本×音楽記事はこちら!

『すべて真夜中の恋人たち』川上未映子【こんなにも美しく綺麗な文章に出逢えてよかった】

 

こんにちは!ReaJoyライターのHIMAWARIです。

みなさんは”恋愛小説”というと、どういったストーリーを想像するでしょうか。

キュンとする青春の恋愛、大人の恋愛、失恋をして立ち直っていくようなストーリー、又は少しドロドロとした不倫のストーリー…

色々とありますが、”恋愛小説です”と一言では言い表せられないような

静かで、綺麗で。だけど人間臭さもあって…

今回はそんな恋愛小説、川上未映子さんの『すべて真夜中の恋人たち』を紹介いたします。

あらすじ

フリーランスの校閲者で人付き合いが苦手な入江冬子(34)は、友人もおらずひっそりと静かに生きていた。

唯一関わりがあるのは、大手出版社の社員である石川聖(34)だけであった。

そんなある日、カルチャーセンターで三束さん(58)と出逢う…

注意
以下、ネタバレ注意です。

すべて真夜中の恋人たちの感想(ネタバレ)

繋がり合ってゆく関係

この作品は、恋愛小説ではあるが、読んでいくうちに冬子と聖の友情が芽生えてくる様子も書かれている。

最初は、出版社の担当者とフリーランスの校閲者の関係にしかすぎなかったが、互いが真逆な性格だからこそ、

互いの長所に惹かれ徐々に打ち解けてゆく…

そして、メインである恋愛面。

冬子はアルコールに弱いが、アルコールを摂ると緊張がほどけ、愉快な気持ちになれるため、何か行動を起こす前や緊張してしまう場面の前には、酒を持ち歩きアルコールを摂る。

泥酔した状態の中で あることをきっかけに、カルチャーセンターで幾度と三束さんと会うことになる。

その後、泥酔までいかずともアルコール無くしては、三束さんと会うことができない冬子…

酔っていても、長い沈黙でも、支離滅裂な話でも、泣いていても、全てを三束さんは頷いて受け入れてくれ、

たくさんの話をしてくれるのだった。

やがて、少しずつ距離が縮まってゆき、三束さんから本やCDをもらうようになり、それらを何度も読んだり聴いたりしている冬子。

そして気が付くのだ。これは三束さんを意識していて、好きだということを…

ただ…その人のことが好きなだけなんだよ

朝や昼間のおおきな光のなかをゆくときは 今も世界のどこかにある真夜中を思い、

そこを過ごす人たちのことを思った。

ひとりきりの夜を、ひとりきりの真夜中を過ごす人たちのことを思った

友情や恋愛だけでなく、それらを通して冬子自体も大きく変わってゆくのである。

まとめ

真夜中は、なぜこんなにもきれいなんだろう

という文章から始まるこの作品。

読了後、”川上未映子さんの書く、文章や言葉は本当に美しくて綺麗だ…”と、ただただ思いました。

そして今、この作品に出逢い このような気持ちになれたことが本当に良かったとも。

というのも、私自身、どちらかというと 昔はこの作品に出てくる聖のような性格だったので、

もっと早くにこの作品と出逢っていたら、聖と同じように冬子に対し、苛ついてしまうような気がするのです。

恋愛や感情において、全てのことを白黒はっきりさせなくても良い、今すぐに答えを出さなくても良い。

自分の想いを言葉にして相手に伝えることの大切さ、言葉にしなくともそこに流れる空気だけで十分に伝わることがあること、言葉にせず心にしまっておくことの大切さ…

この世の中に人がたくさんいるように、考え方や感情も人の数だけあるということを、改めて教えられたような気がします。

内気で少し不器用な冬子が、聖や三束さんとの関わりを通じて、少しずつ少しずつ時間をかけながらでも

何かしらを得ていて、変わってゆく…

そこで、先ほども抜粋した”朝や昼間の~”という文章に私たち読者は出逢います。

きっとこの文章を読んだとき、長いこと傍で冬子を見てきているような気持ちになっていて

涙がこみ上げ、思わず”冬子さん…”と言ってしまいたくなると思います。

そして読了後、なぜこの作品のタイトルが『すべて真夜中の恋人たち』なのかを知った上で、

ぜひ最初の1ページを読み返し、装丁を見つめてみてください。

更にこの作品の美しさや優しさを感じられることと思います。

最後に…もう一度言わせてください…。

本当に綺麗な文章に包まれた恋愛小説です。私も冬子と一緒に思います。

ひとりきりの夜を、ひとりきりの真夜中を過ごす人たちのことをー。

主題歌:ショパン/子守唄

この作品にBGMを合わせるとしたら、迷うことなく ショパンの『子守唄』です。

この子守唄は、クラシックが好きな三束さんからCDをもらった冬子が、三束さんのことを想い

何度も何度も聴く曲です。

この曲もまた、まさにひとりきりの真夜中を過ごす人たちを、優しく包み眠りにつかせてくれる…そんな音色です。

実際にBGMとして聴きながら読んでみると、鳥肌が立ってしまうような…

そんな気持ちになりました。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

『ヘヴン』川上未映子【「いじめ」を越える究極の問い】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です