伏黒恵の魅力とは?能力や名言などを徹底解剖!【呪術廻戦】

伏黒恵

真面目でクールな半面、うちには熱い感情を秘め、冷静さと情熱を併せ持つ二級術師・伏黒恵(ふしぐろ めぐみ)。

『呪術廻戦』の物語構造はむずかしいゆえ、伏黒について理解できない部分がある方もいるのではないだろうか。

そんなあなたもこれさえ読めば大丈夫!

彼の能力や名言、人物背景など、魅力を徹底的にお伝えしていこう。

主人公の最大のライバル!伏黒恵の魅力とは?

出典:amazon.co.jp

伏黒は、常に冷静でいるが、情が熱い男だ。

そのギャップに魅力を感じる方も多いだろう。

彼のプロフィールや特徴を紹介していく。

どんな人物?

伏黒は、東京都立呪術高等専門学校(以下、呪術高専)の一年生で、主人公・虎杖悠二(いたどり ゆうじ)とは同級生。

呪術師は、四級から特級までの段階があるが、彼は一年生ながら、二級術師の資格を持ち、単独で任務できるほどの能力を持っている。

呪術師の名門・禪院家(ぜんいんけ)の血筋をひく者で、幼少期から呪術がつかえた。

義姉の伏黒津美紀(ふしぐろ つみき)が呪いによって倒れたことから、呪術師をめざし、呪術高専に入るにいたった。

複雑な家庭環境

伏黒は、「術師殺し」と評された伏黒甚爾(ふしぐろ とうじ)を実の父親として持つが、おさない頃に死別しているため、記憶ははっきりしていない。

甚爾はむかしから、一切、呪術をつかえず、禪院家を追い出され、伏黒家に婿入りした過去があった。

甚爾は自分の子どもが呪術を持っていることを知ると、禪院家に売りつけようとした。

しかし恵は、五条悟(ごじょう さとる)のもとに引き取られ、それを免れたのである。

クールで無口な伏黒には、五条の無茶ぶりやノリにはついていけず、打ちのめされることも多々。

しかし伏黒は、姉弟を育ててくれた五条に、絶大なる信頼をおいていて、師弟関係というよりも、兄弟のような関係性だ。

二人のやりとりを見ていると、ほっこりする。

虎杖悠二との関係性

伏黒は、虎杖が両面宿儺(りょうめんすくな)をとりこむきっかけになった人物だ。

特級呪物、宿儺の指の回収にいった先で、虎杖と出会い、ともに呪物の回収にあたるが、その際に虎杖は、宿儺の指をのみこんでしまう。

本来、宿儺の指をとりこめば、秘匿死刑がきまるのだが、伏黒は虎杖の善性をうったえて、「死なせたくない」と願いでた。

友情を大切にする、彼の熱い思いが伝わる。

以後、虎杖とは同級生にして、最大のライバルになっていく。

第32話で、虎杖が生きていると分かった際には、いっさい嬉しそうにしなかったが、心では何を思っていたのだろうか。

二人の関係性も見どころだ。

伏黒恵の術式は?禪院家相伝の十種影法術!

伏黒は、十種影法術(とくさのかげほうじゅつ)をつかう。

この技は、呪術師の名門・禪院家に代々伝わる術式だ。

両手で影絵をつくり、その影の形をした十種の式神を召喚する、いわば式神の使い手ともいえるだろう。

最初につかえる式神は、二匹の玉犬(ぎょくけん)だけ。

虎杖と出会ったシーンでも、玉犬が多用されていた。

それ以外の式神は、戦って倒し、術師と玉犬で調伏をしないとつかえない。

しかし歴代の式神の使い手には、誰も倒せなかった式神もいて、伏黒も、十種を完全に支配しているとはいえない。

伏黒自身が負傷していると、式神を召喚できなくなる。

また、式神は、完全に破壊されてしまうと、もう二度とつかえなくなる。

だがその能力は、他の式神に引き継がれ、式神を合体させて強力にすることも可能。

では実際に、彼の扱う式神を紹介していこう。

玉犬

「白」

犬の式神で、嗅覚にすぐれているため、敵を探す際や、戦闘時など、あらゆる場面で活躍する。

しかし物語序盤、少年院で任務中に、特級呪霊と遭遇し、破壊されてしまう。

「黒」

白とおなじく、索敵や、戦闘のさいに活躍する黒の犬。

伏黒は、二匹を同時に扱える。

「渾」(こん)

