『Another』原作小説あらすじと感想【クラスに紛れ込んだ死者は誰…?】

『Another』原作小説あらすじと感想【クラスに紛れ込んだ死者は誰…?】

夜見山北中学校の〈三年三組〉。

このクラスでは2〜3年に一度、〈災厄〉が訪れる。

25年前、とある事件をきっかけに始まったとされるこの〈災厄〉は、あらゆる手段をもって関係者に襲いくる。

クラスに紛れ込んだ〈死者〉は誰か?

〈災厄〉を止める術はあるのか?

転校先の〈榊原恒一(さかきばら こういち)〉は、迫りくる〈災厄〉から逃れるために奔走する。

死の恐怖に塗れた、最後の中学校生活が幕を開ける…!

こんな人におすすめ!

  • ホラー小説が好きな人
  • ミステリー小説が好きな人
  • サスペンス小説が好きな人

あらすじ・内容紹介

療養のため、母方の実家に越してきた中学3年生、〈榊原恒一〉。

転校先は、夜見山北中学校の三年三組。

転校したての恒一は、クラス全体に漂う緊張感に違和感を覚えながらも、不思議な存在感を放つ少女〈見崎鳴(みさき めい)〉に惹かれていく。

しかしクラスの面々は、見崎の存在を徹底的に無視しており、恒一が見崎と関わろうとする度に怯えた様子を見せる。

更に、彼と見崎の接触を阻もうとする動きすら見せるようになる。

クラスへの疑惑がいよいよ深まる中で、1人のクラスメイトが凄惨な死を遂げた。

それを機に、恒一は三年三組が直面している〈災厄〉の恐怖を実感することになる。

25年前に起こった、とある事件。

それを機に、2〜3年に1度、三年三組には生徒が1人増えること。

〈増えた生徒〉は過去の〈災厄〉で死んだうちの誰かだが、記憶や記録の改竄により誰も気付けないこと。

それが起こった年には、クラスの関係者やその家族が連続して死に至ること。

そしてその〈災厄〉を防ぐためには、クラスの1人を〈いないもの〉として扱い、人数の帳尻を合わせなければならないこと。

三年三組が直面している事態を知った恒一は、クラスメイトの〈勅使河原直哉(てしがわらなおや)〉や〈望月優矢(もちづき ゆうや)〉、〈風見智彦(かざみ ともひこ)〉、そして〈見崎鳴〉と共に、〈災厄〉を止める手段を探して奔走する…。

新本格ミステリー作家が描く、戦慄の青春ホラーミステリー!

『Another』の感想・特徴(ネタバレなし)

少年少女に迫る、〈災厄〉の恐怖

〈死者〉は、誰−?

今作における最重要の要素は、夜見山北中学校の三年三組に迫る〈災厄〉の恐ろしさではなかろうか。

2〜3年に1度起こると言う、クラスメイトが1人増える奇怪な現象。

その現象が起こった年には、三年三組の教師や生徒、さらにはその家族にまで〈死のリスク〉が襲いかかる。

特に恐ろしいのは、これが〈呪い〉や〈祟り〉の様な〈何者かの意図〉によるものではない、単なる〈現象〉であるという点だろう。

〈呪い〉ならば祓う、〈祟り〉ならば鎮めるという対処法がある。

しかし、今作での〈災厄〉は自然災害の様な〈現象〉であり、何者の意思も存在していない。

それ故に、祓うことも鎮めることも出来ないこの〈災厄〉は、不可避の死を携えて関係者に襲いかかる。

さらにその死が、〈不可思議な死〉などではなく、病死や事故死、自殺に他殺という、死因が明らかなものばかりであることが、より一層の恐怖を引き立てている(幾つかの要因が重なった結果として死に至る様子は、アメリカのホラー映画『ファイナル・ディスティネーション』シリーズの〈死のピタゴラ・スイッチ〉を思い出させる)。

是非とも、逃れることのできない〈災厄〉の恐怖を堪能してほしい。

また、この恐ろしい〈災厄〉に立ち向かうのは、転校生の〈榊原恒一〉やその友人達だ。

〈災厄〉の恐怖に怯えながらも、中学生らしい感情の機微を見せる彼らの様子は、何となく微笑ましく映る。

彼らの、〈恐怖〉だけではない青春模様も、要注目だ。

綾辻氏の十八番たる〈ミステリー要素〉

『ほとんどない』ですか

ミステリー小説界の大御所、綾辻行人氏の作品である今作には、如何にもミステリー的な〈推理要素〉や〈大どんでん返し〉も含まれている。

最序盤の描写から伏線が丹念に敷き詰められていながら、一見してそれと気付かせない手腕は、見事の一言だろう。

更に、迫りくる〈災厄〉の規則性や情報を少しずつ暴いていく描写は、サスペンス的な魅力も放っている。

すべての事実を確認してから再読すれば、その緻密に張り巡らされた伏線に圧倒されるはずだ。

読了後、すぐに再読したくなる、芸術品のような美しい構造の作品だ。

多様なメディアミックスも

ミサキ……メイ

今作は、漫画化やアニメ化、果ては実写映画化など、様々なメディアミックスが行われている作品でもある。

それぞれの媒体で、ストーリー展開やキャラクター設定などが大きく異なっているものもあり、どの媒体も違った魅力を放っている。

今作を読了した後、更に『Another』の世界に浸りたいという読者がいたら、そういったメディアミックス作品を視聴してみるのも1つの手だろう。

多様な『Another』の世界を楽しむことが出来るはずだ。

また、今作の外伝として『Another エピソードS』や、続編『Another 2001』なども発刊されている。

今作を気に入った読者であれば、それらの外伝や続編にも是非触れてみてほしい。

きっと、新たなる恐怖を楽しむことができるはずだ。

まとめ

不可避の死が迫るという〈現象〉の恐怖を描いた今作は、そこに〈何者かの意図〉が全く存在していないが故に、より一層の恐ろしさを秘めた作品だ。

更に怖いだけでなく、綾辻氏の十八番である〈大どんでん返し〉もしっかりと含まれているため、1度読了した後すぐに再読したくなるほどの魅力も放っている。

是非とも、逃れようのない死の恐怖を、じっくりと堪能してほしい。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

綾辻行人Anotherの書影画像綾辻行人「Another」シリーズ全巻レビューまとめ 『殺人鬼−覚醒編』綾辻行人 あらすじと感想【殺す!殺す!兎に角殺す!!】『殺人鬼―覚醒篇』綾辻行人 あらすじと感想【殺す!殺す!兎に角殺す!!】 『十角館の殺人』あらすじと感想【これを読まずして本格ミステリは語れない】『十角館の殺人』あらすじと感想【これを読まずして本格ミステリは語れない】 『わざと忌み家を建てて棲む』あらすじと感想【4つの曰く付き物件を融合させた、最恐の幽霊屋敷で起こる恐怖】『わざと忌み家を建てて棲む』あらすじと感想【4つの曰く付き物件を融合させた、最恐の幽霊屋敷で起こる恐怖】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です