森見登美彦おすすめ5選+1(キャンパスライフ作品)【新大学生必読!イケてないあなたが主人公になれる青春小説】

森見登美彦おすすめ5選+1(キャンパスライフ作品)【新大学生必読!イケてないあなたが主人公になれる青春小説】

キャンパスライフ…。

垂涎の甘い響きに心うばわれた男たちは、恥じらいもなく胸を高鳴らせていることでしょう。

しかしキャンパスに潜む魔物にとって、新入生を堕落させるなど容易いこと。

間もなく「腐れ大学生」となるあなたを、二度と戻れない森見ワールドへご案内いたします。

京大卒ヘンタイ作家の略歴

森見登美彦

1979年生奈良県生まれ。

京都大学農学部卒業、同大学院修士課程修了。

在学中の2003年には『太陽の塔』でデビュー。同作は日本ファンタジーノベル大賞に選ばれた。

古風な文体でありながらユーモアのある屁理屈にあふれ、リズミカルな言い回しから生まれる独特の世界観は「森見ワールド」として親しまれている。

その舞台は京都市左京区を中心とした狭い範囲に限られており、学業を怠けること甚だしい「腐れ大学生」による阿呆で男臭いストーリーが多い。

2006年発売の『夜は短し歩けよ乙女』は灰汁のない洒落た作品に仕上げたことから、大学生を中心とした多くのファンに支持されている。

2011年には全ての仕事を休んで故郷に帰っているが、2018年の『熱帯』の発表をもって休載の後始末を終えたとしている。

なぜ、森見作品は大学生人気ナンバーワンなのか?

森見登美彦氏の小説は、腐れ大学生からの圧倒的な支持があります。

春になるとさえない男たちは大学デビューをもくろみますが、そのほとんどは桜の花よりも先にあえなく散っていくもの。

こうしてモテない、さえない、男くさいの三拍子をけたたましく打ち鳴らし、せっせと青春をムダにする「腐れ大学生」が量産されていくのであります。

そんなろくでもない連中にスポットライトを当てる奇人こそが、我らのカリスマ森見登美彦氏!

彼は腐った野郎どもを主人公にするという性癖をもってして、阿呆な作品を生み出しては日陰の住人を鼓舞してくれています。

いやいや、そんな小説もさえないキャンパスライフも御免こうむるという御仁は、どうぞスタバで『ノルウェイの森』へ付箋貼りをキメればよろしい。

そしてモリミストたる蛮勇を持った選ばれしあなたは、さっそくヘンタイ作家の妄言にふける日々を謳歌して頂ければと願います。

数多の腐れ大学生がいるかぎり、森見作品は人気ナンバーワンであり続けるでしょう。

大学生をとりこにする森見ワールドとは?

森見ワールドとはお洒落でお馬鹿なオモチロイ世界観であります。

大学三回生の春までの二年間、
実益のあることなど何一つしていないことを断言しておこう。
『四畳半神話大系』

 

諸君、異論があるか。
あればことごとく却下だ。
『夜は短し歩けよ乙女』

昭和が薫る古風な文体でありながら、つむがれる言葉は実益のない詭弁にまみれており、それでいて洒落ているのですから摩訶不思議ですね。

森見作品の舞台となるのは大学生の街、麗しの京都。

雅なだけではない深淵なる世界のざわめきと、腐れ大学生の生臭きうめき声の不協和音は、耳にした者を堕落した生活へといざないます。

そんな魔都に惑わされた学生は安息の地を求めて森見ワールドへ逃げ込みますが、ここに踏み入った者のキャンパスライフは二度と日の目を見ることはありません。

無用の貞操を守りぬかんとする阿呆だけがこの先へ進むとよいでしょう。

『太陽の塔』モテない男の汗と涙と男汁がしたたる青春ドラマ

『太陽の塔』の評価
森見ワール度
(4.0)
モテない度
(4.5)
男汁度
(5.0)
おすすめ度
(4.0)

森見登美彦氏のデビュー作にして、日本ファンタジーノベル大賞を受賞。

冒頭からの生臭いほどにリアルな腐れ大学生の日常は、いったいどこがファンタジーなのかとツッコミたくなりますが、どっこい気づけば不思議な世界に引きこまれています。

イケてないサークル「男汁」のメンバーである主人公は、非モテをこじらせた友人とクリスマスファシズムに抗い、恋人たちの邪魔をしては無用に傷口を広げるのですから救いようがありません。

