string(10) "is_single "
bool(true)
string(7) "is__mc "
string(684) "a:4:{s:3:"top";s:4:"7500";s:4:"path";s:45:"2022/04/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg";s:4:"href";s:463:"https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook/dp/B09VHB9LBF/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1";s:10:"categories";s:84:"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911";}"
string(15) "is__categories "
array(21) {
  [0]=>
  string(1) "5"
  [1]=>
  string(3) "133"
  [2]=>
  string(3) "473"
  [3]=>
  string(3) "483"
  [4]=>
  string(3) "482"
  [5]=>
  string(3) "882"
  [6]=>
  string(3) "481"
  [7]=>
  string(3) "510"
  [8]=>
  string(3) "518"
  [9]=>
  string(3) "480"
  [10]=>
  string(3) "135"
  [11]=>
  string(3) "134"
  [12]=>
  string(3) "144"
  [13]=>
  string(3) "191"
  [14]=>
  string(3) "484"
  [15]=>
  string(3) "162"
  [16]=>
  string(3) "353"
  [17]=>
  string(3) "459"
  [18]=>
  string(4) "1909"
  [19]=>
  string(4) "1910"
  [20]=>
  string(4) "1911"
}
string(17) "is__has_category "
bool(false)
string(13) "get_category "
object(WP_Term)#7831 (17) {
  ["term_id"]=>
  int(1110)
  ["name"]=>
  string(33) "僕のヒーローアカデミア"
  ["slug"]=>
  string(7) "heroaca"
  ["term_group"]=>
  int(0)
  ["term_taxonomy_id"]=>
  int(1110)
  ["taxonomy"]=>
  string(8) "category"
  ["description"]=>
  string(0) ""
  ["parent"]=>
  int(457)
  ["count"]=>
  int(12)
  ["filter"]=>
  string(3) "raw"
  ["term_order"]=>
  float(16.10008)
  ["cat_ID"]=>
  int(1110)
  ["category_count"]=>
  int(12)
  ["category_description"]=>
  string(0) ""
  ["cat_name"]=>
  string(33) "僕のヒーローアカデミア"
  ["category_nicename"]=>
  string(7) "heroaca"
  ["category_parent"]=>
  int(457)
}
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(12) "is__mcbride "
NULL
string(13) "is__url_path "
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(13) "is__url_path "
bool(true)
bool(false)
bool(true)
string(12) "is__toppage "
NULL
bool(true)

【ヒロアカ】イレイザーヘッド(相澤消太)は生徒を導くかっこいい合理主義者!黒霧との関係は?

イレイザーヘッドサムネイル

プロヒーローとして活躍しながら、雄英高校で教師を務める、相澤消太(あいざわ しょうた)ことイレイザーヘッド。

今回は、そんなイレイザーヘッドの魅力や黒霧との驚きの関係、足を切断した噂までたっぷり掘り下げていこう。

抹消ヒーロー・イレイザーヘッドの魅力とは?

ヒーロー名 抹消ヒーロー《イレイザー・ヘッド》
名前 相澤消太
誕生日 11月8日
身長 183cm
血液型 B型
年齢 30歳
担当 雄英高校ヒーロー科1年A組
出身校 東京
好きなもの

