【ヒロアカ】轟焦凍は超かっこいい半冷半燃の使い手!荼毘との関係や名言も紹介

轟焦凍 サムネイル

堀越耕平の人気作『僕のヒーローアカデミア』は、轟焦凍(とどろき しょうと)なしでは語れない。

クールであまり感情を表に出さない彼だが、内面には秘められた強い情熱と憎悪があった。

今回は、「キャラクター人気投票」で常にトップ3入りする轟焦凍の壮絶な過去や最強の能力に迫っていく!

ヒーロー界で唯一無二の天才、轟焦凍の個性「半冷半燃」を紹介

ヒーロー名 ショート
年齢 15歳
誕生日 1月11日
身長 176cm
血液型 O型
出身校 凝山(こるさん)中学校
出身地 静岡県あたり

轟焦凍は主人公デクと共に雄英高校1-A組に所属している。

オッドアイで、右が銀髪、左が赤髪の非対称な容姿をしており、誰もが一目惚れしてしまうほどのイケメンだ!

性格はクールで大人しく普段の振る舞いも不愛想だが、「人を助けたい」という想いが強く、誰よりも友達を気遣う。

不器用でお茶目な部分もあり、そのギャップに心を射抜かれてしまう読者も少なくない。

クラスに2人だけの推薦入学者でもあり成績も優秀、非の打ち所がない。

 

焦凍の個性は右で氷を扱い、左で炎を操る「半冷半燃」。

父の「炎」の個性と母の「氷」の個性の間に生まれ、最強の個性を受け継いだ。

その威力は凄まじくどんなプロヒーローの能力にも劣らない。

ビルを一棟丸ごと凍らせてしまったり、ドームを超える高さの氷を瞬時に生み出したりするほどだ。

「炎」と「氷」の双方を扱うがゆえに体温のコントロールが難しく、体を壊す可能性がある。

カギとなるのは、双方の使い分けだ。

しかし焦凍には、「炎」の力を使いたくないある理由があった。

轟焦凍とNo.2ヒーロー・エンデヴァー関係とは?壮絶なトラウマとはいかに

事件解決数が最も多い、最強のNo.2ヒーロー・エンデヴァー。

実は、焦凍とエンデヴァーは親子関係で結ばれている。

エンデヴァーはかつて、どうあがいてもNo.1ヒーロー・オールマイトには勝てないと悟った。

しかし、エンデヴァーは諦めない。

子どもに最強の遺伝子を組み込み、オールマイトを超える存在を生み出そうとしたのだ。

「氷」の個性を目的に、冷(れい)に近づいて結婚する。

双方の遺伝子を持つ子どもは中々生まれなかったが、ついに4人目で焦凍が誕生。

エンデヴァーは喜びのあまり、焦凍に虐待レベルのスパルタ教育を行う。

すべては、オールマイトを超えるヒーローにさせるため。

焦凍に対して情熱を注ぐあまり、妻にDVを加えたり、他の兄弟を残虐に扱ったりした。

冷は、エンデヴァーに憎悪を感じるあまり、焦凍の左側に「炎」の個性が現れると、熱湯を浴びせ火傷を負わせてしまう。

エンデヴァーが、妻を精神の病だと見くびり入院させると、轟家は、破滅の道へと進んでいくことになる。

焦凍は「父親のせいで家族が崩壊した」と、エンデヴァーを強く憎む。

だから焦凍は、「炎」を使わないことで、父親を否定したかったのだ。

エンデヴァー サムネイル【ヒロアカ】エンデヴァーは焦凍の父親で現No.1ヒーロー!荼毘との関係は?

