呪術廻戦 55人が選ぶ名言・名シーンランキング!【ファンの熱いコメント集】

呪術廻戦名シーン記事

週刊少年ジャンプにて人気連載中の「呪術廻戦」。

名言・名シーンだらけの呪術廻戦の中から、ファン55名に好きなシーンを選んでいただき、それらをランキング形式にまとめました。

各順位内はストーリー順となっています。実際のシーンの絵はぜひ漫画で見て楽しんでください!

目次

【第1位】

伏黒恵「俺は不平等に人を助ける」

トビ

「少しでも多くの善人が平等を享受できる様に俺は不平等に人を助ける。」という伏黒恵のセリフが好きです!

たまパーティー

自分がハマるきっかけになった8話の「不平等に人を助ける」のシーンですね。
伏黒の戦う理由とその為に何をすべきかをしっかりと描かれていてそこで伏黒の事が好きになりました。
この後の虎杖が戻ってきて虎杖の問の答えを伝えるのもとても良い。

野薔薇ちゃん

恵の「不平等に人を助ける」という台詞が大好きです。
お姉さんを例に、善人が死んでいくのを見たくないという、善良な心の持ち主だと分かるからです。
クールなただ住まいとは裏腹に、こういった優しさが先行しているギャップにも惹かれます!
とても感動しました!

伊吹

僕は伏黒恵の「俺は不平等に人を助ける」ってセリフが好きです!
姉への思いとか、恵の人間性が出ている感じがするし、とても恵らしいセリフだと思います。

【第2位】

0巻 狗巻棘と乙骨憂太の共闘シーン

かえで

推しの狗巻先輩の戦闘シーン。
いつもはホンワカしているのに、戦闘になると「潰れろ」など叫んだりするところにギャップを感じます!
そういうところが大好きです!

ひいらぎ

0巻で乙骨と棘が呪いを払いに行ったシーンが好きです。
ちょっと怖いイメージがあった棘が、ここでとても仲間思いであり、優しい心の持ち主である事が分かります。
また、ここで乙骨との友情も深まります。
そしてなりよりも、棘のおにぎりの語彙の中で最もレアな「高菜」が出ています。
未だに他のシーンでは見ていないので今後に期待です笑

イワシとシシャモ

0巻の棘くんと乙骨先輩が2人で任務に行った際、最後にハイタッチをするシーンが大好きです。
最初はよく分からない棘くんを苦手としていた乙骨先輩が、最後に共闘を通して2人の絆が深まり、ハイタッチをする。
私は何度もそのシーンを読み返しては涙しております。

五条悟「強くなってよ僕に置いていかれないくらいに」

あや

唯一と言っていいほどの、親友だった夏油さんを置いていってしまったという五条先生の後悔。
自分が強いだけじゃ駄目だし、救えるのは救ってもらう準備ができている人だけなんだ。と気づいたきっかけで、僕みたいに強い呪術師を育てるため先生になると決意したシーンでもあるのかなと思います。
作中では、五条先生はもう完璧人間でいつも愉快でときに真面目。
だけど、ここで初めて悲しんでる姿が見れてとても印象に残りました。

titch

自分に置いていかれないくらいという言い方が、「俺達最強だし」といつも対等だと思っていた傑にも別物の様に言われ、救う事が出来なかった、救われる事を望まれなかった辛さを感じました。
でも、その後の1年トリオに囲まれ、目覚める雰囲気が穏やかで、とても暖かい気持ちになりました。
穏やかに眠り、人に囲まれ穏やかに目覚める、五条悟にとってはかけがえのない時間なのではないかと尊い気持ちになりました。

シラキ

夏油のことを考えながら言っているのを考えると心が苦しくなります。

九相図兄弟撃破後の、釘崎と虎杖の会話

ハル

私の好きなシーンは、 63話「共犯」冒頭の虎杖と釘崎が会話しているシーンです。
芥見先生のセンスが溢れ出てますね、ここは。
一言で表すなら「めちゃくちゃエモい」です。

アベル

「共犯」の虎杖と釘崎の会話が好きです。
イカレたところが目立つ2人の、人や友達を思いやる部分が出ていてとても良いです。
さらに言えば「共犯」のサブタイトルが伏黒と釘崎、虎杖と宿儺にもかかっていて、1話丸々好きです。

すー

九相図兄弟撃破後の、釘崎と虎杖の対話シーンが印象的でした。
あのシーンは芥見先生らしい台詞の綺麗さが際立っているように思います。
キャラの人生観がすっと入ってくる場面で最高でした。

五条悟 vs 伏黒甚爾

上条伸太郎

過去編の五条悟 vs 伏黒父の最終局面での戦闘シーンが好きです。
彼が最強になった所以、強いとは何かと言う意味を考えさせられるシーンであり、両者白熱した戦いがワクワクさせられます。そして、親友夏油とのすれ違い、違える生き方、己がどうあるべきか考えさせられます。

かるぱ

私の選ぶ好きなシーンは、過去編での五条悟vs伏黒甚爾の戦闘シーンです。
いつもの自分を曲げてでも「現代最強」となった眼前の五条を倒そうとしたパパ黒と、覚醒した五条の熾烈な争いがこれぞ正しく少年漫画だ!と胸を熱くしました。
戦闘シーンの描き込み度、躍動感、どれも今までより一線を超えていました。
また、この戦いのラストによってパパ黒の優しさや人情が見られ、五条が最強になったことによる夏油との離反にも繋がる大場面とも捉えられるからです。
後進を育てる理由の1つとして、自分だけが強くても駄目と気付いたから、と少し寂しさも感じられる、五条悟の人間性を見ることが出来る良い場面だと思いました。

ハッチ

私が呪術廻戦で好きなシーンは、五条過去編の禪院甚爾と五条悟の1度目の戦闘シーンです!
過去編なので、五条が死ぬはずは無いと分かっていても呪術界において「最強」である筈の五条を完膚なきまでに叩き潰す甚爾の姿に痺れました。
甚爾の戦闘テクニックや、天与呪縛の設定なども好きです。
五条過去編は全体的に面白くて好きなのですが、やっぱり1番印象的なシーンはあの戦いでした!

次のページ

【第3位】

書き手にコメントを届ける

あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。