イレイザーヘッドは無駄なことを嫌うTHE合理主義者だが、実は生徒思いな優しさを持つ人物だ。

そんな彼の素顔に迫っていこう。

除籍指導数154回!?徹底的な合理主義

イレイザーヘッドを語るなら、個性テスト編での活躍は外せない。

憧れの雄英高校に入学し、夢いっぱいでワクワクする緑谷出久(みどりや いずく)達に、彼は「個性把握テストで最下位だった生徒は、除籍処分を行う」と告げた。

結局これはクラスのやる気を出させる合理的虚偽であり、一見厳しいと思える指導は彼なりの優しさだった。

見込みがない者はいつでも切り捨てます。半端に夢を追わせる事ほど残酷なものはない

プロヒーローだからこそ現場の厳しさを知っているイレイザーヘッドは、憧れだけで夢は叶えられないことを痛感しているのだ。

通算154回の除籍指導を行っており、一クラス全員を除籍したこともある彼だが、一方で見込みありと感じた者は除籍後、再び復籍させている。

プロヒーローを育てるという心意気があるからこそ、イレイザーヘッドは合理的に、そして時には厳しい目で生徒達を見守っているのだ。

厳しくも生徒想いな優しい先生

徹底的な合理主義と聞くと、つい厳格な教師を思い浮かべてしまうが、イレイザーヘッドはこれに当てはまらない。

もちろん、やる気がなかったり、ヒーロー像を履き違えている者には指導を行うが、普段は生徒の人となりを熟知している素敵な教師なのだ。

例えば、体育祭で爆豪勝己(ばくごう かつき)と麗日お茶子(うららか おちゃこ)が対戦した時のこと。

周囲からは、実力差があまりにもかけ離れていると思われていたからか、試合中に「遊ぶな」とヤジが飛んでいた。

しかし、イレイザーヘッドは

「今 遊んでるっつったのプロか?シラフで言ってんなら もう見る意味ねぇから帰れ」

と厳しい言葉を浴びせる。

彼は、お茶子を警戒しているからこそ手を抜けない、爆豪の意思を汲み取っていたのだ。

さらに、期末試験では生徒の心の変化を読み取り、轟焦凍(とどろき しょうと)と八百万百(やおよろず もも)に躍進のための気付きを与えた。

このように生徒の内面まで熟知しているイレイザーヘッドは、緊急事態でも生徒想いな行動をやってのける。

林間合宿でヴィランの襲撃にあった時、狙いは生徒であると感じたイレイザーヘッドは、後に問題になると分かっていながらも生徒達に個性使用許可を出し、自分の身を守るように伝えた。

全責任は自分が被るからと許可を出した彼は、まさに生徒想いな優しい教師だろう。

USJ襲撃事件での活躍!大勢のヴィランを蹴散らしたイレイザーヘッド

「ウソの災害や事故ルーム(USJ)」での実践授業にて、突如現れた死柄木弔(しがらき とむら)率いる大勢のヴィランたち。

あまりの数におののくところを、イレイザーヘッドは生徒たちのために自らその輪に飛び込んでいったのだ。

イレイザーヘッドの個性は大人数との戦闘に適していないが、そこはプロヒーローとあって、瞬く間にヴィランを一網打尽にしていく。

途中、脳無によって取り押さえられボロボロになるも、個性を使い死柄木によって蛙吹梅雨(あすい つゆ)が殺されるのを防いだ。

イレイザーヘッドが、両腕粉砕骨折、顔面骨折になりながらも生徒のために身を挺して戦ったおかげで、誰1人欠けることなく事なきを得たのである。

ヴィラン・黒霧はイレイザーヘッドの親友?驚きの関係を徹底解剖!

死柄木のお目付役である、ヴィラン・黒霧(くろぎり)。

人をワープさせる個性を持つ彼の正体は、実はイレイザーヘッドの親友、白雲朧(しらくも おぼろ)を改造した脳無だったのだ。

白雲は雄英高校に在籍していた頃、イレイザーヘッド、そしてプレゼントマイクと大の仲良しだった。

彼はインターンシップ時、事故で命を落としてしまったのだが、その後オールフォーワンによって改造されて特殊な脳無として復活した。

これを知ったイレイザーヘッド、プレゼントマイクは、黒霧の中に眠る白雲の記憶を拾い上げるため彼の元を訪れる。

黒霧に、「学生時代、中途半端だった自分を引っ張ってくれた」と語りかけるイレイザーヘッド。

さらに、「白雲のような、人を引っ張るヒーローに長く生きてほしいから今は教師をしている」とも語りかけるのだ。

学生時代、3人でヒーロー事務所を作ろうと話していた頃を思い出し、イレイザーヘッドは涙ながら黒霧に叫ぶ。

まだおまえがそこにいるなら なろうぜ…ヒーローに!3人で!

イレイザーヘッドの必死の語りに、黒霧は「病院」というキーワードを残し気を失った。

命を落としてもなお、3人の絆が深く繋がっていることがわかるシーンだろう。

イレイザーヘッドの強さは?ドライアイでも頼りになる個性「抹消」

無精髭にやる気のなさそうな目をしているイレイザーヘッドだが、その強さはピカイチだ。

一対一の戦闘はもちろん、大勢のヴィランをものともせずに圧倒するなど、自身の個性を活かしきった戦い方をしている。

そんなイレイザーヘッドの強さを個性や必殺技と共に考察していこう。

個性は抹消

イレイザーヘッドの個性・抹消は、相手の個性を消すことができる。

個性が発動されるのは相手を見ている間だけであり、瞬きをすることで解除されるのだ。

また、個性発動時には髪が逆立ち、目が真っ赤になるのも特徴だろう。

基本的に少数の相手を得意とするイレイザーヘッドは、攻撃型の個性ではないため奇襲を仕掛けて相手を捉えることが多いとか。

ただ、誰の個性が消されているのかを悟らせないようゴーグルで目を隠しているため、相手が大勢いても十分渡り合うことができる。

まさに、一芸だけでヒーローは務まらないとはこのことだろう。

弱点は、ドライアイのために個性を長時間使用できないこと。

瞬きをすると個性が解除されてしまうため、うまく戦うためにも目薬で目を労っている姿がよく見られる。

また、異形系の個性は消すことができないのも弱点だが、こちらも持ち前の機動力で適切にカバーしている。

必殺技一覧

操縛布(そうばくふ)を使った攻撃

操縛布とは、炭素繊維に特殊合金を編み込んだ布のこと。

イレイザーヘッドはこの布をグルグルと首に巻いており、攻撃はもちろんヴィランを捕縛するときなどにも使用している。

最近では、普通科から編入することになった心操人使(しんそう ひとし)に個別指導をしており、操縛布を使った戦い方を叩き込んでいるようだ。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。