string(10) "is_single "
bool(true)
string(7) "is__mc "
string(684) "a:4:{s:3:"top";s:4:"7500";s:4:"path";s:45:"2022/04/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg";s:4:"href";s:463:"https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook/dp/B09VHB9LBF/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1";s:10:"categories";s:84:"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911";}"
string(15) "is__categories "
array(21) {
  [0]=>
  string(1) "5"
  [1]=>
  string(3) "133"
  [2]=>
  string(3) "473"
  [3]=>
  string(3) "483"
  [4]=>
  string(3) "482"
  [5]=>
  string(3) "882"
  [6]=>
  string(3) "481"
  [7]=>
  string(3) "510"
  [8]=>
  string(3) "518"
  [9]=>
  string(3) "480"
  [10]=>
  string(3) "135"
  [11]=>
  string(3) "134"
  [12]=>
  string(3) "144"
  [13]=>
  string(3) "191"
  [14]=>
  string(3) "484"
  [15]=>
  string(3) "162"
  [16]=>
  string(3) "353"
  [17]=>
  string(3) "459"
  [18]=>
  string(4) "1909"
  [19]=>
  string(4) "1910"
  [20]=>
  string(4) "1911"
}
string(17) "is__has_category "
bool(false)
string(13) "get_category "
object(WP_Term)#7826 (17) {
  ["term_id"]=>
  int(336)
  ["name"]=>
  string(12) "ReaJoy企画"
  ["slug"]=>
  string(7) "project"
  ["term_group"]=>
  int(0)
  ["term_taxonomy_id"]=>
  int(336)
  ["taxonomy"]=>
  string(8) "category"
  ["description"]=>
  string(341) "■おすすめ記事
【Book Ground Musicとは?】世界初、本と音楽が出会うマッチングサイト
"
  ["parent"]=>
  int(9)
  ["count"]=>
  int(8)
  ["filter"]=>
  string(3) "raw"
  ["term_order"]=>
  float(17.10001)
  ["cat_ID"]=>
  int(336)
  ["category_count"]=>
  int(8)
  ["category_description"]=>
  string(341) "■おすすめ記事
【Book Ground Musicとは?】世界初、本と音楽が出会うマッチングサイト
"
  ["cat_name"]=>
  string(12) "ReaJoy企画"
  ["category_nicename"]=>
  string(7) "project"
  ["category_parent"]=>
  int(9)
}
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(12) "is__mcbride "
NULL
string(13) "is__url_path "
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(13) "is__url_path "
bool(true)
bool(false)
bool(true)
string(12) "is__toppage "
NULL
bool(true)

世界初、本と音楽が出会うマッチングサイトBook Ground Musicの使い方

Book Ground Musicは「好きな音楽から本を探すことができる」本の主題歌を投稿するWebサービスです。

AmazonやiTunesのデータベースと連携することにより、5000万曲に渡る音楽と本が出会う、世界初の体験を実現させています。

【Book Ground Musicとは?】世界初、本と音楽が出会うマッチングサイト

Book Ground Musicで主題歌を投稿するには?

①本を選ぶ

まず、サイトにアクセスします。

(ここではスマホを使ってご説明しますが、パソコン版でも大体同じです。)

MEMO
会員登録(無料)が必要になります。

 

真ん中の「B」のアイコンを押してください。

そうすると、このような画面が出てくるので、作家名か、本のタイトルを入力し、「本を検索」をクリックします。

もっと詳しく検索を掛けたい場合は、「本の名前 作家名 文庫本(単行本)」などと絞り込むのがおすすめです。

お目当ての本が出てきました。

選択」ボタンをクリックして、本を選択します。

②曲を選ぶ

本が選択されましたので、次は主題歌を決めましょう。

アーティスト名か曲名を入力して、「曲を検索」をクリックします。

(絞り込む場合は、アーティスト名と曲名を同時入力しましょう。)

こちらもお目当ての曲が出てきましたね。

右にある「選択」をクリックして、音楽を選択します。

③コメントを書く

これで、本と音楽、両方が選択されました。

あとは感想や選曲の理由などを書いて、「コメントを送信」するだけです。

④投稿

書籍の詳細ページの下にある、「本の主題歌を投稿する」ボタンからでも、主題歌を投稿することが可能です。

(画像の下部分の、水色のボタンから投稿することができます。)

アーティスト名から本を探す

好きなアーティストから、本を選ぶこともできます。

ここでは「椎名林檎」と入力してみました。

 

検索の結果、アーティストから本を見つけ出すことができました。

#タグになっているアーティストから本を探す

検索窓の下部には、ハッシュタグになっているアーティストがありますね。

検索される頻度が多く、人気が高いアーティストです。

名前をクリックすると、そのアーティストが主題歌になっている本を見つけ出すことができます。

ここでは「Mr.Children」をクリックしてみました。

このように、「Mr.Childrenに関係する本を見つけ出すことができました。

「新着」「流行」「注目」から探す

新着」では、つい最近投稿された本と主題歌を見ることができます。

流行」では、「知名度の高い、最近活躍しているアーティストに関連する投稿」を見ることができます。

注目」は、その中でも特にいいね(♡)を多く集めている投稿です。

人気が特に高い投稿を見たいときは、ここをチェックするといいでしょう。

投稿した楽曲は、再生することが可能です。

 

a. 本の一覧ページ

画面下部の、本のマークを押すと現れるページ。

ここでは、Book Ground Musicで登録された本を一覧で見ることができます。

好きな作家さんや、好きな本から音楽を探せます。

この本には、どんな選曲がされているんだろう?」と探してみるのも面白いですね。

b.楽曲の一覧ページ

画面下部の、音符のマークを押すと現れるページ。

こちらでは、Book Ground Musicで選曲された音楽を一覧で見ることが可能です。

好きなアーティストや、好きな楽曲から本を探してみましょう。

思わぬ出会いがあるかもしれませんよ。

c.お気に入り主題歌のページ

登録後、右上赤い♡(ハート)を押すと、あなたが「いいね(♡)」を押した主題歌を見ることが可能です。

いいねを押した楽曲は、あなたのお気に入りの本と音楽の組み合わせです。

たくさん押して、あなただけのセットリストを作ってしまいましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Book Ground Musicをたくさん使いこなして、あなたが好きな本音楽の組み合わせを見つけてください。

そして、素敵な組み合わせを思いついたら、ぜひ投稿して、ほかの読書好きの方や、音楽好きの方とシェアしちゃいましょう!

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました

みなさんの、素敵な音楽との出会いを、心より願っています。

https://book-ground-music.me/

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。