ハイキュー!! キャラクター・登場人物を一覧で紹介!

週刊少年ジャンプでの連載が完結してしまった『ハイキュー!!』。

バレーボールへとひたむきに打ち込むキャラクターの姿に、心を揺さぶられた方も多いだろう。

今回は、そんな魅力たっぷりの『ハイキュー!!』キャラクターをまとめて紹介しよう。

目次

日向翔陽(ひなた しょうよう)【小さな巨人に憧れる最強の囮】

出典:amazon.co.jp

烏野高校1年生であり、本作の主人公。

小学生の頃、春の高校バレー全国大会で小柄な身長にも関わらず大活躍する選手・「小さな巨人」を見たことがきっかけにバレーボールへと興味を持った。

自身も162.8cmと低身長なので、身長というマイナスポイントをカバーして暴れまくる「小さな巨人」に強烈な憧れを抱いたのだ。

中学では環境に恵まれず、出場した公式戦は一度きり。

しかも、その試合では影山飛雄(かげやま とびお)率いる北川第一中学校にボロ負けし、「中学3年間何をやっていたんだ。」と言われてしまう。

自分の非力さや彼への悔しさをバネに、「小さな巨人」の通っていた烏野高校に入学するが、そこでまさかの影山と再会するのだ。

一度再戦を決意し戦うべき相手と決めた彼と同じチームに所属したことから、2人の間では喧嘩が絶えなかったが、菅原孝支(すがはら こうし)のアドバイスから超速攻で相手を翻弄する「変人コンビ」が誕生する。

運動神経はチーム随一で、先輩の東峰旭(あずまね あさひ)からは「運動能力おばけ」と言われるほど。

バレーボールをこよなく愛し、どんなに逆境になっても楽しんで戦い抜く様は、他のキャラクターに確かな影響を与えている。

影山飛雄(かげやま とびお)【誰よりも努力し続けるコート上の王様】

出典:amazon.co.jp

烏野高校1年生であり、及川徹(おいかわ とおる)の後輩。

類い稀な技術を兼ね備えているため「天才セッター」と呼ばれており、同じポジションの菅原からは「圧倒的な実力の影山の影に隠れて、(コートに出て失敗しなくていいと)安心してたんだ。」と言わせるほど。

中学の頃は独裁的だったため、チームメイトに対して横暴な態度をとることも多かったが、中学最後の試合でパスをチームメイトから無視されてしまい、大きなトラウマを抱えている。

烏野高校に入学後、影山の驚異的なパスにもついていける日向と出会ったおかげで、変人コンビとして新しい戦い方を身につけた。

利己的と思われるような性格は、バレーボールに対して誰よりもストイックに向き合ってきたからこそ生まれたものである。

幼い頃からバレーボールだけに生活を捧げてきた彼を、先輩である及川は「ただのバレー馬鹿」と表現している。

烏野高校入学時は「日向と協力するぐらいなら、レシーブもトスもスパイクも全部一人でやれればいいのに。」と話していた影山だったが、日向を筆頭にチームメイトと過ごすうちに、「バレーボールは6人の力を掛け合わせたチームが強い」と気付く。

澤村大地(さわむら だいち) 【チームを支えるオールラウンダー】

出典:amazon.co.jp

烏野高校3年生であり、部員をしっかりとまとめる頼れる主将。

視野が広く、まだまだバタバタしがちなチームメンバーのフォローをすることも多々あり、「大地さん、ナイス尻拭い!」と後輩から讃えられることも。

条善寺高校の主将からは「烏野高校の主将がいなかったら勝てた。」と言われるほど、まさに縁の下の力持ち的存在である。

澤村がバレー部に入部したのは、烏野高校を全国大会へと導いた烏養一繋(うかい いっけい)監督がいなくなってしまった後だ。

驚異的な指導者を失った烏野は落ちぶれてしまい、他校からは「落ちた強豪。飛べない烏」と呼ばれていた。

チームは先輩も含めて「どうせ全国なんて無理だ」と考えていたが、澤村はこのままではダメだと独自に練習方法などを模索し、菅原、東峰旭と共に地道に鍛錬を重ねていったのである。

