string(10) "is_single "
bool(true)
string(7) "is__mc "
string(684) "a:4:{s:3:"top";s:4:"7500";s:4:"path";s:45:"2022/04/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg";s:4:"href";s:463:"https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook/dp/B09VHB9LBF/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1";s:10:"categories";s:84:"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911";}"
string(15) "is__categories "
array(21) {
  [0]=>
  string(1) "5"
  [1]=>
  string(3) "133"
  [2]=>
  string(3) "473"
  [3]=>
  string(3) "483"
  [4]=>
  string(3) "482"
  [5]=>
  string(3) "882"
  [6]=>
  string(3) "481"
  [7]=>
  string(3) "510"
  [8]=>
  string(3) "518"
  [9]=>
  string(3) "480"
  [10]=>
  string(3) "135"
  [11]=>
  string(3) "134"
  [12]=>
  string(3) "144"
  [13]=>
  string(3) "191"
  [14]=>
  string(3) "484"
  [15]=>
  string(3) "162"
  [16]=>
  string(3) "353"
  [17]=>
  string(3) "459"
  [18]=>
  string(4) "1909"
  [19]=>
  string(4) "1910"
  [20]=>
  string(4) "1911"
}
string(17) "is__has_category "
bool(false)
string(13) "get_category "
object(WP_Term)#7826 (17) {
  ["term_id"]=>
  int(456)
  ["name"]=>
  string(7) "Audible"
  ["slug"]=>
  string(7) "audible"
  ["term_group"]=>
  int(0)
  ["term_taxonomy_id"]=>
  int(456)
  ["taxonomy"]=>
  string(8) "category"
  ["description"]=>
  string(382) "■おすすめ記事
【最新2020年版】オーディオブック徹底比較!1番おすすめの聴き方は?【Audibleとaudiobook.jp】
"
  ["parent"]=>
  int(454)
  ["count"]=>
  int(3)
  ["filter"]=>
  string(3) "raw"
  ["term_order"]=>
  float(21.1)
  ["cat_ID"]=>
  int(456)
  ["category_count"]=>
  int(3)
  ["category_description"]=>
  string(382) "■おすすめ記事
【最新2020年版】オーディオブック徹底比較!1番おすすめの聴き方は?【Audibleとaudiobook.jp】
"
  ["cat_name"]=>
  string(7) "Audible"
  ["category_nicename"]=>
  string(7) "audible"
  ["category_parent"]=>
  int(454)
}
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(12) "is__mcbride "
NULL
string(13) "is__url_path "
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(13) "is__url_path "
bool(true)
bool(false)
bool(true)
string(12) "is__toppage "
NULL
bool(true)

Audible(オーディブル)って本当に良いの?使い方は?【実際に使ってみた感想】

「聴く読書」が急速に普及する中、「どのオーディオブックのサービスを使えばいいの?」と迷われる方も多いかと思います。

そんな方に最初の1冊としておすすめなのが「30日間無料キャンペーン」実施中のAudible(オーディブル)です

本記事ではAmazonが提供するAudible(オーディブル)を実際使ってみた感想と使い方について詳しくお伝えします。

▼30日間無料+いつでも退会可▼

audiobook.jpとの比較記事はこちら!

【最新2022年】オーディオブック12社比較!1番おすすめの聴き方は?【Audibleとaudiobook.jp】

Audible(オーディブル)とは?

Audible(オーディブル)は、Amazonが運営する大手オーディオブックサービスです。

世界初のデジタルオーディオプレーヤーを開発し、オーディオブックの先駆けとなった会社AudibleをAmazonが子会社化して、2015年から日本でのサービスが開始されました。

Amazonとの連携はもちろんのこと、業界最多のラインナップや洗練されたデザインなどが特徴です。

※「audible」の一般的な単語の意味は「聞こえる」「聞き取れる」。

Audible(オーディブル)を使った感想や使い方7点

①アプリのインターフェースが洗練されていて使いやすい

無駄なものがないとても洗練されたインターフェースなので、使い方の説明を読まなくても直感的に使い始めることができます。

ドライブモードで運転中にも最適化。

タップする範囲が大きいので、運転して一時停止している短い間にも操作がしやすいです。

②プロの朗読は聴きやすく耳に入ってきやすい

文章を読み上げるのは基本的に朗読のプロの方。感情がこもったナレーション・朗読のため聴きやすく頭に入りやすいです。

ビジネス書ではハキハキと喋る一方、小説では絶妙な間や抑揚、感情の込め方を大切にして読み上げます。

有名な俳優さんやアナウンサーの方が読んだものもありますが、朗読のプロの方が吹き込んだ作品の方がより聴きやすいと感じました

これらのオーディオブックはプロ朗読のものなので、試しに聴いてみてください!

