string(10) "is_single "
bool(true)
string(7) "is__mc "
string(684) "a:4:{s:3:"top";s:4:"7500";s:4:"path";s:45:"2022/04/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg";s:4:"href";s:463:"https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook/dp/B09VHB9LBF/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1";s:10:"categories";s:84:"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911";}"
string(15) "is__categories "
array(21) {
  [0]=>
  string(1) "5"
  [1]=>
  string(3) "133"
  [2]=>
  string(3) "473"
  [3]=>
  string(3) "483"
  [4]=>
  string(3) "482"
  [5]=>
  string(3) "882"
  [6]=>
  string(3) "481"
  [7]=>
  string(3) "510"
  [8]=>
  string(3) "518"
  [9]=>
  string(3) "480"
  [10]=>
  string(3) "135"
  [11]=>
  string(3) "134"
  [12]=>
  string(3) "144"
  [13]=>
  string(3) "191"
  [14]=>
  string(3) "484"
  [15]=>
  string(3) "162"
  [16]=>
  string(3) "353"
  [17]=>
  string(3) "459"
  [18]=>
  string(4) "1909"
  [19]=>
  string(4) "1910"
  [20]=>
  string(4) "1911"
}
string(17) "is__has_category "
bool(false)
string(13) "get_category "
object(WP_Term)#7831 (17) {
  ["term_id"]=>
  int(3)
  ["name"]=>
  string(6) "書店"
  ["slug"]=>
  string(9) "bookstore"
  ["term_group"]=>
  int(0)
  ["term_taxonomy_id"]=>
  int(3)
  ["taxonomy"]=>
  string(8) "category"
  ["description"]=>
  string(401) "■おすすめ記事
コーチャンフォーの魅力を元書店員が語る!【北の大地が生んだ本屋さん】
"
  ["parent"]=>
  int(9)
  ["count"]=>
  int(8)
  ["filter"]=>
  string(3) "raw"
  ["term_order"]=>
  float(17.10002)
  ["cat_ID"]=>
  int(3)
  ["category_count"]=>
  int(8)
  ["category_description"]=>
  string(401) "■おすすめ記事
コーチャンフォーの魅力を元書店員が語る!【北の大地が生んだ本屋さん】
"
  ["cat_name"]=>
  string(6) "書店"
  ["category_nicename"]=>
  string(9) "bookstore"
  ["category_parent"]=>
  int(9)
}
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(12) "is__mcbride "
NULL
string(13) "is__url_path "
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(13) "is__url_path "
bool(true)
bool(false)
bool(true)
string(12) "is__toppage "
NULL
bool(true)

下北沢 文学堂美容室retriで次の章へ機嫌よく進みましょう【蔵書数2,000冊!本好きのための「美容室」】

 


ReaJoyライターコンビのあきとしきは、Tbooksさんの取材のため、年末に下北沢を訪れる予定を立てていました。

(Tbooksさんの取材記事は後日公開予定。おたのしみに。)

せっかく下北沢に行くのなら、ほかの気になるところにも行ってみよう、と調べていたある日。私は気になる場所を発見しました。

これは、某コミュニケーションアプリを通して、ふたりのライターが目撃した本好きの空間を回想する物語━━。


登場人物


retri(れとり)
文学堂美容室retri  店主・美容師
好きな作家は、森博嗣/森見登美彦/小川糸/西加奈子/京極夏彦 等。


望月 暁生(もちづき あきお)通称:あき〕
ReaJoyライター。
印刷物デザイン愛好家。三児の親。下北沢まで片道約2時間。
2018年12月に、文芸サークル「あさぼらけのつき」を立ち上げた。

織(しき)
ReaJoyライター。
本関係情報蒐集家。下北沢まで片道約1時間。
あきが立ち上げた文芸サークル「あさぼらけのつき」メンバー。

序章

あさぼらけのつきとーく

2018年12月某日

あきちゃんあきちゃん!

しき

下北沢に、2,000冊も本がある「美容室」があるらしいです!

しき

あき

美容室なのに2,000冊も!? なにそれ!

あき

やってもらっている間に読書できるのかな?
ふつうの美容室って雑誌ばかりだから退屈しちゃって……。
わたしも雑誌読まないんですよねぇ……。
寝ちゃいます。笑

しき

ここなら小説がたくさん! 私立図書館みたいで面白いですね~。

しき

あき

気になる~! 行ってみよう!

第1章 美容室で本に囲まれる

第1節 憧れの「書斎」

さっそく、2,000冊も蔵書があるという噂の「文学堂美容室retri」さんを訪問したふたり。
店内はこのようになっていました!

中は個室がいくつかあり、本棚に囲まれて過ごすことができます。

あさぼらけのつきとーく

あき

これはもう完全に書斎!
読書家にとって「書斎」は憧れの空間ですからね! 最高です!

しき

あき

本に囲まれた空間が職場って、かなり理想的ですよね。
羨ましいなぁ~
キラキラおしゃれ空間が苦手、特に美容室が苦手なわたしでもリラックスできました。

しき

あき

ひとえに店主さんのお人柄のおかげだとおもいます。

店内にいたのは一人の若い男性。
「本を見てもいいですか?」と聞いたら、嬉しそうに「どうぞ」と仰ってくださいました。

それだけでなく、ゆったりと、おしゃべりにも付き合ってくれました。

あさぼらけのつきとーく
静かに喋る方でしたけれど、反応の仕方が素直で、好きなことだとぱっと明るくなる感じがいいなぁとおもいました。

しき

あき

凄く落ち着くタイプでしたね。
変に構えたりせず、安心して話せました。
変に構えていない、というのは本棚もそうでしたね。

しき

文脈棚なのかと見て回りましたけれど、そんな感じではなくて、好きなものを並べているように感じました。

しき

文脈棚」とは、出版社・作者に関係なく、ある本の両隣もしくは近くに何の本を置くか考えられている棚のことです。共通のキーワードやテーマに沿っていることが多く、1冊だけでは見えてこなかった魅力を引き出します。

あさぼらけのつきとーく

あき

聞いたらやっぱり、「テーマごとに揃えて並べられたのは最初のほうだけでした」って仰るし。
それを臆面もなく言えちゃうのが、お人柄というか。安心感の根源なのかなぁ~とか、おもったよ。
隠さずお話してくださるところ、安心できましたね。

しき

「本に囲まれたい」という気持ちを優先したら、大人数は入れない構造になってしまった、というエピソードが可愛らしいなぁと感じました。

しき

あき

トークイベントをやってみたいと考えていたらしいですけど、ちょっと難しいですよね。
読書会ならできるかも、と仰っていたので、今後イベントが開催されることを期待しています。

しき

第2節 憧れの蓄音機

店内にはアンティーク調の家具や小物が随所に置かれ、空間づくりの重要な役割を担っていました。


昔ながらの喫茶店でもらえるような、マッチ箱。赤いリボンを首に巻いた、おしゃれな黒猫が描かれています。


ふたりが注目したのは、出入り口の横にあった蓄音機
今はなかなか見ることができないため、興味津々。


こちらは本物の蓄音機。残念ながら、音は出ないそうです。

あさぼらけのつきとーく

あき

個人的に内装がツボでしたねぇ。
ホームページでちらっと見えた蓄音機が、本物なのかどうか確かめてみたい! とおもって向かったところもありました。笑
本物の蓄音機を見るのは初めてでした。

しき

あき

予算の都合で徹底的にやるのは諦めたとのことでしたが、所々にある雑貨だけでも十分雰囲気が楽しめて……大満足!

家具に興味がある人は、それをお目当てに行ってみるのもいいかもしれません。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。