string(10) "is_single "
bool(true)
string(7) "is__mc "
string(244) "a:4:{s:3:"top";s:4:"7500";s:4:"path";s:46:"2022/07/f42f8fdf521ab2e66bda4c9ad5cb3c2c-1.jpg";s:4:"href";s:23:"https://amzn.to/3Bw2I9T";s:10:"categories";s:84:"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1911|1910";}"
string(15) "is__categories "
array(21) {
  [0]=>
  string(1) "5"
  [1]=>
  string(3) "133"
  [2]=>
  string(3) "473"
  [3]=>
  string(3) "483"
  [4]=>
  string(3) "482"
  [5]=>
  string(3) "882"
  [6]=>
  string(3) "481"
  [7]=>
  string(3) "510"
  [8]=>
  string(3) "518"
  [9]=>
  string(3) "480"
  [10]=>
  string(3) "135"
  [11]=>
  string(3) "134"
  [12]=>
  string(3) "144"
  [13]=>
  string(3) "191"
  [14]=>
  string(3) "484"
  [15]=>
  string(3) "162"
  [16]=>
  string(3) "353"
  [17]=>
  string(3) "459"
  [18]=>
  string(4) "1909"
  [19]=>
  string(4) "1911"
  [20]=>
  string(4) "1910"
}
string(17) "is__has_category "
bool(false)
string(13) "get_category "
object(WP_Term)#7105 (17) {
  ["term_id"]=>
  int(539)
  ["name"]=>
  string(27) "約束のネバーランド"
  ["slug"]=>
  string(8) "yakuneba"
  ["term_group"]=>
  int(0)
  ["term_taxonomy_id"]=>
  int(539)
  ["taxonomy"]=>
  string(8) "category"
  ["description"]=>
  string(0) ""
  ["parent"]=>
  int(457)
  ["count"]=>
  int(3)
  ["filter"]=>
  string(3) "raw"
  ["term_order"]=>
  float(2.2)
  ["cat_ID"]=>
  int(539)
  ["category_count"]=>
  int(3)
  ["category_description"]=>
  string(0) ""
  ["cat_name"]=>
  string(27) "約束のネバーランド"
  ["category_nicename"]=>
  string(8) "yakuneba"
  ["category_parent"]=>
  int(457)
}
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(12) "is__mcbride "
NULL
string(13) "is__url_path "
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(13) "is__url_path "
bool(true)
bool(false)
bool(true)
string(12) "is__toppage "
NULL
bool(true)

約束のネバーランド キャラクター・登場人物を一覧で紹介!【鬼の世界で生きる食用児たちの物語】

週刊少年ジャンプで連載終了してもなお、強い人気を誇る『約束のネバーランド』。

今までにないジャンルで、全20巻のなかに魅力がギュッと詰まっており、実写映画にもなった。

この記事では、『約束のネバーランド』のメインキャラクターを紹介していく。

もう読み終えた人も、アニメを楽しんでいる人も、もう一度、作品の余韻に浸れるはずだ。

エマ【楽天的で少年のような女の子】

出典:amazon.co.jp

この物語の主人公で、11歳の女の子。

ハウスと呼ばれる、グレイス・フィールドに住む孤児。

毎日行われるテストではフルスコアをたたき出し、運動能力も高いため、物語中、「特上」と言われるほど優秀。

里親のもとに行くことが決まったコニーの忘れ物を届けるため、行ってはいけない門に行く。

そこで鬼の存在を知ってしまい、子どもたち全員で、ハウスから逃げ出すことを決意するのだった。

いかなる困難があろうと、絶対に諦めないリーダー。

ウィリアム・ミネルヴァの情報をもとに、冒険をすすめると、鬼の世界に、人間の農園があることを知る。

彼女はすべての食用児の解放を目指して奮闘していく。

人間と鬼の「約束」を結びなおすために、鬼の頂点と出会い、「約束」を結びなおすが、大きな代償を背負うことになってしまう……。

天真爛漫で、お調子者のエマ。

それでいて、自分の考えは絶対に曲げず、人を選ばずに助けようとする姿に、胸を打たれる。

可愛さも、かっこよさも持ち合わせている彼女の活躍に、より注目したい。

約束のネバーランド5巻 エマ【約束のネバーランド】エマの魅力とは?最悪な世界からの脱出劇を戦い抜いた女性主人公!