玉犬の白が破壊され、その力が黒に引き継がれて進化したもの。

渾の爪は、攻撃力がたかく、特級呪霊に傷をつけるほど。

蝦蟇(がま)

蛙の式神で、遠くから舌をのばして攻撃できる。

舌でまきつけて、相手の動きを制御できるため、伏黒の攻撃をたすけてくれる。

鵺(ぬえ)

仮面をつけた、大きな怪鳥の式神で、つばさに蓄積した電気を、放出して相手をしびれさせる。

翼を広げると盾にもなり、攻撃と防御のどちらにも有効。

戦闘以外にも、空を飛ぶことで移動手段としてもつかえるため、使い勝手のいい式神だ。

蝦蟇と鵺を合体させて、不知井底(せいていしらず)という術式を繰り広げる。

翼のはえた蝦蟇をよびだせる。

大蛇(おろち)

蛇の式神で、地中から現れて、相手を丸吞みできる。

片手のみの影絵で召喚でき、奇襲攻撃にも長けている。

両面宿儺との戦いで破壊されてしまった。

満象(ばんしょう)

象の式神で、鼻から大量の水を放出し、相手を押し流し、動きと止める。

上空から攻撃することで、相手を押しつぶすことも可能。

ただし、呪力の消費が激しいため、ほかの式神と同時につかえない。

脱兎(だっと)

大量の兎をよびだし、相手を包囲することで、視界を攪乱させる。

攻撃力が低いため、戦闘には向いていないが、伏黒の撤退を手助けする。

八握剣異戒神将魔虚羅(やつかのつるぎいかいしんしょうまこら)

歴代の十種影法術師が、ひとりも調伏できないほど強力。

伏黒は、この呪術をつかう際、「先に逝く、せいぜい頑張れ」と言っており、自滅行為といえるだろう。

「布留部由良由良(ふるべゆらゆら)」と呪文をとなえて発動する。

過去に、「六眼持ちの無下限呪術使い」の五条家と、「十種影法術使い」の禪院家がたたかって両方死んだことから、五条悟に匹敵する力があるとみられる。

宿儺が、伏黒を気にかける理由でもあり、宿儺とも渡りあえる力を持つ。

宿儺の推測では、「あらゆる事象への適応」の能力があり、最強の後出しじゃんけんともいわれる。

耐久力や、俊敏性、攻撃力、再生能力など、あらゆる能力を、後天的に獲得し、相手に適応していく。

唯一、破壊できる方法として、初見の技を、適応前にほふること、とされている。

宿儺が伏黒をたすけるために、魔虚羅を破壊したのだが、適応できない斬撃の嵐をくらわせた。

領域展開「嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)」

伏黒の領域展開で、八十八橋にて特級呪霊とたたかう際につかわれたが、不完全なため、相手を拘束するほどの力はない。

黒い水や影でおおわれ、無数の式神があらわれて攻撃する。

影で自分の身代わりをつくったり、影に潜んで相手の攻撃をさけたりできる。

「死んで勝つと、死んでも勝つはぜんぜん違うよ」と五条にいわれたことを思い出した伏黒は、自爆の技をつかおうとしたが止め、本気を出すことを決意し、領域展開した。

伏黒恵の人間性を、名言とともに解説!


伏黒は、感情をおもてに出さないが、彼のセリフ一つ一つに、熱い情がふくまれており、男としてのかっこよさが魅力だ。

彼の人間性を、名シーンや名セリフとともに見ていこう!

でも 死なせたくありません

宿儺の指をとりこんだ虎杖は、死刑になるはずだった。

しかし伏黒は五条に、なんとか虎杖をたすけたいと、懇願した。

虎杖と伏黒は、キャラが対照的。

そんな虎杖をたすけたいというほど、彼は自分がみとめた人を迷いなくたすける、かっこいい人間性の持ち主だ。

少しでも多くの善人が平等を享受できる様に 俺は不平等に人を助ける

任務中、少年院にいる少年をたすけるかどうか虎杖と言い争う。

しかし、特級呪霊を前にして、伏黒は自分の信念をおもいだす。

不平等な現実のみが平等に与えられていて、因果応報は全自動ではない。

悪人は法の下で初めて裁かれ、呪術師はそんな報いの歯車の一つ。

誰よりも幸せになるべき存在だった姉が、呪霊によって呪われた。

そんな不平等な現実にあらがうために、彼は呪術師になったのだ。

どんなに不平等だろうと、自分がたすけたいと思った善人は、絶対にたすける。

彼の揺るぎない熱い気持ちが爆発した、名セリフだ。

書き手にコメントを届ける

あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。