征陸智己の魅力とは?能力や名言などを徹底解剖!【PSYCHO-PASS】

〈PSYCHO-PASS〉の中で、年長者の落ち着きを見せる特に渋い魅力を放つキャラクターは、何と言っても征陸智己(まさおか ともみ)だろう。

落ち着いた物腰と、深い洞察力を兼ね備えた、昔ながらの刑事(デカ)。

シビュラシステム創生以前から刑事をしていたという彼は、冷静でありながらも何かに耐えているように見える、ハードボイルドな魅力を放っている。

更に体術においては、主人公の狡噛慎也(こうがみ しんや)ですら一度は敗北を喫した犯罪者・槙島聖護(まきしま しょうご)を相手取り、互角以上の戦いを繰り広げるなど、底が知れないキャラクターだ

本記事ではそんな彼のプロフィールや能力、過去、人間関係などの背景からその魅力の秘密を紐解いていく。

征陸智己の能力や性格は?【渋い魅力を湛えた、昔ながらの刑事】

誕生日 2058年6月27日
身長 175cm
体重 87kg
血液型 O型

公安局刑事課1係に所属する執行官。

1係の中では最年長の人物であり、刑事課全体においてもベテランとして一目置かれている。

性格は飄々としていながらもハードボイルドな雰囲気も身に纏っている。

年長者としての落ち着きや高い捜査能力を持っていることから、1係内でも彼を頼りにする者は多い。

特に、同じ執行官の〈狡噛慎也〉や〈縢秀星(かがり しゅうせい)〉からは、〈とっつぁん〉と呼ばれ慕われている。

一方で、1係の監視官である〈宜野座伸元(ぎのざ のぶちか)〉からは辛く当られることが多く、関係性はあまり良好ではない様子。

過去の事件で左手を失い、機械製の義手を装着しており、戦闘の際などはこの義手を盾にすることも多い。

また体術にも優れており、鍛え上げた肉体を持つ〈狡噛慎也〉ですら1度は敗北した犯罪者・〈槙島聖護〉を相手取って、互角以上の肉弾戦を繰り広げた。

酒とタバコを好むほか、趣味として油絵も嗜んでいる。

実は1係の監視官、〈宜野座伸元〉とは実の親子関係にある(〈宜野座〉は母方の旧姓)。

自らが〈潜在犯〉に堕ちたことで、息子である宜野座が周囲から謂れのない差別を受けたことに負い目を感じており、あまり強く物言うことはできない様子(ただし、宜野座の言動が周囲に対して攻撃的過ぎて目に余る場合は、口を挟むこともある)。

征陸智己の劇中での活躍を解説!

PSYCHO-PASS(第1期)での活躍

第1話〜第12話

新人監視官にして今作のヒロイン、〈常守朱(つねもり あかね)〉の、部下かつ先輩として初登場。

宜野座から、朱と行動を共にするように指示を受けもう1人の執行官である狡噛慎也と共に事件の捜査に当たる。

緊張している朱に冗談を交えて話しかけるなど、赴任早々に事件捜査に当たることとなった朱に気を使っている様子が垣間見える。

事件捜査においては、鋭い洞察力や刑事の勘を駆使する。

その捜査能力は、行方不明事件の真相を一瞬で見抜いた狡噛慎也をして〈こんなもん、征陸のとっつぁんなら部屋に入った瞬間に見抜く〉と言わしめるほど。

また、違法ホログラムを用いる犯罪者への対策として、スピリタスを用いた〈火吹き〉を披露するなどした。

周囲との関係性や狡噛慎也の過去などに戸惑う朱の相談に乗る場面も描かれており、年長者として周囲を気にかけている様子が窺える。

第13話〜第22話

本格的に動き始めた槙島の計画と、それによって起こった暴動を収束させるため公安局の一員として事態の鎮圧に当たる。

朱の手で槙島が捕らえられ事態が収束した後は、捕らえた槙島の扱いについて公安局の局長〈禾生壌宗(かせい じょうしゅう)〉から圧力を受けている宜野座の相談にのる場面もあり、親子関係に少し変化も見られる。

槙島が逃亡を果たした後は、公安局の思惑から脱して自身の手で槙島を葬ろうとする狡噛のため、警察官時代に残しておいた緊急避難用のセーフハウスのキーを狡噛に渡し、静かに逃亡を支援した(このセーフハウスに保管してあったリボルバー式拳銃〈スターム・ルガーSP101〉は、その後のシリーズでも狡噛が使い続けている)。

その後は食糧生産施設でのバイオテロを目論む槙島と、槙島を追う狡噛を確保するため、(その時点で死亡していた縢を除いた)1係総出で、〈ウカノミタマセンター〉へと赴く。

