作家おすすめ小説記事はこちら!

ReaJoyとは?

ReaJoyは「読書をもっと楽しもう」をコンセプトに2018年10月に立ち上げた読書エンターテインメントメディアです。

日本一楽しい読書メディア」を目指して、みなさんが楽しめる素敵な空間づくりを心がけています。

現在、40名以上のライターの方々(北は北海道から南は九州まで個性豊かな)に協力していただいているおかげで、1日1記事ペースで新着記事を更新しています。

そんなReaJoyを知らない方にこのサイトのことを知ってもらうためにこのページでは色々な角度からこのサイトについて紹介していきます。

ReaJoy名称の由来
本を読むの「Read」と楽しむの「Joy」を合わせてこの名前をつけました。リージョイと読みます。イントネーションは「DJ」と同じです。

ReaJoyではどんな記事が楽しめるの?

ReaJoyで読める記事は大きく分けて二種類あります。

  • 読書好きライターの主題歌付き書評
  • 読書好きにはたまらない有益な情報を発信する特集記事

主題歌付き書評

ReaJoyでは、姉妹サイトであるBook Ground Music(本と音楽のマッチングサイト)の要素を取り入れています。

記事内でその本に合う曲をYoutubeやAppleMusicのウィジェットを挿入して紹介することで×音楽のマッチングを楽しむことができるようになっています。

このようにサイト内で曲を再生できるようになっています。

特集記事

ReaJoyの特集記事は読んだ方が少しでも得した気分になれるようなものを意識し更新していきます。

特集記事の種類の例は以下のようになります。

  • ~に行ってみた!(トークショー、読書会、書店、旅館etc…)
  • 読書系Webサービス使ってみた!(愛用しているサービスの紹介、使ってみた感想)
  • その季節に合った記事(バレンタインの季節に読みたい小説特集、プレゼントしたい本特集etc…)
  • おすすめ小説紹介記事(伊坂幸太郎おすすめ10選etc…)
  • 本×音楽記事

こちら参考記事です。

新宿TSUTAYA BOOK APARTMENTは都会のオアシス空間だった【8時間延長】 森見登美彦おすすめ5選+1(キャンパスライフ作品)【新大学生必読!イケてないあなたが主人公になれる青春小説】 【「西荻」がぎゅっとつまった本屋さん】BREWBOOKSさんに行ってきました(東京・西荻窪) Alexandrosの歌詞と音楽が頭の中で鳴り出す小説5選【動画あり】

書評を読んだ人にどうなってもらいたいか

未読の人にはきっかけを

読んだことがない作者の作品の魅力を記事を通して少しでも知ってもらい、「面白そうだな〜興味湧いてきたな、今度本屋さん行った時に探してみようかな〜!!」と思ってもらい新しい本との出会いのきっかけ作りになれれば嬉しいです。

読了済みの人には

自分が読んだことのある本を他の人はどういう感想を持ったのか、共感できるところもあるだろうし逆に違う角度からの感想で新たなその本の魅力に気づくことができるかもしれません。そんな気づきが生まれれば嬉しいです。

ライターの声:ReaJoyに入って良かったことは?

実際にReaJoyで記事を書いているライターの声をお届けします。

ReaJoyライターに興味がある方はぜひ参考にしていただきたいです。

しおっち

自分の好きな本が誰かと繋がる手助けができることが魅力ですね。それは書く側の特権だと思うので。

一蔵とけい

ReaJoyライターをやることのメリットは同じく読書好きのライターと意見を交換しながら取り組むことができるので特に今までライター未経験の私にとっては成長できやすい環境があることです。
よかったことはGoogle検索で「書名+感想」で検索した時に自分の書評がすぐに見えるとやっぱり嬉しいです。サイトの力があるからこそですね。

tsukasa

ライター同士の交流もあるので、自分一人では知ることのなかった情報も手に入りますし、読書好きな人と話す機会が増えましたね。

あとは、自分の肩書きが1つ増えたとかですかね!

ishida

文章を好きだと言ってくれる人が居たことですね。肯定されたような気分になりました。好き勝手書いたことが良いと言ってもらえるの本当に嬉しいです。
あとは、本を読んだ後にしっかり考えるようになりました。結局何を伝えたかったんだろうとか、どうしてそういう表現にしたんだろうとか。それを自分なりに読み取って、その中から自分は何を選んで書くのかを考える力がついたんじゃないかな〜と思いますね。

織(しき)

「好き」を書くのってたのしい。
真剣に向き合った文章を真剣に読んでくださる方に届けてくれる場所です。

あーこ

好きなことで記事を書けるのはそれ自体楽しいです。本の魅力を色んな人に伝えたいと思って書いています。あとは、ライターに憧れていたので、自分の将来に繋がる、実績になることがメリットですね。

勝哉

完全に物書き目線になってしまうのですが、ReaJoyライターとして文章を書く事で、「文章のまとめ方を学べる」ですかね。ライターとして、読者様に短い言葉で本について、イベントについてを紹介しなければいけないので、どうすれば言いたい事を短くまとめられるか、すっきりとした文章で抑える書き方ができるか、といったような面を学べる、という意味で「いいことがある」って形になります。

ReaJoyライター紹介

ReaJoyライター一覧はこちらをご覧ください。

読書を愛するReaJoyライターたち!

ReaJoyではライターさんを募集しています

読書が大好き!!」という熱意がある方大歓迎です。

  • 読書が好き
  • 文章を書きたくてしょうがない、でもなかなかその機会がない
  • 自分のおすすめの作家さんを紹介したい
  • ReaJoyが好き

上記のうち、一つでもビビッと来るものがあればぜひご相談ください!!

募集要項はこちらです↓↓↓

ReaJoyライター募集要項

運営会社情報

こちらをご覧ください。