オーディオブックが30日間無料で聴き放題

アクタージュ 64人が選ぶ名言・名シーンランキング!【ファンの熱いコメント集】

週刊少年ジャンプにて人気連載中の「アクタージュ」。

個性と魅力のあふれた若手役者たちが、お互いに刺激を与え合いながら成長していく王道演劇漫画です!

名言・名シーンだらけのアクタージュの中から、ファン64名に好きなシーンを選んでいただき、それらをランキング形式にまとめました。

各順位内はストーリー順となっています。実際のシーンの絵はぜひ漫画で見て楽しんでください!

それでは本編開幕です!!!

アクタージュの最新巻を今すぐ無料で読む

※時期により配信が終了している場合があります。

第1位【6人】

カムパネルラが憑依した夜凪景登場

三坂七生「…巌さんは、私達に銀河鉄道からの景色を見せるために景を選んだんだ」

ジョバンニ(明神阿良也)「ああ、カムパネルラ」

(scene 40. 銀河鉄道)

ももか

「銀河鉄道の夜」の初日のシーンがとても感動的で、展開にも驚かされました。

夜凪の演技の幅が広がった時、成長した時などは本当に好きです。

キャラメル

銀河鉄道の夜で景ちゃんが出てきたシーンは、鳥肌が立つほどの衝撃を受けました!

景ちゃんの迫真かつ儚い演技を描く素敵な絵が、私達読者をさらにドキドキさせてくれます。

アカホシヒロノリ

 ここの見開き2ページが綺麗で圧倒的すぎて本当に鳥肌が凄かったのを覚えています。

巌裕次郎が託した「死者の心」を景ちゃんが受け継いで、役者として一皮も二皮も剥けた彼女を最高の画で観せた。

圧巻でした。

僕の中ではアクタージュといったらこのシーンです。

🌧Mu。🌧

「銀河鉄道の夜」の演劇シーンが好きです!

景ちゃんの演技力が半端ないし、絵の表現力も高くて思わず見入ってしまいました(笑)

RUA

舞台「銀河鉄道の夜」で、夜凪が初めて登場してくるシーンが好きです!

おがわ

夜凪がカンパネルラとして舞台に出てきたシーンが好きです!

アクタージュの最新巻を今すぐ無料で読む

第2位【5人】

夜凪景、空港で羅刹女演じ王賀美を認めさせる

羅刹女(夜凪景)「ああ、この怒り、どうしてくれよう」

ブン…!

群衆「!? 何!? 停電…!?」

偶然の落雷も彼女の仕業に思える程の

孫悟空(王賀美陸)「おい、俺だ。孫悟空だ。扉を開けてくれ!」

(scene 73. オーラ)

メンボウ

王賀美を連れ戻すために空港で夜凪が羅刹女を演じるシーンが好きです。

アクタージュ本当に面白いです。

もっと評価されるべきだと思います!

しゃゃゃゃゃゃゃゃもじ

私はざっくり言うと銀河鉄道の夜編がすごく好きなんですけど、細かく絞るなら空港で夜凪が台本読んで雷が鳴ったところですかね。

TERUKIN/たまころがし

自分は空港で演技したところが1番好きですね。

あの迫力がカッコよくてたまらないです!

TenZaKi

雷が鳴った瞬間に夜凪さんが「この怒りどうしてくれよう」と演じた所が1番鳥肌立ちましたね。

まるで自分が雷に打たれたような感覚でした!

ラズ太郎

夜凪さんの「この怒りどうしてくれよう」は読んでいて鳥肌が立ってしまい、ずっとそのページを見ていました。

それに対して王賀美さんが応えた時の、夜凪さんを役者として認める楽しそうな表情が大好きです!

アクタージュの最新巻を今すぐ無料で読む

第3位【4人】

巌裕次郎、仲間たちの前でのつぶやき「これが幸せか」 

巌裕次郎「ああ、これが幸せか」

(scene 49. 阿良也と巌)

1/8のアホ毛

「銀河鉄道の夜」のラストシーン近くで阿良也くんのセリフが止まり、回想の中で巌さんが「これが幸せか」と言った瞬間に涙がポロッと零れました。

このシーンが好きで銀河鉄道編を何周も読んでいます笑

カニクイザル

巌さんが屋形船で「これが幸せか」って言うところです!

