綾辻行人「Another」シリーズ全巻レビューまとめ

綾辻行人Anotherの書影画像

この記事では、綾辻行人「Another」シリーズの全3巻のあらすじと感想をまとめて紹介します。

気になる作品が見つかった方は、作品ごとの書評記事をぜひご覧になってAnotherシリーズの世界に触れてみてください。

Anotherシリーズ全巻レビューまとめ

『Another』原作小説あらすじと感想【クラスに紛れ込んだ死者は誰…?】

夜見山北中学校の〈三年三組〉。

このクラスでは2〜3年に一度、〈災厄〉が訪れる。

25年前、とある事件をきっかけに始まったとされるこの〈災厄〉は、あらゆる手段をもって関係者に襲いくる。

クラスに紛れ込んだ〈死者〉は誰か?

〈災厄〉を止める術はあるのか?

転校先の〈榊原恒一(さかきばら こういち)〉は、迫りくる〈災厄〉から逃れるために奔走する。

死の恐怖に塗れた、最後の中学校生活が幕を開ける…!

『Another』原作小説あらすじと感想【クラスに紛れ込んだ死者は誰…?】『Another』原作小説あらすじと感想【クラスに紛れ込んだ死者は誰…?】

『Another エピソードS』あらすじと感想【災厄が襲う夏、見崎鳴が出会った幽霊とは?】

「教えてあげる、もう1人のサカキの話」

〈見崎鳴〉はそう言って、〈榊原恒一(さかきばら こういち)〉に語り始めた…。

1998年の夜見山北中学校。

その三年三組で吹き荒れる、〈災厄〉の嵐。

既に大勢の犠牲者を出したその〈災厄〉を止める方法を探し、〈見崎鳴〉は〈湖畔の屋敷〉を訪れた。

彼女の目的は、1987年の〈災厄〉の経験者である〈賢木晃也〉と接触し、〈災厄〉を止める手掛かりを得ること。

しかし、そんな彼女を待っていたのは既に死んでしまった賢木晃也の〈幽霊〉であった…。

見崎鳴以外の誰からも認識されない、〈幽霊〉という不安定な状態。

それを脱する為、自らの〈死体〉を探しているという彼に、見崎鳴は協力を申し出る。

茫洋とした〈死の瞬間〉の記憶を頼りに死体を探す、〈幽霊〉と見崎鳴。

その中で思い出される、過去の〈災厄〉の記憶。

果たして彼らは、賢木晃也の〈死体〉を見つけることができるのか。

そして、彼が死に至った理由とは何なのか?

『Another 2001』にも連なる、アナザーストーリー!

『Another エピソードS』あらすじと感想【災厄が襲う夏、見崎鳴が出会った幽霊とは?】『Another エピソードS』あらすじと感想【災厄が襲う夏、見崎鳴が出会った幽霊とは?】

『Another 2001』あらすじと感想【史上最悪の災厄に、比良塚想が挑む】

夜見山中学校の三年三組。

このクラスには数年に1度、クラスに1人〈死者〉が交じる。

そしてそれが起こった年には、三年三組の関係者たちに様々な〈災厄〉が襲い掛かる。

〈災厄〉を防ぐ方法はただ1つ、クラスの誰かを〈いないもの〉として扱い、徹底的に存在を無視することのみ。

誰からも存在を認識されない過酷な役割を、かつて〈幽霊〉だった少年、〈比良塚想〉は自らの意思で引き受ける。

既に〈災厄〉の存在を知っていた彼は、確かな覚悟を胸に、〈いないもの〉を演じ切ることを誓う。

更に効果を確かなものとする為、追加の対策も取られた2001年は、〈災厄〉が起こるはずのない年だった。

しかしとあるトラブルを機に、彼らの努力を嘲笑うかのような〈災厄〉が吹き荒れ始める。

想は、3年前の〈三年三組〉に所属していた少女〈見崎鳴〉の協力のもと、後に〈史上最悪〉とも呼ばれることとなる〈災厄〉を止める為、奔走するのだが…。

単行本『Another』の発売から11年。

2001年の夜見山に、新たなる惨劇が幕を開ける…!

『Another 2001』あらすじと感想【史上最悪の災厄に、比良塚想が挑む】『Another 2001』あらすじと感想【史上最悪の災厄に、比良塚想が挑む】

この記事を読んだあなたにおすすめ!

1番面白い!と思ったおすすめ本まとめ【読書好き40人に聞いた!】1番面白い!と思ったおすすめ本まとめ【読書好き40人に聞いた!】 京極夏彦「百鬼夜行シリーズ」全巻レビューまとめ京極夏彦「百鬼夜行シリーズ」全巻レビューまとめ 澤村伊智「比嘉姉妹シリーズ」全巻レビューまとめ澤村伊智「比嘉姉妹シリーズ」全巻レビューまとめ