PSYCHO-PASS小説版全巻レビューまとめ

PSYCHO-PASS小説版全巻レビューまとめ

この記事では、大人気アニメ作品『PSYCHO-PASS』のノベライズ版全5巻のあらすじと感想をまとめて紹介します。

気になる作品が見つかった方は、作品ごとの書評記事をぜひご覧になってPSYCHO-PASSシリーズの世界に触れてみてください。

PSYCHO-PASS小説版全巻レビューまとめ

『PSYCHO-PASS サイコパス(上)』原作小説あらすじと感想【人の魂と正義のあり方を問う戦い】

西暦2112年、新自由主義経済の歪みから起こった貧富の差の拡大は倫理道徳感の崩壊を招き、世界中が紛争の渦に巻き込まれる中で、日本は唯一の「安全な社会」を維持する国家となった。

厚生省が管轄する「包括的生涯福祉支援システム」、通称「シビュラシステム」によって、人は自らの適性に合った健やかな人生を送れるようになった。

更に、心理状態の悪化から罪を犯す可能性、「犯罪係数」が上昇すれば、罪を犯す以前に「潜在犯」として隔離される。

シビュラは、社会の凡ゆる指標となったのだ。

潜在犯を追うのは、犯罪者に近いが故に犯罪者を追うのに適していると判断された潜在犯「執行官」と、執行官の手綱を握る厚生省のキャリア「監視官」。

新人監視官・常守朱は、先輩監視官・宜野座伸元(ぎのざ のぶちか)や執行官・狡噛慎也(こうがみ しんや)、政陸智己(まさおか ともみ)、縢秀星(かがり しゅうせい)、六合塚弥生(くにづか やよい)、唐之森志恩(からのもり しおん)と共に、特殊拳銃「ドミネーター」を手に捜査にあたる。

行く手に待ち受けるのは、数々の残酷な事件。

そして、事件を追う内に見えてくる、「完璧な社会」の矛盾と綻び。

過去に囚われた執行官、狡噛慎也と事件を追う中で、朱音はどのような答えを見つけるのだろうか。

更に、殺意と手段を結びつけ犯罪をプロデュースする謎の男、槙島聖護(まきしま しょうご)。

彼の目的は一体なんなのか。

人の魂と正義の在り方を問う戦いが始まる。

『PSYCHO-PASS サイコパス(上)』あらすじと感想【人の魂と正義のあり方を問う戦い】『PSYCHO-PASS サイコパス(上)』原作小説あらすじと感想【人の魂と正義のあり方を問う戦い】

『PSYCHO-PASS サイコパス(下)』原作小説あらすじと感想【法で裁けぬ悪にどう向き合う?】

厚生省が管轄する包括的社会福祉支援システム「シビュラシステム」によって人間の精神状態が解析され、罪を犯す可能性「犯罪係数」が高いものは「潜在犯」として事前に隔離されるようになった社会。

「潜在犯」であるが故に犯罪者を追うのに適していると判断された「執行官」と、その手綱を握る厚生省のキャリア「監視官」は、特殊拳銃「ドミネーター」を手にし、常に犯罪捜査の前線に立ってきた。

しかし、新人監視官常守朱(つねもり あかね)が属する公安局1係の前に立ち塞がるのは、罪を犯している最中でも犯罪係数の上がらない謎の男、槙島聖護(まきしま しょうご)。

彼に友人を殺された常守朱は、果たして彼を捉え、そして法の下で裁くことができるのだろうか。

そして、この社会を動かしている根幹である「シビュラシステム」。

その謎に満ちたベールが、ついに剥がされる。

『PSYCHO-PASS サイコパス(下)』あらすじと感想【法で裁けぬ悪にどう向き合う?】『PSYCHO-PASS サイコパス(下)』原作小説あらすじと感想【法で裁けぬ悪にどう向き合う?】

『PSYCHO-PASS サイコパス3〈A〉』原作小説あらすじと感想【2人の監視官が新たな敵・梓澤廣一に立ち向かう!】

世界中で紛争が巻き起こる中、世界で唯一の安全な国家となった日本。

それを可能としたのは、厚生省が管轄する巨大監視ネットワーク、「シビュラシステム」だった。

シビュラは市民全ての精神状態を監視し、それぞれの適正や傾向に応じた未来を用意する。

更に、罪を犯す可能性「犯罪係数」が規定値を超えれば、「潜在犯」として、罪を犯すよりも前に逮捕、もしくは射殺される。

街の治安維持を担うのは、潜在犯であるが故に犯罪捜査に向いているとシビュラに判断され、犯罪者を追う「執行官」と、彼らを監視する厚生省のキャリア「監視官」で構成された、公安局刑事課。