ゆうや

本気でぶつかり心の底から信頼し合える仲間と最後の最後まで最高の作品作りができて本望だったんだろうなと!
自分の人生の終わりにも、巌さんのように幸せいっぱいに死んでいけたらいいな。

かずきのもくもくツイート【木木】

巌さんの口から無意識にこぼれた「これが幸せか」の一言で、思わず涙が出てしまいました。

アクタージュの最新巻を今すぐ無料で読む

第4位【3人】

夜凪景、村人Aなのに迫真の演技でシーンを喰う

映画監督「カット!! カット!! あいつを…あのエキストラを外してくれ…!

黒山の野郎、何しやがった!

たった一人のエキストラにシーンごと喰われちまう!!」

(scene 4. 町人A)

🥦PASELI🍴

夜凪が映画の町人Aとなって役人を攻撃しないように堪えて、手に血を滲ませているところが凄く好きです!

シーンを飲み込むような迫真の演技というのが伝わってきて印象に残りました!!

みー

夜凪が侍に切られる女の子をただ見ているエキストラ役を演じた時が好きです。

悲しみの感情がすごく伝わってきました!

ボードゲーム研究助手

血がにじむほど掌を握りしめ、何もできない自分への憤り、悲しみを露わにした演技で画面を喰ってしまう夜凪。

彼女が一皮むけた瞬間の一つだと思います。

百城千世子、天使の顔崩れる「ありがとう」

言え台詞を、作れ仮面(かお)を。それが私の仕事だ。

いつも私が支えてきた。今回だって。

「ありがとう」と最後の台詞をいつものように、いつもの仮面で。

いつもの仮面でーー

百城千世子「ありがとう」

(scene 22. ありがとう)

えみ☂︎*̣̩⋆̩*

「デスアイランド」で、夜凪景の演技によって百城千世子のいつもの完璧な顔が崩れたところから「よきライバル」になる感じがたまらないです。

お互い追い越し追い越されてを何回も繰り返しながら成長しているじゃないですか。
2人ともそれぞれ違った魅力があってほんと神作だなと😍

yuya

千世子の積み重ねてきた仮面が壊れたり、そこからの2人の関係が変わり成長のきっかけになるなど、象徴的な1コマだと思います!

風👾

千世子ちゃんが大雨で氾濫した水に飲み込まれそうになった時に、景ちゃんが助けたシーンが好きです!

千世子ちゃんが「ありがとう」って言ったところで鳥肌が立ちました!

星アキラ、名脇役としての目覚め

星アリサ「アキラが台詞を吐けば吐くほど、観客の目はそれを聞く夜凪(カムパネルラ)達へ向かう。

まるで闇と、光のように」

(中略)

巌裕次郎「お前の孤独はお前を育てた。

影から他人を輝かせる美しい脇役(バイプレイヤー)に」

(scene 44. 僕の言葉で)

ガラルのいぬ

星アキラ君が脇役としての演技に目覚めたシーンです!

星アキラ君は芝居にとても一生懸命に取り組んでいたのですが、俳優の間では母親の星アリサが設立した事務所「スターズ」のゴリ押しと揶揄される程に、演技力は評価されていませんでした。

小田哲平

星アキラが成長していくシーンや、厳裕次郎が亡くなる前の黒山との会話が強く頭に残ってますね。

めらむ

アキラの成長など含め、ラストは涙腺崩壊してました笑

明神阿良也、恩師である巌の死を乗りこえ立ち上がる

明神阿良也「ああそっか、また待っていてくれたのか。

やっと思い出した、いつもの立ち方」

(scene 51. 立ち方)

やんこ

阿良也推しなので全体的には銀河鉄道の夜編が1番好きです❤️

ベック

巌さんの死にショックを受けているみんなを夜凪が演技で引っ張りあげる感じがいい。
ジョバンニとカムパネルラのラストシーンとか。

あけしたのセカンドオピニオン

銀河鉄道の夜の最後のところで、夜凪が「さようなら」と別れを告げて、阿良也が立ち方を思い出すシーンが好きです!

別れを乗り越えるってこういう事なんだなって思えました!

黒山墨字撮影のMVで、”夜凪景”の名が世界中に知れ渡る

黒山墨字「お前の芝居を世界に届けるのは、この俺だ」

夜凪景「うん、よろしく」(中略)

一日平均乗降者数350万人。

世界で最も人間が行き交う駅で撮られたその映像は、女優 夜凪景の知名度を決定的なものにすることになる。

(scene 62. 新宿)

だらけ星の住人 氷川風磨

色んな名シーンがありますがやっぱり新宿でのMV撮影が一番好きです!