レイ【誰よりも自分を犠牲にする優しい器】

出典:amazon.co.jp

グレイス・フィールドの最年長の一人で、11歳の髪の長い男の子。

テストでは毎回のようにフルスコアをとり、エマ、ノーマンとともに、「特上」のうちの一人。

日々読書をしていて、莫大な知識を持っている。

彼は、幼少期からハウスの正体や、鬼の存在を知っていて、ママと食用児たちをつなぐ、内通者だった。

裏切り者とノーマンに見破られるも、実は誰よりもハウスの解放を願っていた彼。

ママの要求に応え、ご褒美をもらっていたが、それは全部、エマとノーマンを脱出させるために必要ものだったのだ。

はじめはハウス全員での脱出に反対していたが、エマの揺るがない思いに心打たれ、徐々にエマと同じ理想を持ちはじめる。

ハウスを脱出した先でも、率先して危険なことに立ち向かうなど、男気にも溢れている。

エマが鬼との約束を結びなおした代償を受けたことを知ると、誰よりも悲しみ自分を責めた。

普段あまり感情は出さないが、誰よりも家族を愛している。

不器用ながらも大切な人を守ろうとする彼の姿に、胸を打たれる。

ノーマン【子ども離れした天才頭脳の持ち主】

出典:amazon.co.jp

グレイス・フィールドの最年長の一人で、銀髪が特徴の11歳。

テストでフルスコアをたたき出す、「特上」の一人。

エマとともに、コニーの忘れ物を届けに行くため、立ち入り禁止の門に行き、鬼の存在を知ってしまう。

エマとレイと協力し、脱獄を目指す。

ハウスの中で最も頭脳に長けていて、脱獄の戦術をたくさん生み出した。

しかしママに見破られたのか、彼はみんなと脱獄するという夢を叶える前に、出荷が決まってしまう。

出荷前に逃げようと努めるも、あえて出荷を受け入れる。

出荷のために門をくぐると、待っていたものは「死」ではなく、研究のために作られたΛ7214という新農園での生活だった……。

Λ7214で隔離生活をおくっていたが、支援者と接触し、Λ7214を壊滅させる。

彼が新農園から脱出した後、目指したものは、未来の食用児たちを解放するために、「鬼を絶滅させる」というもの。

彼とその周囲が織りなす、食用児を解放する方法は、果たして正しい選択だったのか。

食用児たちのリーダーになった、彼の気持ちの変容にも注目したい。

ドン【家族思いの第二のリーダー】

エマたちに次ぐ年長者。

縦長な顔で黒い肌が特徴の、10歳の男の子。

最年長の3人に比べると、能力に劣るが、ここぞとばかりにリーダーシップを発揮する。

年下の子からすれば、より身近にいる頼りがいのあるお兄ちゃんとして、信頼されている。

はじめ、ノーマンたちから鬼の存在を隠されていたが、協力したいという強い気持ちを伝え、真実を知る。

ギルダとともに第二のリーダーになり、ハウス脱獄の先陣をきった。

自分の気持ちを表に出すのは苦手だが、誰よりもエマやレイのことを心配し、自分もその責任の一端を任せてもらえるよう励んでいく。

エマとレイがゴールディ・ポンドに行くと、残された子どもたちを彼が引っ張るなど、たくましく成長していった。

ユウゴに豆ノッポといわれるほど不器用な彼が、立派に成長していく過程は、ヒーローそのものだ。

ギルダ【メガネの奥に秘めた熱い思い】

ドンと同じ10歳の女の子で、メガネをかけた緑髪が特徴。

とても内気で、エマたちが何か隠していると知っても、聞き出せなかったほど。

年下の子を、積極的にお世話し、信頼できるお姉ちゃんだ。

内気な性格とは反対に、気持ちは誰よりも熱い。

最年長者3人に次いで、テストで高得点をとっており、鋭い洞察力と、キレのある思考を持っている。

ドンとともに、脱獄計画の一端を任されることになり、頭脳をいかして第二のリーダーとして活躍した。

はじめ、暗い雰囲気で登場し、裏切り者のようにも見えたが、勘の鋭い彼女は、様々なことに疑問をもっていたのだった。