その最中、センター内に張り巡らされたトラップによって宜野座が瓦礫の下敷きなり、征陸は襲撃のため現れた槙島との肉弾戦となる。

互角以上に勝負を進め、槙島の動きを封じた征陸だったが、槙島が身動きの取れない宜野座に向かってダイナマイトを投げたことで、宜野座の制止も聞かずダイナマイトを遠ざけようとするが、その直前にダイナマイトが爆発。

瀕死の重傷を負い、最後は宜野座に看取られながら息絶えた。

PSYCHO-PASS〈Sinners of the System case.2 First Guardian〉での活躍

国防軍本省が正体不明のドローンに銃撃された事件を捜査するため、監視官の〈青柳璃彩〉と共に沖縄の国防軍基地を訪れ、捜査を進める。

この際、青柳からは〈想像もできないほどの大事件を解決してきた、伝説の刑事(デカ)〉と評されており、執行官だけでなく監視官からも信頼を得ていたことが明かされる。

また、事件捜査の合間を縫って〈ユーストレス性欠乏症〉となってしまった妻の元へ訪れている(このことについては、宜野座からキツく当たられた)。

〈標本事件〉での活躍(小説版〈PSYCHO-PASSゼロ 名前のない怪物〉)

刑事課全体の中でも、ベテランとして慕われている様子。

特に、当時存命だった執行官〈佐々山光留(ささやま みつる)〉と、当時監視官であった〈狡噛慎也〉の関係性が悪化した際には、直接的な関与こそしないものの見事な采配を振るって見せたことで、佐々山からは内心〈刑事課のゴッドファーザー〉とまで呼ばれている。

〈PSYCHO-PASS GENESIS〉での活躍

新人刑事として、〈八尋和爾(やひろ かずじ)〉率いる警視庁の〈特命捜査対策室〉に配属され、捜査漬けの日々を送りつつも、恋人・〈宜野座冴慧(ぎのざ さえ)〉と結婚し、息子〈伸元〉を授かる。

八尋から刑事としてのイロハを学び急速に成長していくが、〈シビュラシステム〉によって日本の覇権を握ろうとする厚生省と、それに抵抗する警察庁の権力争いに巻き込まれ、更にその最中に起こる様々な事件の影響もあって、徐々に犯罪係数を上げいく。

また一連の事件の中で、己が意志を貫き通すために犯罪者となった八尋と対決。

その最中、ドミネーターのデコンポーザーにより左手を失った。

征陸智己のセリフ3選!【血肉の宿る言葉】

作中で数多くの名セリフを残している征陸智己が、その中でも特にストーリー展開において重要であろうもの、もしくはキャラクターの心情を表したものを、独断と偏見で選出した。

誰が何を思い、何を願うのか、人の心の全てが機械で見通せる時代だってのに、それでも誰かを憎んだり騙したり傷つけようとする連中がわんさといる。これが理不尽じゃ無くて何なんだ?

新人監視官として捜査にあたる朱に対して、刑事という仕事の不条理さを伝える為に放った台詞。

〈シビュラ社会〉が抱え込む矛盾を明確に抉り出した上で、ここから先の運命を暗示しているような台詞であり、物語を構成する世界観を明確に示したものである為、選出した。

短い場面で、作品世界の不条理さや歪さを明確に指し示し、朱(延いては我々視聴者)に対して提示してくれる、重要な台詞となっている。

やっぱ、親子なんだなぁ…。目元なんざ、若い頃の俺にそっくりだ

死の直前、最愛の息子である宜野座に向けて放った台詞。

刑事として生きることを選んだが故に、親子として過ごせた時間が非常に短かった2人。

そんな2人が、一方の死の瞬間に漸く和解できた際の、親子のつながりを象徴する台詞として、選出した。

刑事として生き続けた男が最期、父親として死んでいくこのシーンには、涙を堪えられなかった人も多いのではないだろうか。

また、この和解と死別以降、宜野座が政岡智巳に似た目元を隠すための伊達メガネを外しているのは、完全に和解が叶ったことを表しているのか、アニメ第2期以降の宜野座の風貌は、在りし日の征陸を思い出させるものになっている。

後々の宜野座にも大きく影響を与えている台詞なのではないだろうか。

ただ、伸元が幸せでありますように

こちらに関しては、完全なる筆者の好みで選出した。

外伝作品〈Sinners of the System case.2 First Guardian〉で事件捜査のために沖縄を訪れた征陸が、療養中の元妻・〈宜野座冴慧〉の元に赴いて語った台詞(因みにこの妻は、〈ユーストレス欠乏症〉という架空の病に罹っており、〈心が死んでいる〉ような状態となっている。彼女がこの病に至った過程は、小説〈PSYCHO-PASS GENESIS1/2〉で詳細に語られる)。