試合では日向、影山の変人コンビが目立ちがちだが、不屈の時代を生き抜いた澤村はチームの精神的な支柱として大きな活躍をしている。

菅原孝支(すがわら こうし)【穏やかな不屈のセッター】

出典:amazon.co.jp

烏野高校3年生であり、チームの副主将。

セッターとしての実力は教科書通りと表現されることもあり、以前伊達工業高校と対戦した時に上手くブロックをかわせなかったことがわだかまりとして残っていた。

後に、「天才セッターの影山が入ってきた時、自分はスタメンではなくなるだろうと安心していた」と話している。

しかし、その気持ちを踏まえた上で、「烏野高校が一つでも多く勝てるように、スタメンは影山にしてくれ」とコーチに直訴するほど実直な性格の持ち主だ。

控えのセッターになったが、試合に出ることを諦めたわけではなく、どうすればチームが勝利できるのかを考えながら新しいことにも挑戦している。

影山からは「チームメンバーからの信頼が厚い」と言われるほど、気配り上手だ。

東峰旭(あずまね あさひ) 【烏野高校の気弱なエース】

出典:amazon.co.jp

烏野高校3年生であり、チームのエース。

大きな身体とは裏腹に、ネガティブで気弱な性格である。

以前伊達工業高校との試合で、どれだけスパイクを打ってもブロックされてしまう恐怖から、最終的にボールを呼ばなくなってしまった。

その情けない姿を西谷夕(にしのや ゆう)から指摘された時に逆ギレをしてしまい、部活から足が遠のいていた。

後日、部内での試合にてひょんなことから参加するようになり、「いつだってボールを打ちたいと思う」とバレーボールに対する思いを打ち明け、無事に西谷と和解したのだった。

エースと呼ばれるだけあって、彼のスパイクは3段ブロックもはじき飛ばすほどの威力を兼ね備えている。

西谷夕(にしのや ゆう) 【男前すぎる烏野高校の守護神】

出典:amazon.co.jp

烏野高校2年生の、スーパーリベロ。

中学校時代に「ベストリベロ賞」を受賞するほど、レシーブに対して強烈な実力を持っている。

全国三大エースである牛島若利(うしじま わかとし)のスパイクを、初見から3本で取るなど、圧倒的な対応の早さは観客をも唸らせた。

身長は159.3cmと小柄だが、「俺は高身長でもリベロをやっていた。」と豪語するほど、自身のポジションにプライドを持っている。

非常に熱くポジティブな性格で、先輩の東峰に対しても「もっと堂々していてください」と喝を入れるほど。

ちなみに四文字熟語が好きらしく、練習Tシャツは四文字熟語が描かれたものを着ることが多い。

田中龍之介(たなか りゅうのすけ) 【メンタルの強さNO.1の次期エース】

出典:amazon.co.jp

烏野高校2年生で、ポジションはウィングスパイカー。

同い年の西谷や、後輩の影山、日向のような突発した才能や技術は持ち合わせていないものの、メンタルの強さはまさに鋼のようだ。

相手から狙われた時も下を向かずに声出しを行い、いつものパフォーマンスを出すことができる。

劣勢の場面で「ところで平凡な俺よ。下を向いている暇はあるのか」と自身に問いかけるシーンは、ハイキュー!!随一の名シーンだろう。

ヤンキーのような見た目をしており、他校に絡むことが多いのでよく澤村や菅原に怒られている。

烏野高校マネージャーの清水潔子(しみず きよこ)に強烈な恋心を抱いており、初対面では公開プロポーズをかましていた。

月島蛍(つきしま けい) 【冷静沈着なクレバーブロッカー】

出典:amazon.co.jp

烏野高校1年生で、ポジションはミドルブロッカー。

もともと、バレーボールに対してひたむきに努力していた兄が、実は万年補欠だったという事実を受け止めきれず、「たかが部活。努力しても無駄。」と考えていた。

しかし、幼馴染の山口忠(やまぐち ただし)とぶつかり、木兎光太郎(ぼくと こうたろう)のバレーにかける思いを聞いてからその考えは覆る。

以降、兄が所属するチームに混ぜてもらったり、黒尾鉄朗(くろお てつろう)にブロックの指導を受けることでどんどん成長していった。

もともとのポテンシャルが高い上に技術が身についたことで、「どうしちゃったんだよ、烏野の眼鏡君は。」と相手チームの主将を驚かせたことも。

ひねくれた性格の持ち主で、入部当初は影山とよくぶつかっていた。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。