孤爪研磨のかわいい魅力とは?強さや名言などを徹底解剖!【ハイキュー!!】

孤爪研磨

『ハイキュー!!』で音駒高校のセッターをしている孤爪研磨(こづめ けんま)。

普段は無気力な性格が目立つ研磨だが、バレーボールの試合では「大会屈指の曲者」と言われるほどのキレ者だ。

今回は、そんな『ハイキュー!!』研磨のプロフィールやかわいい魅力、名言までたっぷり解説していこう。

孤爪研磨の基本プロフィール

出典:amazon.co.jp

ポジション セッター
誕生日 10月16日
身長 169.2cm
体重 58.3kg
好物 アップルパイ
最近の悩み 夏は暑いし冬は寒いこと

孤爪研磨は音駒高校2年3組の男子高校生であり、男子バレーボール部のセッターだ。

驚くほどのゲーマーで、小学生の時には「徹夜ではなく午前2時に早起きした」という通称「早起き事件」を起こすほどゲームをやり込んでいた。

会話でもゲームを例に挙げることが多く、公式では「ハイキュー界最強のゲーマー」と例えられるほど。

人付き合いが苦手で人見知りな性格だが、烏野高校の日向翔陽(ひなた しょうよう)とは出会った初日から友達になった。

音駒高校バレーボール部の主将、3年の黒尾鉄朗(くろお てつろう)とは小学生の頃からの幼馴染。

孤爪研磨がかわいい!4つの魅力を解説

普段は無気力でも試合になると頭の良さでチームを勝利に導く研磨は、ファンの間から「かわいい!」と言われることが多い。

こちらでは、そんな研磨のかわいい魅力を4つ解説していく。

無気力な性格

『ハイキュー!!』はスポ根漫画なので、バレーボールにひたむきに取り組むキャラクターが多々登場する。

その一方で、研磨はバレーボールに対して「続ける絶対的理由は無いけど、やめる理由も別に無い」という気持ちで取り組んでおり、特別好きだとは考えていない。

プレー中も勝敗にこだわることはないが、だからこそ試合状況を誰よりも冷静に判断することができるのだ。

また、研磨は無気力であると同時にとても負けず嫌いである

売られた喧嘩は買うし、どんなにきつい練習も誰が見ていなくても最後までしっかりやるそのギャップに、魅力を感じるファンも多い。

人見知りだけど仲間思い

研磨は非常に人見知りで目立つのが苦手な性格である

彼の金髪もチームメイトの山本猛虎(やまもと たけとら)から、「長い黒髪だと目立つぞ」と言われたからだ。

このように、人と関わることが得意ではない研磨だが、バレーボール部のチームメイトとは練習をこなしていく中で確かな絆が生まれている。

練習内で取っ組み合いの喧嘩をしたりと本音でぶつかってきたからこそ、人が苦手な研磨は試合では汗水流しながら仲間のために頑張るのだ。

黒尾鉄朗との遠慮のない関係

研磨を語るには、黒尾鉄朗の存在が欠かせない。

研磨の近所に引っ越してきた黒尾は、彼をバレーボールの道に誘った人物である。

当時、いつも同じゲームをプレイするだけの遊びに痺れを切らした研磨が「他にやりたいことないの?」と聞いた時、黒尾がバレーボールを勧めたのがきっかけだ。

研磨はセッターだが、これは小学生の頃「セッターは参謀ぽいし、あまり動かなくてもいいポジションだぞ」と黒尾に言われたから。

中学、高校と先輩との上下関係を感じながらもバレーボールを続けた理由も、黒尾から「辞めんなよ。お前は絶対にチームを強くする」と伝えられたからである。

黒尾は研磨のとてつもない頭の良さを誰よりも早く見抜き、研磨もバレーボールを辞めない理由に「トモダチ(黒尾)が困るから」と話していたことから、2人はお互いに信用し合う親友と言えるだろう。

また、小食である研磨にもっと食べろと伝えたり、夜寝る前のゲームはやめろと注意するなど、黒尾が研磨の世話を焼いているところもよく見かける。

黒尾の学年は研磨よりも1つ上だが、幼馴染ということでお互い気を使わずに本音で話す姿はファンをほっこりとさせているのだ。

ライバル・日向翔陽との関係

無気力、脱力系男子の研磨とは正反対の存在が、日向翔陽である。

何よりもバレーボールをすることが大好きで、バレーボールを第一に考えている彼と研磨が初めて会ったのは、お互い迷子になった時だ。

「バレーボールは好き?」と聞かれた時、「別に」と答えていた研磨。

ただ、初めての練習試合後、勝っても何も感じない彼に日向が「次は絶対必死にさせて、悔しかったとか、楽しかったとか、別に以外のことを言わせるからな」と宣言してから、2人のライバル関係は始まった。

