string(10) "is_single "
bool(true)
string(7) "is__mc "
string(684) "a:4:{s:3:"top";s:4:"7500";s:4:"path";s:45:"2022/04/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg";s:4:"href";s:463:"https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook/dp/B09VHB9LBF/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1";s:10:"categories";s:84:"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911";}"
string(15) "is__categories "
array(21) {
  [0]=>
  string(1) "5"
  [1]=>
  string(3) "133"
  [2]=>
  string(3) "473"
  [3]=>
  string(3) "483"
  [4]=>
  string(3) "482"
  [5]=>
  string(3) "882"
  [6]=>
  string(3) "481"
  [7]=>
  string(3) "510"
  [8]=>
  string(3) "518"
  [9]=>
  string(3) "480"
  [10]=>
  string(3) "135"
  [11]=>
  string(3) "134"
  [12]=>
  string(3) "144"
  [13]=>
  string(3) "191"
  [14]=>
  string(3) "484"
  [15]=>
  string(3) "162"
  [16]=>
  string(3) "353"
  [17]=>
  string(3) "459"
  [18]=>
  string(4) "1909"
  [19]=>
  string(4) "1910"
  [20]=>
  string(4) "1911"
}
string(17) "is__has_category "
bool(false)
string(13) "get_category "
object(WP_Term)#7830 (17) {
  ["term_id"]=>
  int(1110)
  ["name"]=>
  string(33) "僕のヒーローアカデミア"
  ["slug"]=>
  string(7) "heroaca"
  ["term_group"]=>
  int(0)
  ["term_taxonomy_id"]=>
  int(1110)
  ["taxonomy"]=>
  string(8) "category"
  ["description"]=>
  string(0) ""
  ["parent"]=>
  int(457)
  ["count"]=>
  int(12)
  ["filter"]=>
  string(3) "raw"
  ["term_order"]=>
  float(16.10008)
  ["cat_ID"]=>
  int(1110)
  ["category_count"]=>
  int(12)
  ["category_description"]=>
  string(0) ""
  ["cat_name"]=>
  string(33) "僕のヒーローアカデミア"
  ["category_nicename"]=>
  string(7) "heroaca"
  ["category_parent"]=>
  int(457)
}
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(12) "is__mcbride "
NULL
string(13) "is__url_path "
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(13) "is__url_path "
bool(true)
bool(true)
bool(true)
string(12) "is__toppage "
NULL
bool(false)

【ヒロアカ】轟焦凍は超かっこいい半冷半燃の使い手!荼毘との関係や名言も紹介

轟焦凍 サムネイル

プロヒーロー顔負けの威力を持つ、轟焦凍の必殺技4選!


焦凍は「半冷半燃」の個性を駆使し、次々に相手を倒していく。

プロヒーローも驚く最強の必殺技を紹介する!

穿天氷壁(がてんひょうへき)

目の前の標的を一瞬で氷化する技。

広範囲に氷を繰り広げ氷壁をつくるあまり、自身の視界を塞いでしまうほどだ。

雄英高校の体育祭でこの技を使い、ヒーローたちの度肝を抜いた。

膨冷熱波(ぼうれいねっぱ)

右手で氷結を生み出した後に、左で炎を爆発させることで冷えた空気が膨張し、熱爆風を起こす技。

焦凍が用いる技の中でも、一番の威力を持つ。

体育祭のデクとの戦いで使い、この技をきっかけに焦凍は、「炎」の個性を少しずつ解放していく。 

光焔万丈(こうえんばんじょう)

士傑高校ヒーロー科1年・夜嵐イナサの個性との合わせ技。

夜嵐に炎を調合することで、炎の竜巻を引き起こす。

仮免試験のときにこの技を使い、ギャングオルガを懲らしめた。 

赫灼熱拳(かくしゃくねっけん)

極限まで溜め込んだ炎を一点に集中させて生み出す技。

父であるエンデヴァーの奥義で、エンデヴァーは焦凍にこの技を覚えさせようとする。

難易度が高く、焦凍はこの技を繰り出すのに苦労している様子だ。

人の心を鷲づかみする轟焦凍のクールでかっこいい名言3選!