ハラハラ

速いスピードで動き回る景ちゃんについていく黒山さんの撮影技術がすごいのと、楽しそうに撮影をする景ちゃん見て私も楽しい気持ちになりました!

汗が滴る景ちゃん可愛い!笑

タロ

それまで黒山さんはすごい映画監督と知らされてはいましたが、それを実感できる場面があまりありませんでした。

でも、このシーンから、予測不能の動きをする夜凪の魅力を引き立てる黒山さんのすごさとカッコよさが伝わってきました。

なにより画がとても綺麗で忘れられないシーンです。

アクタージュの最新巻を今すぐ無料で読む

第5位【2人】

夜凪景「私たちみたいな人がなるんでしょう?役者に」

夜凪景「悲しいことや辛いことがあると、つい違う自分になろうとして本当の自分を忘れてしまいそうになるでしょう?(中略)

私達みたいな人がなるんでしょう? 役者に」

(scene 1. 夜凪景)

🦕

トマトちゃん

本物の役者らしさが出てて、何度読んでもぞくってします笑

夜凪景、オーディションで空想の野犬と迫真の演技

役者A「そんな…うそ、野犬の姿が…」

星アリサ「ナメていた…。一体どんな半生を送れば…想像の産物をここまで…!!」

(scene 1. 夜凪景)

麗美

夜凪の野犬との演技で、まわりがざわつくシーンが好きです。

鳥肌が立ちました。

今、絶賛受験期なので受験が終わってからゆっくり読もうと思います。

💜かすてら💜

少し前に1巻を読んだばかりなのですが、 個人的には最終審査の野犬と闘うところが衝撃的でした!!

夜凪景、料理のCM撮影で初仕事

柊雪「この子は、本物だ」

黒山墨字「味は?」

夜凪景「コゲて苦くて皆で笑っちゃった」

CM監督「カット!! OKだ!」

(scene 2. 初仕事)

おもてきつね

1巻の夜凪ちゃんがお料理をする場面が好きですかね!

あそこで一気に引き込まれました。

私はどのシーンも好きですが、1番は夜凪が初めてお仕事をしたシチューのCMのところです。

夜凪景、スターズの天使・百城千世子と初対面

百城千世子「私達俳優の使命は観客を虜にすること。

素顔を晒してありのままに人間を演じることを人間と言うなら、だったら私は人間じゃなくていい」

(scene 11. 顔合わせ②)

あや

初めて景ちゃんが千世子に出会ったときです。

ちょっとだけ怖い技術と人間を捨ててまで天使の仮面をつけ続ける根性がある彼女は、当時の景ちゃんがまだ手の届かない存在で感動しましたね。

絵がきれいで、千世子ちゃんが可愛いというのもあります(笑)

ケイタ

千世子ちゃんが役者同士の顔合わせで初登場する回が一番好きです!

百城千世子、夜凪に役作りのアドバイス「勝手に壁作ってつまんない悩み方してんなよ」

百城千世子「えっと…何だっけ。いつもキラキラしていて、どこか遠くを見ていて、でも誰よりも優しい。

だっけ? フフ…変なの。

なら初めから君は私のカムパネルラじゃん。

勝手に壁作ってつまんない悩み方してんなよ」

(scene 32. 私のカムパネルラ)

蒼空🍓

千世子ちゃんが景ちゃんに 「なら初めから君は私のカムパネルラじゃん。勝手に壁作ってつまんない悩み方してんなよ」と言うシーンがすごく好きです!

人間関係で悩んでる時に、これを見てすごく背中が押されました!

さりー

千世子ちゃんと夜凪のデートのところが好きです!

アクタージュ広めたいです!

