官能小説おすすめ10選【大人の世界にようこそ!】

官能小説と聞いて、どんなものを思い浮かべるだろうか。

「エロい話」と単純に考えてしまうのは大間違いだ。

男女間もしくは同性間での交流と性交を主題とした小説のジャンルを指し、ポルノ小説とも言われるが、ジュブナイルポルノ(あまり使われる言葉ではないが、アニメ・マンガ調のイラストをカバー・表紙・口絵・挿絵などに使用した、異性間もしくは同性間、さらには人外のものとの性描写を含む娯楽小説)やボーイズラブ小説・ティーンズラブ小説なども含まれている。

意外と広いこのジャンルは、文学的な薫りのする格調高いものから親しみやすいものまで幅広いことが特徴だ。

本記事ではその中から、おすすめの作品を紹介したい。

『人妻と官能小説家と…』橘真児【女性経験のない男性作者?!】

官能小説を書くからには、豊富な異性との経験を持っているに違いない・・・と思うかもしれない。

しかし、この作品では「実は女性経験のない主人公が描かれている」と聞くと驚くのではないだろうか。

この話の主人公は官能小説家だが、実は女性経験がないのに官能小説家になったという少し変わった男性なのだ。

今まで少女ものの官能小説を多く書いていたのだが、人に勧められて人妻ものを書こうとしたところから物語が始まっている。

濡れ場もそう多くなく、読みやすい作品に仕上がった作品だ。

ページ数も312ページとちょうどいい分量のため、最初に挑戦する一冊としてもおすすめだと言える。

『ダブル・ファンタジー』村山由佳【恋愛小説家の描く官能】

村山由佳さんと言えば、「おいしいコーヒーの淹れ方」シリーズなどで有名な女性作家。

恐らく世間では、恋愛小説家として認識されているだろう。

そんな彼女が描いたのがこの作品だ。

主人公はいつも誰かとセックスをしている。

性欲が強いことを意識しており、そのことを負い目に思っているのだ。

しかし、その負い目を振り切って、惹かれた男性と果敢に寝る。

もう、本当にありとあらゆる男と寝るのだ。

女性がそんなことをするなんて・・・と眉を顰めるだろうが、決して下品にならずむしろとても上品に仕上がったこの作品。

恋愛小説と官能小説の境目あたりとも言えるので、入門として手に取りやすく、買いやすい作品ではないだろうか。

『濡れる女官能小説家』鷹澤フブキ【女性×年下編集者】

こちらの官能小説を書いた鷹澤フブキさんは、なんと高級クラブホステスやフリーランスのSM女王様などの経験を持っている。

「なんだか凄そうな経歴を持っているな・・・」と思うかもしれないが、作品自体はどこか大人の恋愛ドラマを見ているかのような印象を持つ読みやすい作品に仕上がっている。

展開も早く、主人公の女性官能小説家が火照った体を若手男性編集者に癒してもらうというストーリーだ。

ドロドロとした展開もなく、サラリと読んだあとの読後感は決して悪くない。

ハードな内容ではないので、こちらも初心者にお勧めの一冊と言えるだろう。

『花宵道中』宮木あや子【上品な歴史官能小説】

舞台は江戸時代後半の吉原。

吉原と言えば、江戸時代に遊郭が置かれた場所としても有名で、花魁など華やかな世界と過酷な現実が同居した場所だった。

主人公は不器用で地味な女郎、朝霧(あさぎり)。

年季明け(奉公終了)間近のある日、祭りの日に会った男(染次郎:そめじろう)に初めての恋をするところから物語は始まる。

ある時、客としてやってきた染次郎だったが、宴会中に朝霧は染次郎の目の前で他の客に犯されてしまう。

こちらは「R18女による女のための文学賞大賞&読者賞」をW受賞した官能絵巻で、歴史ものが好きな人にもおすすめの一冊だ。

『sex』石田衣良【12のSEXたち】

石田衣良も、恋愛小説や「池袋ウエストゲートパーク」シリーズが有名で、官能小説を書くイメージはあまりない作家だ。

しかし、石田衣良の描く恋愛小説と言うのは大人のしっとりした薫りと、少しだけエロティックが交じり合った上品な官能小説と言える一面も持っている。

こちらは、図書室で秘密の会話を交わす中学生男女・セックスレスに悩む夫が深夜に二階の寝室で聞いた嬌声の正体・好きだけれど別れなければいけないカップルの最後のデートや、昼間の病室に女を呼んで「ひらいて見せて」と頼む死期の迫った壮年男性など、12編のSEXが収められた短編集。

官能小説というよりかは、大人の恋愛小説と言った印象が強い一冊だ。

『おいしい人妻』草凪優【青春官能小説】

2010年に「この官能文庫がすごい!」で『どうしようもない恋の唄』『おいしい人妻』の2作品が大賞・金賞をダブル受賞した草凪優。

「性春エロス」とも言われる作風が特徴の作家だ。

こちらの作品は、20歳の童貞である慶太が主人公。

大学生活に馴染めず鬱々とした日々を過ごしており、気分を変えるため、近所の高級スーパーマーケットでバイトを始める。

そこを選んだのは従業員が慶太の好きな年上美女揃いだったから。

バイトに慣れてきた頃、美形の人妻店員とふとしたことから淫靡なムードになり、筆下ろしをしてもらって・・・というストーリーだ。

こちらはどちらかと言うと若い男性が共感しやすい内容の一冊かもしれない。

『10分間の官能小説集』【アンソロジー官能小説】

こちらは、複数の作家が短編として官能小説を書いたものを集めたものだ。

石田衣良・睦月影郎・小手鞠るい・南綾子・阿部牧郎・あさのあつこ・三田完・岩井志麻子・前川麻子・勝目梓。

おそらく本好きであれば、名前を聞いたことのある作家もいるのではないだろうか。

作風も、シチュエーションもそれぞれに個性が光り読みやすいものが揃っているため、大人の恋愛小説として捉えてみるのもいいだろう。

意外なところでは、あさのあつこだろうか。

こういった官能的なものを書くイメージがない作家が描く官能ものこそ、予想以上に面白いものが読めるのだ。

『純情エレジー』豊島ミホ【官能小説入門】

こちらも、「R18女による女のための文学賞」をきっかけにデビューした作家だ。

複数の短編が入っており、官能小説の雰囲気はほのかに香る程度なので読みやすいのではないだろうか。

田舎が舞台となっており、官能をエロスやロマンティックと捉えるよりはリアルな生活感として描いている。

生々しさよりも、生活感がにじんでいるため官能小説に抵抗がある人にとっては恋愛小説的な感覚で手に取りやすいのではないだろうか。

官能小説イコール、生々しいものもあるが決してそういった表現ばかりではないことがわかる作品だと思う。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。