父親としてではなく、刑事としての生き方を選んだ征陸。

その結果、妻と息子の人生を崩壊させてしまったという後悔。

そして自らの上司となり、憎しみをもって接してくる息子に対する慈しみ。

それらを全てひっくるめた上で放たれるこの言葉は、征陸智己という男の人生全てが込められており、彼の人柄や想いが垣間見える台詞となっている。

征陸智己と宜野座伸元【刑事として、父親として】

征陸智己というキャラクターを語る上で欠かせない人物が、上司であり息子である〈宜野座伸元〉だろう。

〈シビュラシステム〉の普及以前から刑事として生き続けてきた征陸は、宜野座伸元の誕生後も事件の渦中に身を置いていた。

余りにも犯罪と近い位置に身を置いており、更にシビュラの普及によってこれまでの〈刑事〉の在り方を否定される様な政情の中で徐々に犯罪係数を上げ、遂に執行官落ちしてしまった征陸。

その結果、妻〈宜野座冴慧〉はユーストレス欠乏症なる病によって廃人同然となり、息子もまた激しい差別に晒される。

そのことを負い目に感じる征陸は、上司となった宜野座から激しい憎しみを向けられても、苦笑いを浮かべつつ耐えることしかできなかった。

しかしそれでも、息子である宜野座に対する慈しみを忘れていない征陸の様子は、見ていて胸が痛くなる。

また宜野座も、母と自分を苦しめた父親への憎しみを露わにしつつ、幼き日に征陸に連れられて訪れたセーフハウス、そこで見せて貰った本物の拳銃という2人の間だけの秘密を、大切な思い出として胸に仕舞い続けており、2人の間には絆があったこともまた確かである。

また、『小説版PSYCHO-PASS上』での狡噛慎也の独白の中で、刑事課1係の関係性は、征陸智己と宜野座伸元の本物の親子を軸にした擬似家族の様なものだと語られていることからも、決して憎しみだけの関係性でなかったことは明らかだろう。

そして征陸の死の間際に訪れた、和解の瞬間。

犯罪者・〈槙島聖護〉を取り押さえた状態の中で迫る、宜野座の危機。

宜野座から〈絶対に離すな〉と怒鳴られながら、それでも最後は息子を守るために宜野座の元へ駆け寄った征陸は、最後の最後で〈刑事〉ではなく〈父親〉としての行動を見せた。

死の間際、漸く〈親子〉としての会話ができた征陸は、最愛の息子の腕の中で事切れる。

彼の生きてきた人生は、決して幸福に満ち溢れたものではなかったかもしれない。

しかし最期の瞬間に、息子の腕の中で〈父親〉として逝ったことは、征陸智己という男にとって、1つの幸せであったのではないだろうか。

宜野座伸元の魅力とは?能力や名言などを徹底解剖!【PSYCHO-PASS】宜野座伸元の魅力とは?能力や名言などを徹底解剖!【PSYCHO-PASS】

担当声優<有本欽隆>【リアル征陸智己】

1941年2月11日生まれの、ベテラン俳優/声優。

1966年の『おそ松くん』で、銀行員役としてアニメ作品に初出演。

以降、『シティー・ハンター』から『十二国記』、『新ゲッターロボ』、『ONE PIECE』など、様々な作品に登場している。

性格はハードボイルド。

トレンチコート姿で台本だけ持って収録現場に現れ、収録が終わればスッと帰る渋さと、人前で声援を貰って喜ぶ茶目っ気を兼ね備えた、正に〈征陸智己〉を思わせる様な人物だったとこのこと。

狡噛慎也の声を担当した関智一氏によれば、〈征陸智己〉というキャラクターや〈PSYCHO-PASS〉という作品に対しては最初〈何が面白いのか分からない〉と言いつつも、終盤では〈征陸智己〉というキャラクターを気に入り〈とても面白い〉と楽しんでいたらしい。

2019年2月1日、食道癌のため惜しまれつつ他界された。

まとめ

豊富な経験と鋭い刑事の勘で捜査を進める、昔ながらの〈ハードボイルド〉なベテラン刑事、征陸智己。

飄々とした振る舞いと、落ち着いた物腰を兼ね備えたこのキャラクターの渋さに、虜になった視聴者も多いのではないだろうか。

そして、そんな彼が胸に秘めた、息子・宜野座伸元への負い目と慈しみ。

死の瞬間、それらを漸く宜野座に吐き出せた彼の人生は、数多くの血生臭い不幸に彩られてはいつつも、僅かな幸福もあったことが伝わってくる。

彼の生き様を把握した上で、其々のシーンでの征陸の想いを想像しながら改めて〈PSYCHO-PASS〉を観ると、また新たな発見があるのではないだろうか。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です