夜凪景「コーヒーフラペチーノだよ」

明神阿良也「星が見えるの…?」

夜凪景「うん」

明神阿良也「顔つきが変わった。何を喰ったの?」

夜凪景「…ああ。コーヒーフラペチーノだよ」

明神阿良也「いいね」

(scene 32. 私のカムパネルラ)

ぶるぅー

阿良也「顔つきが変わった。何を喰ったの?」

夜凪「? …ああ コーヒーフラペチーノだよ 」 のシーンですね。

鳥肌が立ちました(°д°)

哀禍

「コーヒーフラペチーノだよ」 のシーンが好きです。

銀河鉄道編は神でした。

百城千世子、黒山に本気の指導を頼む

百城千世子「私は(中略)この世界に選ばれた主人公じゃない。わかってる。

でも、やっぱり負けるのは悔しいんだよ。

悔しい…!」

(scene 76. 勝機)

ダダダダ荼毘

千世子と黒山の会話のところが好きです。

千世子の情熱と黒山の本気が同時に伝わってくる良いシーンでした。

だいこん。

黒山と千世子の会話とそれ以降の変化は読んだとき衝撃を受けました。

アクタージュの最新巻を今すぐ無料で読む

第6位【1人】

黒山墨字、悲しみの演技で夜凪景の才能を見出す

黒山墨字「なんだあいつは…。なんでそんなことできる…!?

こいつ、本当に今悲しみの中にいやがる」

(scene 1. 夜凪景)

すいれん

最初の夜凪が悲しみの演技をするところで鳥肌が立ちました!

夜凪景、オーディション前の意気込み「私は私のことさえ知れたら、どんなお芝居も出来るはず」

夜凪景「私は私のことさえ知れたら、どんなお芝居も出来るはずだから。

それ以外の方法を、私は知らないから」

(scene 7. オーディション)

杠葉

夜凪のこの台詞でどハマりしました。

夜凪景、千世子に心を開く「私も必ずあなたを守る。 “カレン” あなたを守る」

夜凪景「いつも綺麗に笑っている。

私は知らなかった、その天使の仮面の意味を。

その仮面は、あなたの映画への執念そのものなんだと。

(中略)

何も知らなかった。その勇ましさを、その優しさを、その美しさを」

(scene 19. 嵐)

きゆぎ

今までカレンを友達だと思えなかった景ちゃんが千世子ちゃんの凄さに気づき、カレンのことを心から友達だと思えたところがすごくグッときました。

今までジャンプのアンケートはめった出さなかったのですが、このシーンを見て以来、積極的にアクタージュのためにアンケートを送るようになった思い出深いシーンです。

千世子、夜凪に心を開く「役者さんだもんね。大丈夫、綺麗なままだよ」

百城千世子「夜凪さん!! 夜凪さん、大丈夫!?」

夜凪景「千世子ちゃん、私…顔、ケガしてない?」

百城千世子「役者さんだもんね。大丈夫、綺麗なままだよ」

(scene 22. ありがとう)

わだりー

ここは一見すると夜凪景の安否確認をしているだけのシーンですが、このカットを撮る前に百城千世子が言った冗談を素直に受け取ってくれたり、心から自分を想い身を呈して守ってくれた夜凪に対し、それまで全てを1人で背負ってきた千世子が心から「ライバル」「友達」として認めて2人の想いが繋がったシーンだと思います。

打ち上げ、夜凪のTシャツがサインまみれに

夜凪景「…竜吾君何してるの、くすぐったいのだけど」

堂上竜吾「サインだよサイン。お前のTシャツダサイから付加価値プレゼントしてやるよ」

烏山武光「いいなそれ! 仲間ぽい! 俺も書く!」(中略)

湯島茜「夜凪ちゃん、もっとオシャレにしたるからな」

夜凪景「……遊ばれてるだけの気がするわ」

(scene 23. 花火)

イケダ

みんなが花火を楽しんでいる時に、夜凪のTシャツにサインを書くところが好きです。

すごい青春って感じがします(笑)

真咲くんも書いてて笑えるし、みんなの愛が伝わる!

明神阿良也「役作りとは生まれ変わることだ」

明神阿良也「役作りとは生まれ変わることだ。

時に国境も時代も世界すらも超えた別人になる。

“死せず生まれ変わる”その常軌を逸脱した現象を作り出すのが役者だ。

役者を名乗るにはそれ相応の覚悟が必要だ。

人の道を外れる覚悟。

コツは今まで築き上げてきた人生観を壊すほどの強い体験を意図的に作ること。

つまり演じるために”何”を喰らうか」

(scene 30. 読み合わせ)

リノプロス

実際に演劇をやってる自分に突き刺さる感じがあって凄く好きです·····!!

