【呪術廻戦】虎杖悠仁の魅力とは?死ぬまで人を助け続ける両面宿儺の器!

呪術廻戦 虎杖悠仁

呪術高専東京校の1年生で『呪術廻戦』主人公の虎杖悠仁は、非常に明るく優しいキャラクターだ。

どんな人ともすぐに打ちとける性格で、呪術師としての経験は浅いが、一級術師に推薦される実力もある。

今回はそんな虎杖悠仁の性格や強さ、名言集をまとめてご紹介する。

ただの能天気キャラではない!虎杖悠仁の性格は?

出典:amazon.co.jp

すぐに人と仲良くなる、人たらしな性格!

虎杖悠仁は非常に天然なキャラクター。

とにかく底抜けに明るく、誰とでもすぐ打ち解けて友達になれる性格で、一時は宿儺の器として処刑対象にもなるが、その明るく社交的な性格もあり、現在では多くの人から呪術師として認められている。

また虎杖はどんな人間に対しても平等に接する。

いじめられっ子の吉野順平に対しても、初対面にもかかわらず今度映画に行こうと連絡先を交換したり。

中学時代の同級生、小沢優子に対しても、当時の太った外見に関係なく、皆と同じように接することで彼女から好感を得ている。

自分を犠牲にしてでも人を助ける!

虎杖の引率として登場した一級術師・七海建人には当初、呪術師として認められていなかった。

任務のなかで特級呪霊「真人」と戦闘した際、自身は身体に穴が空くほどの重傷を負っても、無為転変によって作り出された改造人間に対して、「2人…助けられなかった…」と悔やんでいる。

虎杖の、自分を犠牲にしてでも、他人の命を心配し、どこまでも大切にする姿勢に七海は心を打たれ、呪術師として認められるのであった。

作中トップクラスの身体能力、虎杖の強さは?


虎杖は作中でもトップクラスの身体能力を持つキャラクターだ。

宿儺の指を取り込み、呪力を手にすることで呪術師となり、呪術高専に入学した。

初期は呪力のコントロールもうまくできなかったが、五条悟や七海建人、東堂葵に呪術について教わることで、徐々に強くなっていく。

規格外の身体能力!

虎杖は宿儺の指を取り込む前から圧倒的な身体能力で周りを驚かせている。

50メートルを3秒で走り、砲丸投げは上手投げで30メートルと、普通の高校生である虎杖が世界記録をあっさり出してしまっている。

ちなみに173センチ80キロで体脂肪率一桁という体形なのだが、これはプロレスラー並みの筋量があるということになる。

あまりにも身体能力が高いので、「天与呪縛」(禪院甚爾や真希のように呪力がない代わりに高い戦闘力を得るというもの)ではないかという意見もあるが、虎杖は連続で黒閃を放つなど、呪力操作を巧みに行うことができるので、この説は違うとみられる。

なにか虎杖の出生に関係していると思われ、これは今後描かれることになるだろう。

千年に一度の逸材!宿儺の器!

特級呪物「宿儺の指」を取り込み宿儺に身体を乗っ取られる事なく自我を保ち抑え込んでいる虎杖悠仁。

宿儺とは1000年以上も前に実在したと言われている仮想の鬼神、通称「呪いの王」。

死してなお遺骸である20本の指は呪物となり、千年間誰も消すことができなかったという。

五条悟をもって「千年生まれてこなかった逸材」と呼ばれており、その体がいかに希少かがわかる。

宿儺の指を15本取り込んでからは、黒閃ほどの攻撃でない限り、虎杖の身体に以前よりも強く宿儺の力が宿ることで、大きくダメージを受けない体になった。

五条いわく「そのうち宿儺の術式が刻まれる」らしく、虎杖が宿儺の術式を使えるようになる日が待ち遠しい。

まっすぐに生きる虎杖悠仁の名言10選!

