【ヒロアカ】速すぎる男ホークスの個性は「剛翼」!壮絶な過去や裏切り者説など徹底解説

ホークス サムネイル

週刊少年ジャンプで連載され、老若男女問わず多くの方から愛されている大人気漫画『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』。

そんなヒロアカで、10代でビルボードチャートトップ10入りしたヒーロー・ホークス。

実は両親から虐待を受けるなど、過酷な幼少期を過ごしていました。

この記事では、そんなホークスのプロフィールから壮絶な過去、有能さがあらわれる名言などを余すことなくご紹介します。

ヒーロー界の”速すぎる男”ホークスの魅力とは?

ヒーロー名 ホークス
名前 鷹見啓悟
誕生日 12月28日
身長 172cm
血液型 B型
年齢 22歳
出身地 福岡県
好物 鶏肉

本名は鷹見啓悟(たかみ けいご)で、ヒーロー名はホークスです。

18歳でプロヒーローとなり、ホークス事務所を自ら立ち上げ、ビルボードチャートでトップ10入りを果たしました。

そのことから「速すぎる男」という異名を持っています。

原作では第184話(単行本20巻)、アニメでは第87話にはじめて登場しました。

背中にある大きな翼で攻撃!

自由に操れる背中から生えている大きな翼は柔らかそうに見えますが、実は硬いので武器として活用されています。

弾丸のようにもなるので、的に向かって攻撃することも可能です。

ホークスが喋っているのは博多弁?

ホークスの出身地は、福岡県だと公式から発表されています。

そのため、ホークスの喋り方と出身地から考えると、ホークスは博多弁を喋ると言えるでしょう。

とにかくマイペースで自由なホークス

ホークスの性格はとにかくマイペースで自由です。

ヒーロービルボードチャートJPの一言コメントの際には

”節目”のこの日に俺より成果の出ていない人がなァにを安パイ切ってンですか!もっとヒーローらしいこと言って下さいよ

と観客が驚くようなことを発言していました。

ホークスは、誰とでもすぐに打ち解けられるという優れた一面もあります。

ヒーロー同士ではもちろんのこと、潜入している超常解放戦線の信者たちに声を掛けて打ち解けたシーンもあったので、気さくで人柄が良いことが分かるでしょう。

ホークスの個性は「剛翼」!多くのヒーローが羨ましがる唯一無二の力

ホークスの個性は「剛翼」です。

背中から生えている翼を使い、武器として活用したり、振動を感じ取り視界に入っていない場所の状況も読み取ることができます。

この個性はとても優れており、スピードやパワー、飛行能力、精密性などの能力を全て兼ね備えています。

この能力は多くのヒーローが羨ましがる能力なので、ホークスは唯一無二の存在と言えるでしょう。

しかし、ホークスの個性はやはり完璧なものとは言えません。

背中の羽が減りすぎてしまうと飛行能力が低下してしまったり、パワーが特別優れているわけではないので圧倒的なパワーを持つ相手との戦闘を苦手とします。

ホークスの必殺技とは?

現時点で、作中では披露されていません。

しかし、風見の羽・風切・大雨覆の3つが「僕のヒーローアカデミア 公式キャラクターブック2 Ultra Analysis」に記載されているので、これから披露される可能性は十分あるでしょう。

ホークスの個性は応用が効きやすいですが、あまりパワーはないので、強敵と戦うためではなくサポート系の個性と言えるでしょう。

そのため、力強い派手な必殺技がまだ登場していないのだと考えられます。今後に期待しましょう。

歩いているのが珍しい、ホークスの活躍を紹介!

「普通に歩いとうとか珍しか!」と地元の人に言われるほど、片手間に小さな事件を解決するホークス。

ここでは、そんなホークスの活躍についてご紹介します。

10代で事務所設立し、トップ10入り

ホークスは18歳でヒーローになりました。そして、ホークス事務所を設立し、職場体験・インターンとして常闇踏陰を直接指名しています。

それだけではなく、同じ年の下半期にはビルボードチャートJPでトップ10入りと史上初の記録を残しており、”速すぎる男”という異名も付いています。

22歳でビルボードチャートJP2位

ホークスが22歳の時には、上半期のビルボードチャートJPで3位、下半期では2位と偉業を成し遂げました。

下半期の1位は、ホークスが大きな影響を受けたエンデヴァーでした。そんな相手に対して「さァ お次どうぞ 支持率 俺以下 No.1」と少し煽りながら話をふりました。

ホークスの壮絶な過去とは?

ヒロアカ21巻

出典:amazon.co.jp

マイペースで自由な性格のホークスは昔から恵まれていたように思えますが、実は壮絶な過去を持っています。

ここでは、そんなホークスの壮絶な過去についてご紹介します。

両親から虐待を受けていた幼少期

幼少期のホークスの自宅はゴミが散らかっていました。

他にも、父親はお金欲しさに人を殺してしまう、母親はそんな父親をかばってしまうなど、両親は精神的な問題を抱えていました。

ホークスは掃除されない汚い部屋の中で父親から虐待を受け、母親も父親をかばってしまうので、誰も助けてはくれませんでした。

父親エンディングは窃盗犯

父親であるエンディングは、車を盗み逃げてエンデヴァーに捕まってしまったとホークスは母から言われました。

ホークスは、かつて母から貰ったエンデヴァーのフィギアを大事そうに抱えており、本当にヒーローが居るということを実感しました。

母親は「逃げなきゃ」と言いホークスと路上で生活することにしますが、ホークスは「ケーサツ行こ」と提案します。

公安にスカウトされ家族との縁を切る

何でもいいから、お金持ってきて
あの人の子でしょ、何のために産まれてきたの、何のためにその羽がついているの

と母親はホークスに言いました。

そこに公安の人がホークスと母親の前に現れ

この子には天賦の才能があります。ヒーローになるべき人間です。今後、ご家族ごとこちらで全面支援させていただきます

と言いました。

以前、ホークスは街で遭遇した交通事故を解決したことがあり、それを見かけた公安がホークスをスカウトしたそうです。

これに対して、母親は「ご家族‥?他にいるように見えますか‥?」と質問します。

ええ、ですから全面支援とは、鷹見との関わりを一切抹消し、新たな人生を歩んでいただくものでございます

と公安の人は答えました。

母親は了承し、こうしてホークスの安全性は確保されました。

家庭環境に恵まれていなかったホークスは、エンデヴァーのようになれるかを聞き、自分もヒーローになることを決意。

公安にスカウトされたことによって、子どもらしい生活は奪われ、ヒーローとしての振る舞いを強要されるなど結局つらい日々を過ごしていたのです。

エンデヴァー サムネイル【ヒロアカ】エンデヴァーは焦凍の父親で現No.1ヒーロー!荼毘との関係は?

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。