轟焦凍が自分の人生に向き合う転機となった主人公デクとの一騎打ち

ヒロアカ5巻

出典:amazon.co.jp

雄英に入学してもなお「炎」を封印し、自分の本当の気持ちを隠していた焦凍。

しかし体育祭でデクと1対1の本気の対決をしたことが、彼の人生を変える転機となった。

焦凍は、「炎」の力を持つ左手を使わずに、父を超えるという固い決意があった。

デクとの戦いでも左手を一切使わずに、右手の「氷」の力だけで戦っていた。

焦凍はデクに「氷」だけの攻撃で、畳みかけていった。

デクは自損覚悟の「ワンフォーオール」で退けるが、どんどん体がボロボロになっていく。

力に歴然とした差があるにも拘わらず、デクは左手を使わない焦凍に「全力でかかってこい!」と挑発した。

しかし、焦凍には響かず、父の力を否定することにこだわる。

ついにデクは体が崩壊しそうになるが、本気で戦わない焦凍に怒りをあらわにする。

君の力じゃないか!

「どんな過去があろうと、自分の力で本気で戦え」という熱いメッセージを受けた焦凍は、かつて母に言われた「なりたい自分になっていい」という言葉を思い出す。

デクと母の言葉でとうとう焦凍は左手を解放し、デクに完全勝利するのであった。

その回は「轟焦凍:オリジン」と評され、以降、自分の人生や家族に向き合うきっかけとなった。

ヒロアカ デク サムネイル【ヒロアカ】緑谷出久(デク)を徹底解説!名言や最新の活躍まで網羅

ついに明らかになった轟家の劣悪な過去とは?荼毘(だび)との関係に迫る!

ヴィラン連合の一人で、強力な「炎」の個性を持つ荼毘(だび)。

以前から彼は焦凍と顔が似ていたり、轟家の人間を本名で呼んだりと、何か関係があるのではと噂されていた。

そして単行本30巻第290話で、ついにその伏線が回収された。

ヒーロー総出で挑んだヴィラン連合との戦いで、No.1ヒーローに繰り上がったエンデヴァーは覚悟を持って戦うが、想像を遥かに超える強さに破滅寸前になってしまう……。

ボロボロになったエンデヴァーと焦凍の前に現れたのは、荼毘だった。

「荼毘!!!」と叫ぶエンデヴァーに彼は言う。

酷えなア、そんな名前で呼ばないでよ……、燈矢って立派な名前があるんだから

なんと荼毘は、死んだはずの轟家の長男・燈矢(とうや)だったのである。

燈矢は全国ネットに映像を流し、轟家の衝撃的な過去を晒していく。

エンデヴァーがオールマイトを超える子どもをつくるために、無理やり妻を娶ったことや、焦凍以外の兄弟を「失敗作」として教育を放棄したことが、全国民に知られてしまう。

さらには、エンデヴァーが使用していた山の特訓場で起きた火事で、燈矢が死んだと決めつけ、探しもしなかったことまで暴露された。

燈矢は実際には生きており、自分を見捨てたエンデヴァーに復讐するために、この機会をずっと待っていたのだった。

この事実を知った国民は、轟家やエンデヴァーだけでなく全プロヒーローに対して失望する。

社会が混乱し、燈矢の復讐が上手くいってしまったのだ……。

兄の死を見捨てた轟家が最後に見せた希望の絆とは?

プロヒーローが次々に引退を表明し社会の平和が壊されていく中、焦凍は目を覚ます。

エンデヴァーの病室に向かうと、なんとそこには轟家が集まっていた。

轟家の全員が、過去や燈矢のことを思い出す。

エンデヴァーは燈矢を殺してしまったことを誤魔化すように、焦凍へのスパルタ教育を強めていった。

冷はエスカレートしていく父親を憎むあまり、子どもたちにまでその面影を見るようになってしまい精神が崩壊してしまった。

すべての原因は父親にあるが、冷はエンデヴァーに言う。

あなたは荼毘と戦うしかない

冷は、焦凍が雄英で人として成長し、轟家を繋ぎとめてくれたことを無駄にしたくなかった。

泣き崩れるエンデヴァーに、焦凍は語りかける。

泣き終わったら立てよ、皆で燈矢兄を止めに行こう

焦凍は轟家のヒーローとなり、家族に希望の絆を与えたのだ。

孤独ではなくなったエンデヴァーと焦凍は、果たして荼毘を止められるだろうか。

絆の物語、最終章が今始まる。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。