鴨川に並ぶカップルの列に割って入る、男女男女男女男男男男男女男女男女の「哀しみの不規則配列」は、覚えがあるだけに笑えない京男子も多いことでしょう。

そんなどたばた劇から一転して、ラストでは本心に気づいた「私」のホロリとさせる述懐もあり、一筋縄ではいかない森見ワールドの原点を堪能できます。

恋人のいない鬱憤を晴らすための無益でみじめな時間こそが、真の友情を育んでくれるのかもしれません。

『太陽の塔』森見登美彦 あらすじと感想【絶望的にモテない男たちへささげるアンチクリスマスの聖典】『太陽の塔』森見登美彦 あらすじと感想【絶望的にモテない男たちへささげるアンチクリスマスの聖典】
『太陽の塔』の基本情報
出版社 新潮社
出版日 2006/06/01
ジャンル 青春
ページ数 237ページ
発行形態 単行本、文庫、電子書籍

『夜は短し歩けよ乙女』大学生人気No.1の森見恋愛小説

『夜は短し歩けよ乙女』の評価
森見ワール度
(4.5)
ヒロインかわいい度
(5.0)
お酒飲みたくなる度
(4.0)
おすすめ度
(5.0)

女性に飢えた森見作品は数多くあれど、かろうじて恋愛小説のジャンルにねじ込めるのはこの一冊ぐらいでしょう。

風情のあるタイトルからも知れるように、森見節におしゃれなテイストが交わり、文学的妄言小説として磨きあがっています。

相変わらずストーカー気質の主人公が登場しますが、新しい手法として女の子の目線からも進むストーリーはかつてない華やかさ。

なんといってもこの黒髪の乙女が、あらゆる作品のヒロイン史上最高にかわいい!

なかでも巨大緋鯉のぬいぐるみを背負い、達磨の首飾りをかけて歩く場面は、想像しただけで頬がゆるみます。

女性読者からは「童貞の妄想だ」なんて厳しい指摘がありそうですが、いいではないですか男はみんなバカなんだもの。

森見氏もおそらくは理想の女性像に共感してほしくて、その一心だけでこの作品を書き上げたのでしょう。

最後は本人たちも自覚するご都合主義で締められますが、たまにはモテない男の夢が叶ってもバチは当たりませんよね。

「俺も俺も」と勇み立っている奥手男子諸君!

実際に女の子をつけ回すのは犯罪なのでいい子はマネしない。

『夜は短し歩けよ乙女』原作小説あらすじと感想【現実と妄想が入り混じる、恋愛ファンタジー】『夜は短し歩けよ乙女』原作小説あらすじと感想【現実と妄想が入り混じる、恋愛ファンタジー】
『夜は短し歩けよ乙女』の基本情報
出版社 角川グループパブリッシング
出版日 2008/12/25
ジャンル 恋愛小説
ページ数 320ページ
受賞 第20回山本周五郎賞受賞、2007年本屋大賞2位
発行形態 単行本、文庫、電子書籍、オーディオブック

『四畳半神話大系』結局どれも泥色のパラレルワールド

『四畳半神話体系』の評価
森見ワール度
(4.5)
コミュ障度
(4.0)
猫ラーメン食べたい度
(4.5)
おすすめ度
(4.5)

第一話を読み終え、第2話に入ったところで「おや?」となります。

同じような展開が始まったけど少し違う…。

四畳半部屋がつなぐ4つのパラレルワールドでは、それぞれの腐れ大学生が濁りきった泥色のキャンパスライフを送っています。

どの「私」も今のサークルを選んだことを後悔しており、和気あいあいと楽しむ学生たちには馴染めていないようで、せっせと人間関係にヒビを入れては追い出される始末。

空を飛べそうなほど地に足がつかない生活をしているくせに、他人が恋愛にふわふわと浮かれるのは許せないとは、「お前は俺か!!」と妙なシンパシーがあったのは私だけでしょうか?

どのサークルに入ったところで根っこが同じ人間であれば、その場その場の選択などあまり意味を持たないのか、結局は似たような結末を迎えています。

どんな現実からでも幸せを選ぼうとする賢者にならず、「あの時ああすれば今頃は…」と可能性に生きる愚者の姿を、あたかも他人事のように笑ってやりましょう。

『四畳半神話大系』原作小説あらすじと感想【ほろ苦くもめっぽう面白い青春物語】『四畳半神話大系』原作小説あらすじと感想【ほろ苦くもめっぽう面白い青春物語】
『四畳半神話体系』の基本情報
出版社 角川書店
出版日 2008/03/25
ジャンル SF
ページ数 405ページ
発行形態 単行本、文庫、電子書籍

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。