベックスとNTTドコモが共同で作った会社、「エイベックス通信放送」が運営しています。

最強といわれるコスパと音楽コンテンツの充実ぶりが選ばれる理由

最大の特徴は12万本という国内トップクラスのコンテンツ数を提供しながら、月額利用料が550円(税込)と大変リーズナブルなところです。

もちろん映画・ドラマ・アニメやお笑いだけでなく、エイベックスが携わっているので音楽映像やライブやコンサートといったコンテンツも豊富です。

例えば、エイベックス所属のアーティスト「乃木坂46」や「キスマイ」が主演しているドラマや、FOD(フジテレビオンデマンド)と共同制作したオリジナルドラマといった、限定配信コンテンツも楽しめます。

使いやすさを追求した機能の数々は必見

機能面では、時間がない方でもサクサク視聴できてしまう「倍速機能」や、気になる作品をワンクリックでまとめて後で視聴できる「クリップ機能」など、ユーザーの使いやすさを追求した親切さが魅力です。

さらに配信されている音楽作品には、自分だけのプレイリストを作ることができる「音楽プレイリスト機能」があり、さすがエイベックスと納得してしまいます!

画質問題はちゃんと調整できます

dTVの動画再生は初期設定が「自動」となっているので、スマホやWi‐Fiの電波状況がよくないところだと画質が悪くなってしまうことがあります。

そのため、他のVODに比べやや画質が悪いといった声もあるようです。

手動でも設定ができますので、状況に合わせて変更しましょう。

dTVの基本情報
運営会社 エイベックス通信放送(エイベックスとNTTドコモの合弁会社)
得意ジャンル 幅広いコンテンツ。音楽コンテンツ充実しており生ライブ配信も
見放題プラン コンテンツ数 12万本以上
月額料金(税抜) 550円
レンタル 買い切り ダウンロード機能
解約時の制約 いつでもOK 使えるポイント U‐NEXTポイント(毎月1,200P)
特典など dポイント払いができる。使いやすさを追求した機能が好評。
公式HP https://pc.video.dmkt-sp.jp/

dTVを利用する

【ドラマ派におすすめ!】海外・国内ドラマに強い定額制VODサービス2選

オリジナルドラマといえば、HuluNetflix

どちらも高い評価を得ているサービスですが、大きく国内ドラマ系(Hulu)と海外ドラマ系(Netflix)に分けることができそうです。

①Hulu(フールー)【オリジナルドラマ・テレビ好きユーザー強い味方】

Huluを運営するHJホールディングスは日本テレビグループの会社です。

アニメも充実!キッズ専用チャンネルもありお母さんの見方!

元々アメリカ発のサービスを、日テレグループが事業を引き継いだ形となっています。

だからこそ、過去の地上波番組や日テレ系国内ドラマの見逃し配信が充実しています。

また「しゃべくり007」や「世界の果てまでイッテQ!」など人気バラエティ番組のコンテンツも豊富。

また7万本以上の豊富なコンテンツは、Huluオリジナル作品や人気アニメ、キッズ専用チャンネルなど幅広い世代に支持されるような構成となっています。

新作は別サービスの「Huluストア」で楽しむことも

Huluにはレンタルサービス専門の「Huluストア」が用意されており、新作映画などはこちらでの販売になっていますので、見放題には新しい作品はあまりありません。

ポイントなどで「Huluストア」への誘導も行っていないことから、見放題とレンタルは完全に別物としてみていいでしょう。

Huluはダウンロード可能で同時視聴が1台のみになりますので、家族でご利用というよりは1人で楽しむ方向けのサービスといえます。

Huluの基本情報
運営会社 HJホールディングス(日本テレビ傘下)
得意ジャンル 海外ドラマ・日テレ系ドラマ・バラエティに強い。オリジナル作品も充実
見放題プラン コンテンツ数 7万本以上
月額料金(税抜) 1,026円
レンタル 有(Huluストア) 買い切り ダウンロード機能
解約時の制約 いつでもOK 使えるポイント
特典など 無料お試し期間14日間あり
公式HP https://www.hulu.jp/

Huluを利用する

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。