やめて欲しけりゃ立て!なりてぇもんちゃんと見ろ

「僕のヒーローアカデミア6巻53話」

ステインとの戦いで打ちのめされてしまうクラスメイトの飯田。

飯田はあくまでも自分の力で倒すことにこだわり、人の助けを拒否する。

焦凍は飯田を奮い立たせるため、この言葉を放った。

焦凍の人間としての成長が伺える名シーンだ。

ヒーローも泣くときゃ泣くだろ…多分

「僕のヒーローアカデミア15巻137話」

死穢八斎會編で、デクはナイトアイからオールマイトが近々ヴィランに殺されてしまうことを聞く。

また、拉致されていたエリを救えずにモヤモヤしていた。

落ち込むデクに、飯田をはじめ仲間は優しく声をかける。

デクは泣きそうになるが「ヒーローは泣かない」と自分に言い聞かせる。

その際焦凍はデクにこの言葉を投げかけた。

どこまでも優しい心の持ち主である。

親父…っ 見てるぞ!!!

「僕のヒーローアカデミア21巻190話」

オールマイトの引退で、No.1ヒーローに繰り上がったエンデヴァーはホークスと手を組んで脳無ハイエンドと戦った。

エンデヴァーは大苦戦しボロボロになってしまう。

しかしエンデヴァーは焦凍が過去と向き合って成長したように、自分も息子に誇れるようなヒーローになると決意。

その様子を見た焦凍は心の中でこう呟いた。

無事にハイエンドを倒したエンデヴァーは、焦凍のおかげで一歩本当のNo.1ヒーローに近づくのであった。

アニメ『ヒロアカ』で轟焦凍を担当する声優は梶裕貴

『僕のヒーローアカデミア』は現在、5シーズン目のアニメが放送されており、熱く盛り上がっている。

轟焦凍の声もキャラクターにぴったりで、アニメの面白さを引き立てている。

焦凍の声を担当しているのは、 イケメン声優梶裕貴(かじ ゆうき)さん!

『東京喰種』の霧嶋絢都役や『進撃の巨人』のエレン・イェーガー役を担当するなど、超実力派声優だ!

梶さんの迫力のある声に注目して、何倍もアニメを楽しもう!

【実写版キャスト予想】轟焦凍を演じるのはあの国民的俳優?

クールでイケメンでしかも超強い。

半冷半燃の個性を保有し、壮絶な過去を併せ持つ、「え、コイツもう主人公なんじゃね?」と思うほど魅力を詰め込んだキャラクター、轟焦凍。

そんな彼を実写化したら、一体誰がキャストを務めるのだろうか?

筆者の予想は『銀魂』の沖田総悟役や、『BLEACH』の石田雨竜役などを実写で演じた経験を持つ俳優の吉沢亮さんだ。

そう考えるに至った理由をいくつか紹介しよう。

  • 『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション』でゲスト声優で出演している(実はアニメ好き)
  • 仮面ライダーをやっていてアクションもできる
  • シンプルにクール&イケメンだから
  • 雑誌の企画でヒロアカのコスプレをして話題になっており、事実超似ていた

いかがだろうか。

ここまで条件が揃うと、もう轟を演じるなら吉沢亮さんしかいないのではないか?と感じてしまうだろう。

ネットでも同様の声が多く、この配役はぴったりのはずだ!

家族と結束していく轟焦凍の人として成長する姿から目が離せない!

今回は、轟焦凍の魅力を余すところなくご紹介した。

過去の壮絶なトラウマを乗り越え、家族や仲間とともにトップヒーローへと駆け上がっていく姿には惚れ惚れしてしまう。

物語の途中仮免に落ちてしまうなど、お茶目な彼の一面に注目しても面白い。

果たして彼は、残されたヒーローとしてヴィランの暴走を止められるだろうか。

今後の活躍から目が離せない!

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。