恋愛工学の教科書を読んだ男女のぶっちゃけトーク【女性は絶対に読んではいけない!?】『ぼくは愛を証明しようと思う』藤沢 数希

恋愛工学の教科書を読んだ男女のぶっちゃけトーク【女性は絶対に読んではいけない!?】『ぼくは愛を証明しようと思う』藤沢 数希

恋も愛もすべては「テクノロジー」

恋愛に勝利するためのパターンを数式化した「恋愛工学」について書かれた本。

それが「ぼくは愛を証明しようと思う/藤沢 数希」です。

さてこの本。

タイトルにもある通り女性は読んではいけません。

「愛」と書きながら、少女マンガのような胸キュンストーリーは一切ありません。

エ○本だと思ってください。

そして今回は幸運にも(?)この禁断の本をお読みになられた書店で働くYさん(女性)と、ReaJoyライターの大庭(男)が、この本の書評を対談形式にしてまとめました。

時に火花を散らし合う、恋愛に対する男女の意見の違いを楽しんで頂ければなと思います。

物語は、モテない27歳の主人公「渡辺」が恋愛工学のマスター「永沢さん」に出会い、様々な女性を接しながら恋愛工学を学んでいく、というストーリー形式で進みます。

①読んでみての感想

大庭

いつくらいにこの本を読まれましたか?
読んだのは去年の5月頃です。恋愛工学の小説?新しいジャンルで面白そう!と思って手に取ったのが全ての始まりでした。

Yさん

大庭

半年前ということですね。読まれた時のことは覚えていますか?
覚えています。イライラしながら読みましたね。
「そんなことない!」と終始腹を立てながら、なんとか投げ出さずに読みました。

Yさん

大庭

ですよね(笑)。僕も読んだときにまず思ったのが「絶対に女性が読んではいけない本」だなと。
そういう点では、他に例のない本でした。男性からしたら面白いんですかね?

Yさん

大庭

そうですね。恋愛工学というものをこれまで知らなかったので、楽しんで読めました。
ちなみに僕の後輩はこの本を読んだ1ヶ月後に彼女が出来ました。
ホントに?私この本に出てくるような人、絶対嫌ですけどね。

Yさん

大庭

笑。

②本に出てくる「恋愛工学」について

大庭

物語では、女性と関わる場面で様々な恋愛工学が登場します。
どう思われながら読まれましたか?
「なんだよ、それ」って感じです。カタカナ用語ばっかだし。

Yさん

大庭

カタカナ用語多かったですね。男はそういうカタカナ用語好きなのでツボでした。
また恋愛だけでなく、ビジネス用語に近い言葉もけっこうあると思いました。「イエスセット」や「ダブルバインド」とか。
ただ女の人にはあまり覚えて欲しくない用語だな~と思いながら、ページをめくってました。
覚えてないですよ。全部頭から消し去りました。

Yさん

大庭

あっ、そうですか。
こうやって軽い男が出来てくるんだなと思いましたね。
皆がこれを学んでしまったら、世の中ろくでもない男だらけになるなと思いました。恋愛工学を使って女を落としていく展開だけど、そんな簡単な女ばっかりじゃないよと言いたいです。

Yさん

大庭

(ただただ黙って深く頷く。)

③モテるために大事なのは「雰囲気」?

大庭

物語に登場する「永沢さん」はどう思いますか?
すでにモテている人ですね。
私個人としてはあんまりモテる人は好きじゃないです。心配になってしまうので。
ただ、永沢さんの特徴である「自分に自信を持っている男性」には惹かれる人も多いのかなと思います。その自信からくる「雰囲気」をもっている人。外見よりも雰囲気ってけっこう大事ですね。

Yさん

大庭

なるほど。顔よりも雰囲気か・・。
「雰囲気イケメン」って言うじゃないですか?
身なりや立ち振る舞いに気を遣うことで、それを自分から作っている。
そこから醸し出す雰囲気が、モテる雰囲気なのかなと思います。

Yさん

大庭

永沢さんも、よく主人公に「自信を持て」と発破をかけてましたもんね。
自信を持つことで「男らしさ」や「頼れる人」を演出できるのかなと思いました。
そうですね。あと男の人は小奇麗にしてたらそこそこモテると思いますよ。

Yさん

大庭

なんですか?小奇麗ってなんですか?(必死)
清潔感じゃないでしょうか。最低限の身なりへの配慮というか。
なんか汚い人っていません?髪の毛ベターってしてるとか。そういうとこわりと見てるんですよ、女は。

Yさん

大庭

(え、あ、髪の毛、、大丈夫だよな・・。)

2 Comments

大庭 貫治

佐郷さん
コメントありがとうございます。
微力ながらお腹をよじらせることができて光栄です。笑

返信する

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。