巌裕次郎「流れる夜景はさながら銀河に輝く星空」

巌裕次郎「流れる夜景はさながら銀河に輝く星空。

見覚えあるだろう、お前達の頭の中で」

夜凪景「銀河鉄道の車窓」

(scene 33. 夜景)

梨彩。

ジャンプ本誌の大きなページで、あの見開きを観たときの感動は忘れられません。

また、屋形船で起こる出来事が今後の彼らを大きく成長させることを知った上で、改めて読むとぐっと来るものがあります。

涙なしでは読めない長編です…。

巌裕次郎「俺が演出家で、お前が役者だからだ」

巌裕次郎「お前は俺の死を喰って役作りをしろ。それが俺の最期の演出だ」

夜凪景「ちゃんと皆に言わなくちゃ…! 大きな病気なのに(中略)

どうして巌さん…」

巌裕次郎「俺が演出家で、お前が役者だからだ」

(scene 34. 演技指導)

りく

監督との船での掛け合い、特に巌さんの「俺が演出家で、お前が役者だからだ」というセリフが好きです!

星アキラ、子役時代からのたゆまぬ努力

星アキラ(子役時代)「誰にも母さんの七光りって言わせないくらいの”本物の役者”になる!」

(中略)

星アキラ(現在)「子供の頃から毎日芝居のことだけを考えて生きてきた。

毎日、毎日、毎日、毎日。

今更諦められるか」

(scene 42. 星アキラ)

まことと

私は、星アキラの回想シーンが好きです。

その中でも「誰にも母さんの七光りって言わせないくらいの”本物の役者”になる!」 という言葉が特に印象に残っています。

自分の活躍がアリサのシナリオの上のものだと気づいてから、毎日努力をして頑張っている姿に感動しました。

そんなアキラくんが大好きです。

星アキラ「僕の本当の不幸は今ここにいる自分を後悔していないことだ」

星アキラ「母さん、僕の本当の不幸は、才能のなさを自覚していることでも、実力以上の評価を得てる自覚があることでも、昔のあなたに憧れたことでもない。

あなたの子供として生まれてきたことでも、あなたの願う道を選ばなかったことでもない。

僕の本当の不幸は、今ここにいる自分を後悔していないことだ」

(scene 42. 星アキラ)

マルチェロ

アキラくんの 「後悔していないことだ」 が好きです。

アクタージュが「才能を持つ者の物語」ではなく、「自分の業を背負う者の物語」であることを最もよく表しているシーンだと思います!

全てを持っているといっても過言ではないアキラにもコンプレックスがあり、他人から見たら重要でないことを本人は譲らない。

誰もが自分の業を背負って生きていくことについての人間讃歌、それがアクタの最高なところです!

明神阿良也「巌裕次郎の一番は俺だ」

明神阿良也「俺ももっと進化できる。

もっと。今日証明してやる。自分に。

巌裕次郎の一番は、俺だ」

(scene 46. 回想)

HIKARI-希望

銀河鉄道編は、皆の進化がたくさん見れるし感動する場面が多くて好きです!!

その中でも明神阿良也の「巌裕次郎の一番は俺だ」っていうセリフがグッときます。

それと、阿良也君に会ってからの景ちゃんは凄く変わったなと(笑)

とにかくどのシーンも面白くて感動するので大好きです✨

夜凪景、恐怖の演技で人払いに成功

星アキラ「入ったんだ、芝居の世界に」

夜凪景「逃…逃げて」

生徒A「えっ、何?」生徒B「通り魔…?」生徒C「怖い怖い、何?」生徒D「やばい、やばいって」生徒E「おい、押すなよ」生徒F「逃げろって!」

(scene 57. 見学者)

ひかる

学校で映画の1シーンを撮影をする時、夜凪が人払いのために一芝居打つところが好きです!

実際にないものをあるように見せて周りの人たちを動かしてしまう。

演技の持つ特別な力がはっきり現れているシーンだと思います!

夜凪景「きっと私達は何にだってなれるんだわ」

夜凪景「もう一つの普通が私にもあるんだなって気づいたの。

きっと私達は何にだってなれるんだわ。

だって、私がお芝居と出会ったのも偶然だったから」

(scene 61. そういう普通)

なかま

後夜祭で映画を見ながら景ちゃんとリョーマが話しているシーンです!

景ちゃんが言った「きっと私達は何にだってなれるんだわ」というセリフが心に響きました!