脱獄後、子どもたちの守り番をするだけだったが、徐々に頭角を現す。

七つの壁を探す際、そこに向かった彼女は、手がかりになる資料を暗記するなど、なくてはならない存在になった。

フィル【たくましき4歳のリーダー】

4歳の男の子だが、テストで高得点をとるなど頭がいい。

とても明るく活発で、一見、何も考えていないように見える。

しかし、観察力に長けている彼は、4歳ながら、ハウスに疑問を持っていた。

エマたちに、4歳以下の子どもをハウスに置いていくと伝えられると、計画を冷静に受け入れるほど、大人びている。

エマたちの脱獄後、しばらく登場はないが、火事によって消失したハウスをあとにした彼は、他のプラントに移され、別のママのもとで暮らす。

真実を知った状態で、何人もの子どもが出荷されるのを、心を痛めながら見送っていた。

彼はエマたちの成功を願って、祈って待っているのだった……。

彼の明るさは憎めず、愛おしい。

イザベラ【善と悪を持ち合わせるハウスのママ】

グレイス・フィールドのママとして、子どもたちを飼育している。

子どもたちには、ママとして愛されている。

その一方で、裏では鬼からの命令に従い、質の高い食用児をそだてられるように、徹底的に管理している。

彼女も同じく、幼い頃は農園で育った。

当時、好きだったレスリーが里親に出されると、農園の秘密を知ってしまう。

彼女も、エマたちと同じく、脱獄を試みるが、辺りが断崖絶壁ということを知り、諦める。

その後は、育てられる側から、育てる側になるために、人一倍努力した。

彼女は身ごもった際、お腹の子どもにレスリーの歌をきかせていた。

レイは、どこかで聞いたことがあると、その歌を歌っていたため、レイが自分の実の子であると知る。

エマたちが脱獄した後は、自分が負けたと認め、子どもたちの脱獄を応援する側に回る。

子どもたちに脱獄された責任を負って、死を覚悟した彼女だが、なんと「グランマ」に昇格したのだった。

しかし彼女は最後、子どもたちへの捨てられない愛を、行動にうつした。

彼女は一体、どんな思いだったのだろうか。

シスター・クローネ【ママを目指す黒き大女】

ハウスの子どもたちの同行を怪しんだイザベラが、監視の強化を要請し、派遣された補佐。

黒い肌と大きい体型が特徴で、高い運動能力をいかして、エマたちの計画を追求する。

ついにエマたちを追い詰めたが、彼女が求めたのは協力だった。

ハウスの子どもが脱獄すれば、イザベラの地位がなくなり、自分がその地位につけると考えたのだ。

双方の利益を求めたかたちで協力し合うが、イザベラに先手を打たれる。

「あなたをママにする」と告げられた彼女は、絶句する。

ママになることは、このハウスからいなくなるということ。

彼女は、ママになる名目で、出荷されてしまうのだった。

しかし彼女の根底には、クソみたいな世界を壊したい欲があり、それをエマたちに託す。

彼女がかつて農園で拾ったペンは、エマたちが脱獄した後、見事な活躍をみせる。

彼女の魂は生きている。

ムジカ【人間を食べない鬼】

出典:amazon.co.jp

エマたちが脱獄し、危険な目にあった際に助けた鬼の女。

人間に近い容姿をしていて、一見、勘違いしてしまうほど。

ソンジュとともに、他の鬼とは離れて暮らす。

宗教上の理由から、人間を食べない。

しかし、鬼は人間を食べないと生きていけない。

後に、「邪血の少女」の一族の生き残りと判明し、彼女は、人間を食べないで生きられる血を持っている。

常に移動しながら生活を送っているが、エマたちと出会い、シェルターで子どもたちをお世話していくうちに、情が芽生え、食用児たちを友達と認識しだす。

エマとの別れ際、お守りをわたし、「七つの壁」を探すようにすすめる。

鬼と人間との壁を越えた絆が、育まれていく。

ユウゴ【大人げない誰よりも仲間思い】

エマたちが、ミネルヴァのペンを頼りにたどり着いたシェルターに、住んでいた男。

