string(10) "is_single "
bool(true)
string(7) "is__mc "
string(684) "a:4:{s:3:"top";s:4:"7500";s:4:"path";s:45:"2022/04/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg";s:4:"href";s:463:"https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook/dp/B09VHB9LBF/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1";s:10:"categories";s:84:"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911";}"
string(15) "is__categories "
array(21) {
  [0]=>
  string(1) "5"
  [1]=>
  string(3) "133"
  [2]=>
  string(3) "473"
  [3]=>
  string(3) "483"
  [4]=>
  string(3) "482"
  [5]=>
  string(3) "882"
  [6]=>
  string(3) "481"
  [7]=>
  string(3) "510"
  [8]=>
  string(3) "518"
  [9]=>
  string(3) "480"
  [10]=>
  string(3) "135"
  [11]=>
  string(3) "134"
  [12]=>
  string(3) "144"
  [13]=>
  string(3) "191"
  [14]=>
  string(3) "484"
  [15]=>
  string(3) "162"
  [16]=>
  string(3) "353"
  [17]=>
  string(3) "459"
  [18]=>
  string(4) "1909"
  [19]=>
  string(4) "1910"
  [20]=>
  string(4) "1911"
}
string(17) "is__has_category "
bool(false)
string(13) "get_category "
object(WP_Term)#7835 (17) {
  ["term_id"]=>
  int(326)
  ["name"]=>
  string(21) "おすすめ本紹介"
  ["slug"]=>
  string(14) "book-recommend"
  ["term_group"]=>
  int(0)
  ["term_taxonomy_id"]=>
  int(326)
  ["taxonomy"]=>
  string(8) "category"
  ["description"]=>
  string(792) "■おすすめ記事
文庫本ジャンル別おすすめ22選!【絶対に面白い最強セレクト2021年最新版】
1番面白い!と思ったおすすめ本まとめ【読書好き40人に聞いた!】
【2021】間違いなく面白いおすすめ人気小説72選!読書好きが厳選
作家別おすすめ小説ランキング【読書好きのみんなに聞いた!】
"
  ["parent"]=>
  int(0)
  ["count"]=>
  int(52)
  ["filter"]=>
  string(3) "raw"
  ["term_order"]=>
  string(2) "13"
  ["cat_ID"]=>
  int(326)
  ["category_count"]=>
  int(52)
  ["category_description"]=>
  string(792) "■おすすめ記事
文庫本ジャンル別おすすめ22選!【絶対に面白い最強セレクト2021年最新版】
1番面白い!と思ったおすすめ本まとめ【読書好き40人に聞いた!】
【2021】間違いなく面白いおすすめ人気小説72選!読書好きが厳選
作家別おすすめ小説ランキング【読書好きのみんなに聞いた!】
"
  ["cat_name"]=>
  string(21) "おすすめ本紹介"
  ["category_nicename"]=>
  string(14) "book-recommend"
  ["category_parent"]=>
  int(0)
}
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(12) "is__mcbride "
NULL
string(13) "is__url_path "
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(13) "is__url_path "
bool(true)
bool(false)
bool(true)
string(12) "is__toppage "
NULL
bool(true)

【2022年】恋愛小説おすすめランキング40選!胸キュンから不倫ドロドロまで

学生時代の甘酸っぱい恋愛から、しっとりした大人の恋愛、はたまた日常ではまず味わえない刺激たっぷりの激しい恋まで。

作品によって様々な恋愛を疑似体験できて、胸を揺さぶってくれる「恋愛小説」。

今回は数々の小説を読んできたライター4人が、おすすめの40作品をジャンルに分けてご紹介します!

お気に入りの1冊を見つけてみてください。

定番の恋愛小説おすすめランキング4選

1位:『植物図鑑』有川浩

道端で拾ったイケメンは植物オタク?キュンキュン必至の同棲の始まり

ナギセ

#きゅん #同棲 #ミステリアス

予期していないタイミングでの出会い、徐々に育まれる恋心、大切にしたい相手だからこそ生まれるけじめ、それらが合わさった至上の恋愛小説だと思います。

この作品を読んだ後では、読む前に見ていたいつもの景色が変わって見えてくるのです。また、この作品のことを思い返す度、じんわりとあたたかい涙が流れ出てきます。

人は人の名前以外の肩書を知らなくても愛せるのだと教えてもらいました。

お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。咬みません。躾のできたよい子です―。思わず拾ってしまったイケメンは、家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタクだった。樹という名前しか知らされぬまま、週末ごとにご近所で「狩り」する風変わりな同居生活が始まった。とびきり美味しい(ちょっぴりほろ苦)“道草”恋愛小説。レシピ付き。
「BOOK」データベースより

