恋愛工学の教科書を読んだ男女のぶっちゃけトーク【女性は絶対に読んではいけない!?】『ぼくは愛を証明しようと思う』藤沢 数希

恋愛工学の教科書を読んだ男女のぶっちゃけトーク【女性は絶対に読んではいけない!?】『ぼくは愛を証明しようと思う』藤沢 数希

④「モテる奴がモテる」理論について

大庭

恋愛工学マスター永沢さんの言葉は「モテる奴がモテる」です。
女性はモテる人を好きになる、恋愛工学用語で言う「モテスパイラル」ですね。
それについてはどう思いましたか?
モテる人が好きっていうよりかは「モテる人に選ばれる自分になりたい」なんじゃないかなと思います。もちろん雰囲気や外見も大事だけど、モテる人と一緒にいることで相対的に自分の価値を上げたいんじゃないかな。

Yさん

大庭

なるほど。一種のステータスということですね。それは男も同じだと思います。クラスの人気者やモデルと付き合いたいのは、付き合うことで自分の評価も上がると考えるからですね。
たとえ同じ顔でも、誰からも相手にされない人より、周りから慕われている人の方に魅力に感じます。男性も、周りがなんとなく可愛いと言っている人を可愛く感じたりしませんか?

Yさん

大庭

確かに。周りから可愛いと囁かれている女性に、気付けば自分も目がいっていたことはあります。
周りが気にかけることで話題にしたり目で追ったりと、その人について考える機会が増えることも大きいのかなと思います。
機会が増えるという点で言うと、「話しやすさ」は大事ですね。
話しやすい人とはもう一度話したいと思うし、会話の入口が広いからその人のことをどんどん知るようになる。
興味を持つきっかけが普通の人より多く、結果好かれる機会も増える。だから相対的に人より「モテる」回数が増えるんじゃないでしょうか。

Yさん

大庭

決まりました。
今年の目標は、話しやすい人になることにします。

⑤物語の終わり方について感じたこと

大庭

物語の最後についてどう思いましたか?
わりと良かったんじゃないでしょうか。
最後だけは少し夢があるロマンティックな終わり方でした。

Yさん

大庭

そうですか~。僕は逆にそのロマンティックさが恋愛工学とはかけ離れた終わり方だったなと感じました。
女性には共感してもらえる点なのかも知れませんね。
ただしこの本は女性には絶対おススメできません。

Yさん

大庭

ですね。男子限定で。
まとめ
・女性が読むとイライラする。
・男性が読むと彼女ができる。
・恋愛工学というジャンルを学べる。
・モテるためには小奇麗にすること。
・モテるためにはモテる雰囲気をつくる。
・モテるためには話しやすい人になる。
・女性にはおススメできない。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

『あしたはうんと遠くへいこう』あらすじと感想【じゃあ、もっと上手く勘違いができれば幸せになれるの?】『あしたはうんと遠くへいこう』あらすじと感想【じゃあ、もっと上手く勘違いができれば幸せになれるの?】 バレンタインの季節に読みたいおすすめの小説【読書好き26人に聞いた!】バレンタインの季節に読みたいおすすめの小説【読書好き26人に聞いた!】

2 Comments

大庭 貫治

佐郷さん
コメントありがとうございます。
微力ながらお腹をよじらせることができて光栄です。笑

返信する

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。