素人同然レベルの日向がどんどん強くなっていく姿を見て、研磨は「翔陽は面白いから、翔陽達と練習じゃない試合をやってみたい」と話している。

普段はゲーム以外に関心を持たない研磨だが、日向には「日向の試合を観ている時の研磨は、新しいゲームを始める時のような顔をしている」と言われるほど興味を示しているのだ。

無気力な研磨が日向の前で好戦的になるのも、彼のかわいい魅力の一つだろう。

ちなみに、2人はネットを挟めばライバル同士だが、普段はメールのやりとりをこまめにするほどの仲良しでもある。

孤爪研磨の強さは?バレーボーラーとしての魅力

音駒高校バレーボール部のセッターを務める研磨はどんな選手だろうか。

バレーボーラーとしての強さを解説していこう。

ポジションはセッター

研磨は、スパイカーにトスをあげ、攻撃を組み立てるセッターである。

黒尾からは「音駒の”背骨”で”脳”で”心臓”」と言われるほど、チームにおける重要人物であり、司令塔とも言える存在だ。

ただ、音駒高校の強さは研磨の力量だけで成り立っているのではない。

そもそも音駒高校の特徴は、レシーブが段違いに上手いことであり、彼らはどんな攻撃を受けてもセッターが仕事をしやすいようなレシーブをする。

「過保護上等!セッターを動かさねえのが音駒品質だ」とチームメイトの夜久衛輔(やく もりすけ)断言もしており、この環境だからこそ研磨がセッターとして活躍できるのだ

頭の切れる策略家

研磨が「大会屈指の曲者」と称される所以は、ゲームメイクの上手さにある

彼は人が苦手だからこそ、目立たないように周りを観察し続け洞察力を身につけた。

その経験から、初対面の敵でも「この選手は、頭のキレるやつだな」などの予想が非常にうまいのだ。

さらに、研磨は相手のプレイスタイルはもちろん心までも読み取り、自分たちに有利な状況を作っていく。

まさに参謀とも言える力はチームメイトからも「研磨さん怖いっす」「日常では人に優しくするんだよ」と言われるほど。

また、視線のフェイントで相手ブロックをひっかけたり、反則技であるオーバーネットを誘うなど、セッターとしての技術も高い選手であり、ユース候補となった影山飛雄(かげやま とびお)からも一目置かれている。

孤爪研磨の卒業後の進路は大学生?

『ハイキュー!!』では、各キャラクターが高校を卒業した後の進路が描かれていたが、特に研磨の進路はファンの間で大きな話題になった。

なんと研磨は卒業後、「大学生」「株式トレーダー」「プロゲーマー」「YouTuber」「(株)Bouncing Ball 代表取締役」と5つの肩書きを持っていたのである。

お金を稼いでいるため、借家ではあるが一軒家で一人暮らしをしており、巨大なスクリーンや多くのゲーム機のある部屋で、大学生とは思えないほどの暮らしをしている。

また、日向がブラジルへビーチバレーの修行へ行った時も、研磨はスポンサーとして彼をサポートしていた。

ただ、「なんでスポンサーになってくれるの?」という日向に、「なんとなく。でも、つまんなくなったらやめる」と答えた研磨は、まさに曲者と言えるだろう。

孤爪研磨の名言3選

では、研磨の名言を紹介しよう。

強いのはおれじゃなくて皆だから

烏野高校との練習試合前、日向に放った名言である

彼はもともと、自分は練習を頑張っていないから、頑張っている人と同じレベルと考えては失礼だと考えていた。

「根性って多分最終奥義。精神と体力を鍛えてきた者が、満を持して発動できるもの。おれには使えない必殺技」と感じており、音駒が強いのはチームメイトのおかげだと思っているのだ。

ただ、チームメイトは研磨と共に過ごしていきた日々があるからこそ、彼のセッターとしての実力や最後までやり切る根性をきちんと評価している。

最初クリアできそうにないゲームでも繰り返すうちに慣れるんだよ

烏野高校との試合中に放ったセリフである。

日向と影山の速攻が繰り出されると、通常はその驚きの攻撃スタイルに敵チームがびっくりしてなす術なく崩れていく。

しかし、研磨は持ち前の洞察力で冷静に速攻を分析し、日向の攻撃範囲を狭める対策を提案した。

対策の根拠としてゲームを具体例に出すあたりが、研磨らしいと言えるだろう。

まさに、彼の頭の良さ、そして「ハイキュー界最強のゲーマー」のどちらもが垣間見える名言だ。

おれにバレーボールを教えてくれてありがとう

全国大会で音駒高校が烏野高校に敗れた際、黒尾に告げた名言である

研磨はバレーボールを特別好きではなかったが、黒尾から「辞めるな」と言われたうえ、辞めるべき決定的な理由がなかったことから、なんとなく続けてきた

そんな彼が、バレーボールを続けてきてよかったと心から感じ、口に出したのだ。

ちなみに、このセリフを伝えられた黒尾は「…あ、うん…は??」と非常に戸惑っていた。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。