かつて彼も農園で育っており、脱獄を試みるも失敗し、シェルターに閉じこもる。

はじめ、エマたちを嫌い、シェルターを出るよう迫っていた。

ゴールディ・ポンドに向かう際も、エマとレイは犠牲にするつもりだった。

彼には、ゴールディ・ポンドで仲間を失った辛い過去があったのだ。

しかし、ゴールディ・ポンドでのエマたちとのやりとりや、旧友・ルーカスとの再会で、13年前の情熱を思い出す。

彼はルーカスが死んだと思っていた。

仲間の分まで生きるという思いを持ち続けていたが、13年ものシェルター生活で心が折れ、自殺を考えていた。

そんなときに現れたエマたちは、疎ましい存在から、希望を与える存在に彼の中で変わっていく。

アンドリューたちにシェルターを襲撃された際も、子どもたちを守ろうと尽力し、ルーカスとともに命を落とす。

最後まで、仲間のために戦う彼の雄姿は、かっこいいとしか言いようがない。

ジェイムズ・ラートリー(ウィリアム・ミネルヴァ)【姿を見せない影の立役者】

グレイス・フィールドに、ウィリアム・ミネルヴァという名で本を寄贈し、その本に脱獄のヒントを隠す。

エマたちは、モールス符号などを解読し、様々な拠点へと向かっていく。

ラートリー家の35代目当主だったが、弟のピーターに裏切られ命を落とした。

ゴールディ・ポンドでは、鬼世界から人間世界へと移動するエレベーター横の電話に、音声メッセージを残した。

そこでエマたちに、エレベーターが壊れていること、実は人間世界への入り口が、グレイス・フィールドにあることを知らせる。

エマたちが人間世界へ逃げたいのならば、支援者を向かわせる。

鬼と約束を結びなおすならば、その行動を邪魔しない。

どちらも選ばないのならば、七つの壁を探すように勧め、子どもたちがどんな行動を選択しても、後押ししようとした。

エマたちが、鬼と約束を結びなおすにあたって、彼の存在はなくてはならなかったのだ。

ピーター・ラートリー【食用児を犠牲にする人間の欲望】

ラートリー家36第当主で、ジェイムズの実弟。人間世界と鬼世界をつなぐ存在。

食用児を救おうとする兄を、人間の平和のためには、食用児の犠牲はしかたないという思いから暗殺する。

兄が食用児たちを解放しようとたくさんの手を打つなか、次々に壊し、エマたちを追い詰めていく。

ノーマンを、新農園に連れて行ったのは彼だ。

鬼の貴族のバイヨン卿に、ゴールディ・ポンドを教えて、食用児たちを破滅にみちびこうとした。

部下のアンドリューには、食用児と、兄の協力者を抹殺するように指示する。

しかし最後には、エマたちに退路をなくされ、今まで協力してきたハウスのママやシスターにまで裏切られてしまう。

窮地に追い込まれた彼がとった行動とは一体……。

レグラヴァリマ【この世のすべての欲を満たした女王】

鬼の世界をおさめる女王。

五摂家の鬼でも彼女には勝てないといわれている。

あらゆる富と美と権力を手に入れ、欲望のかたまりとなしている。

鬼は通常、目にある核をこわせば死ぬ。

だが彼女は核を2つ持っており、もはや不死といえるだろう。

彼女は追い込まれると、今までに食べてきた人間たちをすべて排出し、想像を絶する姿をなって戦う。

その中には、コニーやシスター・クローネの姿もあるのだった……。

しかし、あまりにも大量の人間を食べたため、消化しきれず細胞が限界になり、悲惨な最後をむかえる。

彼女という悪役がいたからこそ、『約束のネバーランド』はさらに面白さを増したのだ。

おわりに

『約束のネバーランド』の人気キャラクターを一覧にして紹介した。

幼いキャラクターがたくさんいるが、子どもたちが一つの壁に立ち向かうという、他のジャンプ作品では味わえない魅力が、本作にはあるだろう。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。