「読書会をもっと身近に」
8/18までクラウドファンディング実施中!

【クリスマスに読みたいとっておきの小説集めました!】ReaJoyライターがオススメするクリスマスをテーマにした本まとめ

輝く夜(百田尚樹)

「この日は大切な人のことを考える日なんだと思う。きっと今夜は世界中の人に素敵なことが起こる気がする」―クリスマスの奇跡の夜の短編集。とっておきの話がきっとみつかります。

『輝く夜』百田尚樹【心にじんわりとあたたかさが広がる奇跡のクリスマス物語五編】

聖月夜(長野まゆみ)

クリスマスイブの夜、プレゼントを楽しみにしすぎて眠れなくなった思い出があります。

あなたにとって、大切にしたいクリスマスの思い出は、ありますか?

『聖月夜』長野まゆみ【聖なる夜に降り積もる、子供たちに起こった奇跡】

クリスマス・ストーリーズ(朝井リョウ、伊坂幸太郎 他4名)

一日に何度も逆算する女、江戸時代の武士と百姓から見た現代日本のクリスマス、サンタクロースの仕組みを提供する会社で働く男etc…色々な角度から描かれたクリスマスを楽しめます!!

『クリスマス・ストーリーズ』【人気作家6名が綴る奇跡のクリスマス物語】

クリスマスを探偵と(伊坂幸太郎)

クリスマスプレゼントにいかがですか?ほっこり温まる絵本です。
是非伊坂幸太郎の初の絵本をお楽しみください。

『クリスマスを探偵と』伊坂幸太郎 絵:マヌエーレ・フィオール【クリスマスの特別な夜に】

ミラクル(辻仁成)

父親が言った嘘を信じ続ける少年、アル。
来る日も来る日も雪が降る日を待ちわびる彼の、健気で切ないクリスマス・イブ。

『ミラクル』 辻仁成【健気な少年のささやかな願い】

キャロリング(有川浩)

クリスマスキャロルが流れる頃
君と僕の関係はどうなっているのだろう。
クリスマスキャロルが聞こえるまでに
誰が大切なのかを知ることはできるのか。

『キャロリング』有川浩【クリスマスに会社が倒産!同僚であり元恋人との恋の行方は・・・】

太陽の塔(森見登美彦)

クリスマス。
年に一度は多すぎる。

モテない男たちの妄想が京都の聖夜に荒れ狂う。
果たして彼らの企みは成功するのか。
ぼっちの夜に読みたくなる、非リア充の友情賛歌。

『太陽の塔』森見登美彦【絶望的にモテない男たちへささげるアンチクリスマスの聖典】

星の王子さま(サン=テグジュペリ)

ねえ、そんなに急いで、なにを探しているの?心でさがさなくちゃ。いちばんたいせつなことは、目に見えない。

『星の王子さま』サン=テグジュペリ【忙しそうにしているきみの、いちばんたいせつなことはなに?】

クリスマス・キャロル(ディケンズ)

映画『Merry Christmas! ロンドンに奇跡を起こした男』公開の今読みたい、クリスマスがもっと大切な日になる小説。

『クリスマス・キャロル』ディケンズ【文豪からあなたへ贈るクリスマスプレゼント】