string(10) "is_single "
bool(true)
string(7) "is__mc "
string(684) "a:4:{s:3:"top";s:4:"7500";s:4:"path";s:45:"2022/04/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg";s:4:"href";s:463:"https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook/dp/B09VHB9LBF/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1";s:10:"categories";s:84:"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911";}"
string(15) "is__categories "
array(21) {
  [0]=>
  string(1) "5"
  [1]=>
  string(3) "133"
  [2]=>
  string(3) "473"
  [3]=>
  string(3) "483"
  [4]=>
  string(3) "482"
  [5]=>
  string(3) "882"
  [6]=>
  string(3) "481"
  [7]=>
  string(3) "510"
  [8]=>
  string(3) "518"
  [9]=>
  string(3) "480"
  [10]=>
  string(3) "135"
  [11]=>
  string(3) "134"
  [12]=>
  string(3) "144"
  [13]=>
  string(3) "191"
  [14]=>
  string(3) "484"
  [15]=>
  string(3) "162"
  [16]=>
  string(3) "353"
  [17]=>
  string(3) "459"
  [18]=>
  string(4) "1909"
  [19]=>
  string(4) "1910"
  [20]=>
  string(4) "1911"
}
string(17) "is__has_category "
bool(true)
string(13) "get_category "
object(WP_Term)#7832 (17) {
  ["term_id"]=>
  int(134)
  ["name"]=>
  string(15) "ビジネス書"
  ["slug"]=>
  string(8) "business"
  ["term_group"]=>
  int(0)
  ["term_taxonomy_id"]=>
  int(134)
  ["taxonomy"]=>
  string(8) "category"
  ["description"]=>
  string(695) "■おすすめ記事
ビジネス書おすすめ29選!20,30,40代は必読【読書好き16人に聞いた!】

『君たちはどう生きるか』あらすじと感想【現代の私たちに求められる生き方とは?】
『嫌われる勇気』あらすじと感想【今なお売れ続けるのは、そこに救いがあるから】"
  ["parent"]=>
  int(5)
  ["count"]=>
  int(40)
  ["filter"]=>
  string(3) "raw"
  ["term_order"]=>
  float(0.10003)
  ["cat_ID"]=>
  int(134)
  ["category_count"]=>
  int(40)
  ["category_description"]=>
  string(695) "■おすすめ記事
ビジネス書おすすめ29選!20,30,40代は必読【読書好き16人に聞いた!】

『君たちはどう生きるか』あらすじと感想【現代の私たちに求められる生き方とは?】
『嫌われる勇気』あらすじと感想【今なお売れ続けるのは、そこに救いがあるから】"
  ["cat_name"]=>
  string(15) "ビジネス書"
  ["category_nicename"]=>
  string(8) "business"
  ["category_parent"]=>
  int(5)
}
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(12) "is__mcbride "
array(1) {
  [0]=>
  string(650) "{"top":"7500","path":"2022\/04\/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg","href":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook\/dp\/B09VHB9LBF\/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1","categories":"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911"}"
}
string(13) "is__url_path "
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(13) "is__url_path "
bool(true)
bool(false)
bool(true)
string(12) "is__toppage "
array(1) {
  [0]=>
  string(650) "{"top":"7500","path":"2022\/04\/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg","href":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook\/dp\/B09VHB9LBF\/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1","categories":"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911"}"
}
bool(true)

『ユダヤ人大富豪の教え』あらすじと感想【泣けるビジネス書の定番】

『ユダヤ人大富豪の教え』あらすじと感想【泣けるビジネス書の定番】

お金持ちの人はみんな幸せだと思いますか?