③作品数やジャンルが豊富!

オーディオブックのサービスを選ぶ上で、使いやすさと同様に大切なのが「作品の多さ」。

オーディブルは書籍が充実したAmazonが運営しているため、オーディオブックのラインナップも随一。

人気のベストセラーはもちろんのこと、ビジネス書・自己啓発本や、

※画像は目に優しい「ダークモード」で、背景が黒色になっています。

小説・ノンフィクション、ライトノベル、

健康・暮らし・子育て、名作文学までもカバーしています。

④ブックマークで聴きたいところを簡単に聴き返せる

紙の本の場合、自分が気になったり心を動かされて後で読み返したいと思った場所に、マーカーを引いたり付箋やドッグイヤーをつけて記録できます。

オーディブルの場合、それらに代わるのが「ブックマーク機能」です。

気になる内容が話された時にブックマークボタンを押せば、後でその場所から聴きなおすことができます。

この点は操作性の面で紙の本より手軽と言えるでしょう。

⑤速聴で時短!情報処理能力や説得力のある話し方も鍛えられる

忙しい方はなるべく短い時間で多くの情報を得たいと思うもの。

オーディブルは再生速度を0.5〜3.5倍速で細かく調整できるので、自分のペースで時短することが可能です。

洋書を遅めに読んでもらうことで英語のリスニング練習にも使えます。

また、普通より速い速度で文章を聴くことを「速聴」といい、情報処理能力や論理的に話す力が向上する効果があるとされます。

読書に加え、仕事に必要な情報処理能力や説得力のある話し方が上達するならまさに一石二鳥ですね!

⑥サンプルや返品制度があるので損しない

オーディブルでは、サンプルで4分程度の朗読を無料で聴くことができるため、「内容や朗読がイメージと違う!」といった理由で購入を失敗することは少ないでしょう。

もし失敗しても、購入した本を返品して別の本に交換できるため損することはありません。

⑦スリープタイマーで朗読を聴きながら自然に入眠できる

「寝る直前に学習したことは記憶に定着しやすい」と言いますが、その法則にのっとれば、寝る時に得た知識は最高の定着率となるはずです。

オーディブルにはスリープタイマーの機能があるので、30分などに設定して就寝時にベッドで聴けば、より記憶に定着しやすいでしょう。

また、小説の朗読を聴きながら眠りに入るのも、読み聴かせをしてもらいながら眠るようで癒されます。

Audible(オーディブル)の料金体系【最初の30日間は無料】

Audibleの料金体系ですが、次の2点だけ押さえておけば十分でしょう。

  1. 最初の30日間は無料(初回会員登録のみ)
  2. 毎月1,500円で、聴き放題対象のオーディオブックが無制限に聴ける

まとめ

AmazonのAudible(オーディブル)を実際に使ってみた感想やその使い方をお伝えしました。

スマホで音楽を聴くのとほぼ変わらないシンプルな操作で使用でき、オーディオブックを始めるには最適のサービスだと感じました。

最初の30日間は無料で解約はいつでもできるので、気軽にチャレンジすることができます。

▼30日間無料+いつでも退会可▼

おすすめのオーディオブック4選

この記事を読んだあなたにおすすめ!

【最新2022年】オーディオブック12社比較!1番おすすめの聴き方は?【Audibleとaudiobook.jp】 Audible ハリー・ポッターのオーディオブックを無料公開【小説、絵本など50冊以上】

2 Comments

ひかる

ご参考にしていただけて嬉しいです。オーディオブックライフをお楽しみください。

返信する

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。