知ってた?人ってマジで死ぬんだよ だったらせめて自分が知ってる人くらいは正しく死んでほしいって思うんだ

1巻第1話。

学校の先輩を助け、伏黒に話したセリフ。

祖父を亡くし、大事な人を失う辛さを知った虎杖。

死ぬことは仕方がないことと受け止めながら、身近な人は理不尽に死ぬことは許せないと思う虎杖のまっすぐさが現れているセリフだ。

人を殺したら「殺す」っていう選択肢が俺の生活に入り込むと思うんだ

3巻第24話。

吉野順平から人を殺したことがあるか聞かれ、「無い」と答え、続けて話したセリフ。

どんなに悪い奴でも殺したくはないと言っている。

虎杖は一度人を殺してしまうと「人間を殺すことができる」と認識し今後も人を殺すという選択肢が入ってしまうことを恐れている。

自分の中で命に対する価値観に対して葛藤しているのだ。

ブっ殺してやる

4巻第27話。

吉野順平を殺害した特級呪霊「真人」に対して放ったセリフ。

「今まで俺の口から出た言葉は全て嘘だったんじゃないかと思えるくらい腹の底から出た本音」と話している。

どんなに悪い奴でも殺したくはないと以前話していたことから、真人に対する怒りの強さがうかがえる。

真人は人の形をしているが呪霊なので、本来「祓う」という表現が正しい。

それでもあえて「殺す」という表現をしたのは、憎しみから出た本音ということが想像できる。

尻と身長のデカい女の子

5巻第35話。

東堂葵は初対面の人間に対し、好きな女のタイプを聞く。

その際に虎杖が返した名言だ。

普通、初対面の人間に好きな女のタイプを聞かれ、すぐに話す事ができるだろうか?

そこで尻と身長のデカい女の子と返していることから、虎杖の男らしさ、一途さを感じることができる。

東堂葵が虎杖を気に入っているのも、そういった性格も原因しているのかもしれない。

小沢じゃん なにしてんの?

8巻第64話。

虎杖が中学の同級生、小沢優子と再会し、最初に放った言葉だ。

中学のとき太っていた小沢は現在体重が激やせし面影もないほどに綺麗になっていた。

釘崎は「誰?」と虎杖が気づかないことを恐れたが、虎杖は悩むことなく気づく。

釘崎や伏黒はそんな虎杖に感心するのだった。

俺が殺した命の中に 涙はあったんだなって

8巻第63話。

壊相と血塗との戦闘後、釘崎に話した言葉。

壊相と血塗は呪霊ではなく、その身体は人間である。

殺さなければいけなかったことは理解している虎杖。

そして自分や釘崎が助かったことにも安心はしている。

だが自分が殺した命が最後涙を流したことに対して、思いやりを見せている。

それを受け、釘崎は「共犯ね 私達」と答えるのであった。

生き様で後悔はしたくない

1巻第2話。

夜峨学長が虎杖に呪術高専に来た理由、呪術師を目指す理由について問いただし最後に放った名言。

ふとした時に「今この瞬間に宿儺のせいで人が死んでる」と思い出して、それを「俺には関係ねえ」なんて思えない

と話している。

自分の宿儺の器としての運命を、祖父の遺言の影響もあり、人を助けようとする虎杖。

そこに偽善などはなく、自分よりも他人を助けたいという虎杖の信念が現れているのだった。

理解した 俺の役割

12巻105話。

渋谷事変で脹相と対峙し、肝臓を貫かれ負けを意識していた時、迷いを捨て覚悟を決めたシーン。

目的は五条悟の救出であり、仲間が五条の元に行けるようにすること。

自分が助けに行けなくてもいい、と覚悟を決める虎杖の名言。

ここでも、過去最強クラスの敵と対峙し、死を前にしてもなお、仲間たちを救うことを最優先している。

どんな状況でも他人を助けたい虎杖が現れている名場面だ。

行こう 今はとにかく呪霊を減らさないと

第138話。

渋谷事変後、脹相と2人で話す場面。

渋谷事変で虎杖の中の宿儺が、数多くの人を殺してしまった。

師匠・七海も失い、一時はもう自分を許せないと発言していた虎杖。

それでも自分の使命を忘れず、一人でも多くの人を助けようとする虎杖の発言。

どんなに辛い状況でも、信念を曲げない強さがあるのだ。

もう意味も理由もいらない

第132話。

虎杖は真人を追い詰め、

今は違う ただオマエを殺す また新しい呪いとして生まれたら

ソイツも殺す 名前を変えても 姿を変えても 何度でも殺す

と続けて放った名言だ。

虎杖は戦いや命に理由を探していた。

多くの命を奪ってしまい、自分の生きる意義や戦う意味を見失っていた。

だがついに覚悟を決め、理由や意味が見つかるのは今じゃないかもしれない。、でも今はただ呪いを殺し続ける、それが自分の役割だ、と迷いが確信に変わったシーンだ。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。