長らく続いた日本の鎖国政策が終わり、入国者の存在が許されたシビュラ社会は、これまでに無い変革を迎え、期待と不安が渦巻いていた。

そして公安局刑事課1係にも新たに、胸にとある決意を秘めた2人の監視官が赴任する。

大人気アニメシリーズのノベライズ版‼︎

『PSYCHO-PASS サイコパス3〈A〉』あらすじと感想【2人の監視官が新たな敵・梓澤廣一に立ち向かう!】『PSYCHO-PASS サイコパス3〈A〉』原作小説あらすじと感想【2人の監視官が新たな敵・梓澤廣一に立ち向かう!】

『PSYCHO-PASS 3〈B〉』原作小説あらすじと感想【神の座を求める狐とそれを追う猟犬との戦い】

シビュラシステムによる託宣が人生の指標となった、近未来の日本。

長らく続いていた鎖国政策が終わりを迎え、シビュラ社会はこれまでにない変化に晒されていた。

海外からの避難民である「入国者」の扱いを巡り、国民の反応は大きく2分された。

そんな中で始まる東京都知事選挙。

当選の筆頭候補は2人。

「隣人政策」を謳い、移民を非推進して現在の日本国民を重視する肯定党が支援するアイドル政治家、小宮カリナ(こみや−)。

色相のクリアさを根拠に、移民を推進するエリート主義者、薬師寺康介(やくしじ こうすけ)。

移民問題を火種として激化する選挙の裏で、更なる暗躍を続ける狐。

果たして公安局刑事課1係は、狐の罠を掻い潜り、事件の真相に辿り着けるのか。

そして、シビュラ社会の裏で蠢く謎の存在「ビフロスト」の真の目的とは?

謎が謎を呼ぶ、『PSYCHO-PASS 3』のノベライズ第2弾!

『PSYCHO-PASS 3〈B〉』あらすじと感想【神の座を求める狐とそれを追う猟犬との戦い】『PSYCHO-PASS 3〈B〉』原作小説あらすじと感想【神の座を求める狐とそれを追う猟犬との戦い】

『PSYCHO-PASS0 名前のない怪物』あらすじと感想【謎に満ちた標本事件の真実が今明かされる!】

刑事課1係に所属する監視官、〈狡噛慎也(こうがみ しんや)〉と〈宜野座伸元(ぎのざ のぶちか)〉は、刑事課の先輩であり、部下でもある執行官〈佐々山光留(ささやま みつる)〉に刑事としてのイロハを叩き込まれながら、1係内でそれなりに良好な関係性を気付きつつあった。

しかし、死体をプラスチック化して醜悪なオブジェを作り、それを街に展示するというグロテスクな犯罪、通称〈標本事件〉の相次ぐ発生が、そんな彼らの関係性に暗雲を落としていく…。

アニメ『PSYCHO-PASS』の前日譚にして、キーワードでもあった〈標本事件〉の真相に迫る、シリーズを繋ぐミッシングリンク!

『PSYCHO-PASS0 名前のない怪物』あらすじと感想【謎に満ちた標本事件の真実が今明かされる!】『PSYCHO-PASS0 名前のない怪物』あらすじと感想【謎に満ちた標本事件の真実が今明かされる!】

この記事を読んだあなたにおすすめ!

常守朱の魅力とは?能力や名言などを徹底解剖!【PSYCHO-PASS】常守朱の魅力とは?能力や名言などを徹底解剖!【PSYCHO-PASS】 槙島聖護の魅力とは?能力や名言などを徹底解剖!【PSYCHO-PASS】槙島聖護の魅力とは?能力や名言などを徹底解剖!【PSYCHO-PASS】 宜野座伸元の魅力とは?能力や名言などを徹底解剖!【PSYCHO-PASS】宜野座伸元の魅力とは?能力や名言などを徹底解剖!【PSYCHO-PASS】 狡噛慎也の魅力とは?能力や名言などを徹底解剖!【PSYCHO-PASS】狡噛慎也の魅力とは?能力や名言などを徹底解剖!【PSYCHO-PASS】