『植物図鑑』あらすじと感想【バレンタイン特集!道草ときどき胸キュン】『植物図鑑』原作小説あらすじと感想【バレンタイン特集!道草ときどき胸キュン】

2位:『恋のゴンドラ』東野圭吾

ゲレンデを舞台にしたハラハラドキドキの傑作ラブストーリー

宇野あゆみ

#ゲレンデの恋 #短編集 #サプライズ

ゲレンデを舞台にした男女のストーリーが集まった短編集。

職業や環境の違うそれぞれの人間像が紡ぎ出す7つの短編が次第に繋がり、滑走路を勢いよく滑り出すスキージャンプのような衝撃的なラストが待っています。

「恋愛するということ」についてじっくり考えさせられるストーリで、読む時期によって自分はどの女性に当てはまるのだろうかと考えるのも楽しい、ベスト恋愛小説です。

都内で働く広太は、合コンで知り合った桃美とスノボ旅行へ。ところがゴンドラに同乗してきた女性グループの一人は、なんと同棲中の婚約者だった。ゴーグルとマスクで顔を隠し、果たして山頂までバレずに済むのか。やがて真冬のゲレンデを舞台に、幾人もの男女を巻き込み、衝撃の愛憎劇へと発展していく。文庫特別編「ニアミス」を収録。
「BOOK」データベースより

3位:『そのときは彼によろしく』市川拓司

3人の幼馴染の再会と恋愛模様。生きるうえで本当に大切なことは?

otaki

#純愛 #幼馴染 #再会 #ファンタジー #映画化

智史・花梨・佑司の3人の幼馴染の再会と恋愛模様を描いた物語です。

決して裕福とは言えない暮らしをしている智史ですが、不器用ながらも純粋に生きる姿に、気付いたら惹かれていました。

智史の発言や考え方から、恋愛だけでなく、生きていくうえで本当に大切なことを教えられた一冊です。

こんなにもやさしくてあたたかい物語は、ここでしか出会えないのではないでしょうか。

小さなアクアプラント・ショップを営むぼくの前に、ある夜、一人の美しい女性が現れる。店のドアに貼ってあったアルバイト募集のチラシを手にして―。採用を告げると彼女は言った。「私住むところがないの。ここに寝泊まりしてもいい?」出会うこと、好きになること、思いやること、思い続けること、そして、別れること…。ミリオンセラー『いま、会いにゆきます』の著者による、最高のロマンチック・ファンタジー。
「BOOK」データベースより

4位:『ホリー・ガーデン』江國香織

女同士の友情!親友のことでもがき苦しみ…

のんびりママ

#アラサー #不倫 #失恋 #片思い #幼なじみ

私にとっての恋愛小説は、江國香織さんの『ホリー・ガーデン』です!

主人公の果歩から全然相手にされていないのに、一途に慕い続ける中野君がこの小説の見どころと言えるでしょう。

一見何にも考えていないように見えるけど、実は果歩の心に土足で踏み入ることのないよう考え抜かれた行動や、その健気さに泣けてきます…。

最後は手に汗握る展開。香歩が中野君の大切さにようやく気付いたときには、「アッパレ!よくぞここまで頑張った!」と叫びたくなりました。

果歩と静枝は高校までずっと同じ女子校だった。ふと気づくといつも一緒だった。お互いを知りすぎてもいた。30歳目前のいまでも、二人の友情に変わりはない。傷が癒えない果歩の失恋に静枝は心を痛め、静枝の不倫に果歩はどこか釈然としない。まるで自分のことのように。果歩を無邪気に慕う中野くんも輪に加わり、二人の関係にも緩やかな変化が兆しはじめる…。心洗われる長編小説。
「BOOK」データベースより

