【ヒロアカ】エンデヴァーは焦凍の父親で現No.1ヒーロー!荼毘との関係は?

エンデヴァー サムネイル

常にNo.1ヒーローの座を追い求め、またヒロアカ屈指の親バカでもあるエンデヴァー。

本記事では、彼の魅力や家族関係、かっこいい名言などをたっぷりと解説していこう。

燃焼系ヒーロー・エンデヴァーの魅力とは?

ヒロアカ21巻

出典:amazon.co.jp

ヒーロー名 燃焼系ヒーロー《エンデヴァー》
名前 轟炎司
誕生日 8月8日
身長 195cm
体重 118kg
血液型 AB型
年齢 45歳
出身地 静岡県あたり
好物 葛餅

エンデヴァーの魅力は、トップヒーローオールマイトを本気で越えようと考えていたこと。

誰もが無理だと決めつけていたことへ挑戦する姿は、人生の教訓として考えさせられる。

では、そんな強い信念を持つ彼の魅力を詳しく紹介していこう。

オールマイト引退後、ヒーロー像を見せつけた

エンデヴァーは事件解決数が史上最多という華々しい経歴を持っているが、人気や名声ではNo.1ヒーローのオールマイトに敵わず二番手として君臨していた。

どんなに頑張っても、オールマイト以上の称賛をもらえなかったエンデヴァー。

しかし、神野の悪夢によってオールマイトが衰退し引退を決意したことで、彼は自動的にNo.1ヒーローへと繰り上げられることに。

いつもトップを狙いながら平和の象徴であるオールマイトの輝きに敗北し、No.2の座にいたエンデヴァーは、その事実を受け止めきれなかった。

真のヒーローとは何なのかを苦悩する中で、彼が辿り着いたのは「自分が考える平和の象徴」になるということである。

ヒーローとしての決意を新たにしてからは、ヴィラン・ハイエンドに襲撃された際も、国民が見守る中No.1ヒーローとしての実力、そして精神を見せつけた。

実は、オールマイトが引退してから犯罪件数が増え、「やはりエンデヴァーでは役目不足なのではないか」という声も相次いだ。

しかし、強敵ハイエンドにプルスウルトラの精神で立ち向かい勝利したエンデヴァーは、オールマイトとは異なる新たなヒーロー像を確かに描いたと言えるだろう。

少しずつ家族と向き合いはじめる

後ほどエンデヴァーと家族の関係について詳しくお話するが、とにかく家族間の仲は最悪だった。

エンデヴァーは「オールマイトをも超えるヒーローになる」という目標を、自分の子供たちに継がせようとしていたが、その強すぎる思いが家族を苦しめ、崩壊に繋がったのだ。

その過ちは、体育祭で自慢の息子・轟焦凍(とどろき しょうと)の成長を刮目してから、少しずつ自覚するようになる。

自分が今まで家族に対して行っていたことは果たして正解だったのか、ヒーローエンデヴァーではなく、1人の父親として考え始めるのだ。

彼の魅力は、誰も考えようとしなかったオールマイトを超えるヒーローになるという目標に向かって、ただひたすら走り続けたこと。

しかし、あまりの距離の遠さに疲れ果て、それでも諦めきれなかったからこそ自分の息子をNo.1ヒーローに育てようとした。

あまりにも不器用なエンデヴァーだが、過去の過ちをなかったことにせず、自分なりに家族へと向き合い償おうとしているところが非常に好感を持てるだろう。

エンデヴァーの強さは?地上最強クラスと言われる個性「ヘルフレイム」


地上最強クラスと称される個性を持ち、サイドキックや警察からの信頼も厚いエンデヴァー。

そんな彼の強さを個性や必殺技を元に見ていこう。

個性はヘルフレイム

エンデヴァーは、身体中から炎を出すことができる個性・ヘルフレイムの持ち主だ。

炎の出力は自由自在に調節でき、相手への攻撃はもちろん炎を噴射させて高速移動するなど、幅広く活用できる個性だろう。

近距離、遠距離攻撃のどちらにも対応している上に技の威力も強いが、高温の炎を出しすぎると身体に熱がこもり、身体機能が低下する弱点を持つ。

必殺技一覧

赫灼熱拳ジェットバーン(かくしゃくねっけん〜)