ルイとレイのために頑張って働く苦労人、役者、フツーの女子高生とたくさんの経験をした景ちゃんだからこそ、セリフに重みがありました。

映画の場面とリンクしているのも素敵だと思いました!

朝陽ひな「…なんかエンドクレジットって勲章みたいだね」

“録音 朝陽ひな”

朝陽ひな「…私さ、ずっとフツーにがんばりたかっただけかもしんない。

何でもいいから本気で…。夜凪みたいにさ。

…なんか、エンドクレジットって、勲章みたいだね」

(scene 61. そういう普通)

すけさん

朝陽ひなの台詞「…なんかエンドクレジットって勲章みたいだね」が好きですね。

花井遼馬、映画上映のピンチを救う

花井遼馬「いるんだよ、夜凪。

もう、どうしようもなくがんばれねえクソ野郎が」

夜凪景「花井君、ありがとう。

私たちのためにがんばってくれて」

(scene 61. そういう普通)

いかすいか

個人的には映像研究部の所らへんが好きですね!

ひなちゃんとかりょうまくんが協力してくれる所とか大好きです!

舞台「羅刹女」、ダブルキャスト初顔合わせ

明神阿良也「君の芝居を霞ませるつもりで挑むよ夜凪。覚悟してくれ」

百城千世子「ふふ、変なの。夜凪さんを霞ませるのは私の役割なのに」

夜凪景「そ、それで私の共演者はいつ来るの?」

天知心一「ああ、遅刻中でしたが、今来ました」

王賀美陸「会えて光栄だ、新宿ガール。思ったより軽いな。ちゃんと食ってるのかよ?」

(scene 65. 邂逅)

ちょーさん

僕はダブルキャスト編で主要キャストと天知が揃って初めて顔を合わせるシーンが好きですね!

今まで共演してきた千世子・阿良也の新たな一面と新キャラのリッキーの個性が両方見られるし、夜凪が振り回されている感じも見てて可愛いです(笑)

夜凪景、演出家・山野上花子に山で突き落とされる

山野上花子「運命を感じる。この仕事、受けて良かーーあっ」

どん

夜凪景「は? 嘘…(中略)もしかして私ーー今日、死ぬ?」

百城千世子(回想)「これはね、夜凪さん。あなたじゃない、私が主人公だって証明するための舞台になる」

夜凪景「ふざけんな!!」

(scene 69. 3日間)

FROPPY

夜凪が山で花子さんに突き落とされそうになったシーンが好きです!

羅刹女舞台での最初の登場シーンも最高にテンションが上がりました!!щ(゜▽゜щ)

王賀美陸、唯一の努力は「俺が俺であり続けること」

王賀美陸「俺が俺であり続けること。それが俳優になってから唯一俺が続けている努力だ。

一度濁ればもう元には戻らねぇんだよ」

(scene 72. 努力)

ピーナッツ

何気ない自己中な言葉に聞こえるかもしれないけれど、王賀美の過去や白石さんとの絡みから、王賀美なりの信念が見えてかっこいいなって思いました!

夜凪景、山野上花子の告白に湧いた怒りを役に昇華させる

夜凪景「この”怒り”を羅刹女に使うこと。

飲まれるな、利用しろ。

私は役者だ」

(scene 83. 大切なのは)

huwa☁*°

鳥肌が立ちました。

髪の乱れる感じとか、力強い目とか。

宇佐崎さんの絵が良いのと、 自身の葛藤の中で必死に“役者”としての自分を貫こうする覚悟が心に刺さりました…。

 

※これ以降は、単行本10巻以降の内容です。

羅刹女演じる夜凪景、怒りを乗り越え風が吹く

夜凪景「私は羅刹女、過去の怒りと悲しみに囚われ、そのおかげで今持っているものの豊かさに気がついた」

(scene 98. 風)

ヴィレッジヴァンガード イオン名護

言葉では伝えきれない程のワクワク感が詰まりまくりの名シーンだと思います。

まとめ

以上、アクタージュの名シーンをランキング形式でコメントと共にご紹介しました!

みなさんの好きなシーンはありましたか?

何度読み返しても面白い漫画なので、ぜひ気に入ったシーンを見つけてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

アクタージュ【危険なほど演技に没入する女子高生の成長物語】 ワンピース 名言・名シーンまとめ!【ファン70人の熱いコメントつき】