幸せの定義は人それぞれあると思いますが、お金があれば幸せとは限りませんよね。

もちろんお金はないよりあった方がいいに決まってます。

でも、どうせなら幸せなお金持ちになりたいものです。

大好きなことをやる

「好きなことで生きていく」なんてフレーズが最近よく使われますが、本書でも幸せなお金持ちになるために「好きなことをやる」ということを推奨しています。

以下、本書での説明です。

好きなことをやってお金になる ー これは最高の人生

好きなことをやってお金がない ー 好きなことをやれているので結構幸せ

嫌いなことをやってお金がある ー お金があるけど嫌いなことをやっているので、少し不幸(人により、まあまあと思う人もいるので△)

嫌いなことをやってお金がない ー これは最低の人生

このように好きなことでお金がある状態が最高の人生であると本書では定義しています。

みんながそんな最高の人生歩めたら楽しい世の中になりそうですよね。

ところで、最近では自分の好きなことがわからないという人も多いのではないかと思います。

実は本書では好きなことを探す上でのポイントと注意点も述べています。

特に注意点として「自分探しの旅」をやっちゃうタイプは気をつけたほうがいいと言っています。

具体的な説明をしちゃうと完全にネタバレになってしまうので割愛しますね笑

ぜひ読んでみてください笑

ビジネス書なのに小説テイスト!?

さて、本書では幸せな金持ちになる17の秘訣が書かれておりますが、その一つ「大好きなことをやる」ということについてお話させて頂きました。

その他、目から鱗の16個の秘訣が書かれているのですが、実はこの本のすごいところは秘訣がたくさん書かれていることではないんです!!

この本のすごいところは、ビジネス書なのに小説テイストで書かれているところなんです!!!

なので、ビジネス本を読むのが初めてという人でもすごく入りやすいです!

また、Amazonのレビューや本の帯などにも書かれていますが、人によっては「泣ける」本なのです。

凄くないですか!?ビジネス書で泣けるんですよ!?

なかなかないですよね。

ちなみに、僕は泣いてません笑

学生のうちに読んでおくといい本

さて、小説テイストでとても読みやすい本書なので、内容も全世代の方が読める内容となっております。

でも、できるなら学生のうちに読んでおくといいでしょう。

今は小学生のYoutuberがお父さんよりも稼いでいることもある時代です。

学生のうちに幸せなお金持ちになる秘訣を知っておくことで、考えの幅も広がり、進路やキャリアの選択肢も広がるのではないかなと感じます。

実際に、僕も知人の中学三年生にオススメしたことがあるのですが、とても感銘を受けているようでした。

もちろん社会人の方でも読んでおくのはいいと思います。

でも、社会人の方は経験が増えるにつれて、どうしても柔軟性が劣ってしまう傾向がありますので、白紙の状態で読んでみることをオススメします。先ずは全部を信じてみましょう笑

これは本書だけに関わらず、ビジネス書とは実践して初めて意味があるというものなので、先ずは素直に信じて吸収してから実際に試してみて、本当に効果があれば続ければいいんですよね。

先ずは実践してみましょ。否定はそれからにしましょう。これがビジネス書を読む上での心構えです。

特に学生は試す時間が豊富だと思うので、本書の内容をどんどん試してみるといいかと思います。

主題歌:浜田雅功 槇原敬之/チキンライス

最後に、この本に曲をつけるとしたら、

浜田雅功さん & 槇原敬之さんの『チキンライス』がピッタリだと感じます。

この歌はダウンタウンの浜田さんがメインで歌っておりますが、実は作詞をしたのは相方の松本人志さん。

松本さんは幼少の頃、とても貧乏でした。

実際に曲の中でも、親に気を遣ってクリスマスなのに七面鳥ではなくチキンライスを頼むというリアルで切ない様子が歌われています。

その切ない歌を浜田さんの優しい声で歌う様子は、まさにビジネス書なのに小説テイストで泣ける本書にピッタリ!

(浜田さんはテレビでは怖いキャラクターですが、実際には礼儀正しくとても優しい人と言われてますから、同じような衝撃的なギャップがありますね。)

とても読みやすく、人によっては感動するビジネス書なので、初めてビジネス書を読むという方はぜひ本書を読んでみてくださいね!

この記事を読んだあなたにおすすめ!

ビジネス書おすすめ45選サムネイルビジネス書おすすめ45選!20,30,40代は必読【読書好き16人に聞いた!】 『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』あらすじと感想【論理的思考から「直感と感性」で戦う時代に!】『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』あらすじと感想【論理的思考から「直感と感性」で戦う時代に!】

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。