炎をまとわせた拳で、相手に打撃を与える技。

赫灼熱拳ヘルスパイダー(かくしゃくねっけん〜)

5本の指から高温の炎を糸状に噴射する技。

プロミネンスバーン

溜め込んだ炎を、身体を大の字にした瞬間に放つ技。

PLUS ULTRAプロミネンスバーン(プルスウルトラ〜)

相手を抱え込み、最大出力で噴射する炎をお相手に浴びさせる。

ちなみに技名となっている「PLUS ULTRA」は、エンデヴァーが嫌っていた、母校・雄英高校の校訓だ。

バニシングフィスト

高出力の炎に包んだ拳で、相手を殴る技。

死柄木弔(しがらき とむら)との戦いで繰り出した。

エンデヴァーは家族関係が最悪?個性婚と焦凍への執着

ヒロアカ5巻

出典:amazon.co.jp

エンデヴァーは、プロヒーローであると同時に、焦凍の父親でもある。

しかし、彼は焦凍を含めた家族とあまり良い関係ではないことを、皆さんもご存知だろう。

では、なぜ家族との仲が崩壊してしまったのか、エンデヴァーの家庭環境について話していこう。

野望を叶えるために個性婚を行う

エンデヴァーは、20歳の頃にはすでに数あるヒーローの中から、No.2の座に上り詰めていた。

まさに驚異的な速さでプロヒーローの頂点まで近づいた訳だが、そんな彼だからこそNo.1ヒーローオールマイトの偉大さや、決して超えられない壁を感じたのだ。

自分の力ではオールマイト以上のヒーローになるのは難しいと考えたエンデヴァーは、自身の子供へ野望を託すことに。

そのため、強力な個性を持つ子供を授かろうと、氷を操る個性の持ち主・轟冷(とどろき れい)へ強引に個性婚を申し込んだ。

エンデヴァーは、炎の個性を持つ自分と氷の個性を持つ冷の子供なら、きっとオールマイトをも超える強いヒーローになれると思っていた。

そして見事2人は結婚し、燈矢(とうや)、冬美(ふゆみ)、夏雄(なつお)、そして焦凍と4人の子供が生まれたのだ。

強い個性の子供を欲しいがために行う個性婚は、前時代的と言われておりあまり良い評価はされていなかった。

しかし、長い間No.1の座を追い求めていたエンデヴァーは、精神を疲弊していたこともあって、本気で子供たちに自分の野望を叶えさせようと考えていたのだ。

轟焦凍だけを特別視し、家庭崩壊

エンデヴァーの個性・ヘルフレイムは非常に強烈な威力だが、高温の炎を連続的に放つと身体に熱がこもって身体機能が低下する弱点を持つ。

そこで彼は、高温の炎を何度使用しても身体機能を低下させないよう、炎と氷の両方の個性を併せ持つ子供を作ろうと考えたのだ。

程なくして、まさに自身の思い描く個性・半冷半燃を持つ焦凍が誕生する。

エンデヴァーは彼を最高傑作と称し、虐待とも言えるべき指導で完璧なヒーローにしようと教育した。

一方、燈矢、冬美、夏雄は望む個性ではなかったため「失敗作」とし、焦凍には「あいつらは別世界の人間だ」と伝えて関わらせなかったのだ。

ある日、子供たちと夫・エンデヴァーとの間で板挟みになっていた冷は、焦凍に母親へ相談している姿を見られたことにうろたえ、また彼にエンデヴァーの面影を見たことから熱湯を浴びせてしまう。

そんな彼女をエンデヴァーは病院に隔離させ、さらにヒーローとさせるための教育を焦凍だけに行ったのだ。

このように度重なる仕打ちにより、エンデヴァーは子供達から憤りの対象として見られ、冷からは恐れられていた。

しかし、体育祭で成長した焦凍を見てから、彼は少しずつ犯した過去や家族と向き合いつつある。

もちろんエンデヴァーが行ったことは許されることではないが、それでも今後彼がどのような形で家族と接していくのかぜひ刮目してほしい。

轟焦凍 サムネイル【ヒロアカ】轟焦凍がかっこいい!壮絶な家庭で育った最強個性「半冷半燃」の使い手

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。