大人の恋愛小説おすすめランキング4選

1位:『マチネの終わりに』平野啓一郎

たった3回会っただけなのに…40代の深くて切ない恋

otaki

#芸術 #美しい #切ない #映画化

ギタリストの蒔野と通信社に勤務する洋子が、たった3回会っただけなのにお互い惹かれあい、恋愛がスタートします。

たくさんの人生経験を積んできた大人同士の恋愛だからこそ、生じてしまうすれ違い。お互いが思いあっているのに上手くいかず、きゅーっと胸が締め付けられる場面がいくつもあります。

恋愛だけでなく、紛争やそれによるPTSDの問題など、さまざまなテーマが複雑に混ざりあった一冊です。

天才クラシックギタリスト・蒔野聡史と、国際ジャーナリスト・小峰洋子。四十代という“人生の暗い森”を前に出会った二人の切なすぎる恋の行方を軸に、芸術と生活、父と娘、グローバリズム、生と死などのテーマが重層的に描かれる。いつまでも作品世界に浸っていたいと思わずにはいられないロングセラー恋愛小説を文庫化!
「BOOK」データベースより

『マチネの終わりに』書影画像『マチネの終わりに』あらすじと感想【人の愚かさや醜さこそが、美しさだ】

2位:『私という運命について』白石一文

自分の人生と真剣に向き合いたくなる恋愛小説

のんびりママ

#アラサー #キャリア・ウーマン #結婚 #泣ける #プロポーズ

運命の人を見つけ、そしてそれに気づくのはなんて難しいことなのでしょうか?自分の人生について真剣に考えたくなる恋愛小説です。

恋愛小説であると同時に人間の弱さや醜さも描かれているので、途中つらくなってくる部分もありました。でも、これこそが人間という気もします。

最後は感動で涙が止まらなくなりました。今このときを真剣に生きることの大切さを教えてくれる作品です。

大手メーカーの営業部に総合職として勤務する冬木亜紀は、元恋人・佐藤康の結婚式の招待状に出欠の返事を出しかねていた。康との別離後、彼の母親から手紙をもらったことを思い出した亜紀は、2年の年月を経て、その手紙を読むことになり…。―女性にとって、恋愛、結婚、出産、家族、そして死とは?一人の女性の29歳から40歳までの“揺れる10年”を描き、運命の不可思議を鮮やかに映し出す、感動と圧巻の大傑作長編小説。
「BOOK」データベースより

3位:『孤独な夜のココア』田辺聖子

ゆったりと流れる大人の甘苦い恋愛12篇

宇野あゆみ

#大人の恋愛 #ほっこり #短編集

柔らかな言葉遣いで日常をそのまま切り取ったような描写が魅力の田辺聖子の短編集。

父の知り合いだったという笹原サンと碧の話「春つげ鳥」が筆者のおすすめ。倍近く年の離れた2人の会話は、親子のようであり、恋人のようであり、友達のようでもあります。

ゆったりと流れる大人の恋愛を覗いてみたい人に薦めたい一冊。

あなたとめぐり合うことができて、よかった。同じ時間を過ごすことができて、よかった。今ではすべてがもう夢のように思われるけれど…。心の奥にそっとしまわれた、甘苦い恋の記憶を、柔らかに描いた12篇。恋の温もりと儚さ、男の可愛げと女の優しさを、こまやかな言葉の網で掬いあげ、世代を超えて心に沁みわたる、田辺聖子の恋愛小説。そのエッセンスが詰まった、珠玉の作品集。
「BOOK」データベースより

4位:『それから』夏目漱石

美しい寂しさを感じる略奪愛!夏目漱石渾身の恋愛小説

ナギセ

#夫婦 #不倫 #略奪愛 #美しい

友人の妻に抱いてしまう特別な感情。心のどこかで思っていた相手が他の人のものになってもずっと心に引っかかる主人公の行動に最初は奇妙さを感じるかもしれません。

しかし、漱石が描く高等遊民には独特の愛着が湧いてしまうのです。言葉の紡ぎ方や情景の書き出し方がとても美しく、略奪愛とはいえドロドロさを出しません。

ハッピーエンドともバッドエンドとも捉えにくい作品ですが、終始美しい寂しさを感じる作品です。

恋人はいま親友の妻。再会、あなたならどうする――。
ラストは、衝撃/納得? 新鮮な問いを投げる、漱石渾身の恋愛小説。
『三四郎』に続く、漱石前期三部作の第二作。

激しい愛を感じる恋愛小説おすすめランキング4選

1位:『春琴抄』谷崎潤一郎

マゾヒズム極まれり。究極の愛の形がここにある

ナギセ

#盲目 #マゾヒズム #献身的

美しいがわがままな春琴とその弟子の佐助の物語。春琴の火傷を負った顔を見られたくない気持ち、そしてそんな気持ちを汲んで自ら失明した佐助。そこまでしなくても、と思う方もいるかと思いますが、筆者は底知れない愛を感じました。

相手の気持ちを考え、自分を犠牲にするというのは究極の愛なのかもしれません。そこには自分を犠牲にしたという感情は無いのでしょう。

マゾヒズムとしてだけではない激しい愛を感じる作品です。

九つの時に失明し、やがて琴曲の名手となった春琴。美しく、音楽に秀で、しかし高慢で我が侭な春琴に、世話係として丁稚奉公の佐助があてがわれた。どんなに折檻を受けても不気味なほど献身的に尽くす佐助は、やがて春琴と切っても切れない深い仲になっていく。そんなある日、春琴が顔に熱湯を浴びせられるという事件が起こる。火傷を負った女を前にして佐助は―。異常なまでの献身によって表現される、愛の倒錯の物語。マゾヒズムを究極まで美麗に描いた著者の代表作。
「BOOK」データベースより

2位:『きらきらひかる』江國香織

アル中の妻と同性愛者の夫はセックスレスで…夫には恋人も!?

のんびりママ

#アル中 #同性愛 #セックスレス #結婚 #銀のライオン

アル中の笑子、ゲイの睦月、睦月の恋人の紺くんの今にも壊れてしまいそうな三角関係。3人の不器用で誠実な生き方から目が離せなくなる1冊です。

相手を大切に思うあまりに不安になったり攻撃的になったりしてしまう笑子に、深い共感を覚えました。本当に江國香織さんは、人間の心の細かい機微を描くのがうまい方です。

中盤もどかしい思いでいっぱいになりますが、終わり方が傑作で、思わず笑みがこぼれます。

私たちは十日前に結婚した。しかし、私たちの結婚について説明するのは、おそろしくやっかいである―。笑子はアル中、睦月はホモで恋人あり。そんな二人は全てを許し合って結婚した、筈だったのだが…。セックスレスの奇妙な夫婦関係から浮かび上る誠実、友情、そして恋愛とは?傷つき傷つけられながらも、愛することを止められない全ての人々に贈る、純度100%の恋愛小説。
「BOOK」データベースより

3位:『オペラ座の怪人』ガストン・ルルー

愛する歌姫と幸せになれるのか?愛に飢えた怪人の虚しさが読者を襲う

ナギセ

#嫉妬 #欲望 #ロマンティック

映像化や舞台化もされている作品。怪人エリックのクリスティーヌへの想いはおぞましく、はたから見て愛とは呼べない感情です。

自分を愛してほしい、愛に飢えた怪人の悲しさや虚しさが読者に降りかかります。

物語終盤、ヒロイン・クリスティーヌの愛情が怪人の心をほぐしていく様子は感動的です。エリックのしたことは許されませんが、読後はエリックを包んであげたくなる、ロマンティックな作品に仕上がっています。

異形の怪人エリックは、愛する歌姫クリスティーヌに秘密の特訓を施して鮮烈なデビューをさせる一方、邪魔者には残忍な手を使うことも厭わない。とうとうクリスティーヌを誘拐し、追っ手を手玉にとったが…幾度も映像化・ミュージカル化されてきた傑作小説の真の「凄さ」を新訳で。
「BOOK」データベースより

4位:『サヨナライツカ』辻仁成

結婚を控えた好青年の前に謎の美女が現れて…

宇野あゆみ

#不倫 #大人の恋 #タイ

結婚を目前に控える豊は、タイのバンコクで妖艶な女性・沓子と出会います。ゴージャスなタイのホテルで営まれる2人の愛の物語が、映画のスクリーンで上映しているかのように情緒的に語られます。

期間限定の情熱的な恋を楽しんだ後は婚約者と結婚したものの、何十年経っても忘れられずにいましたが、ひょんなことから再会します。

昔の恋人が忘れられない人へ、「想い続ける道もある」ということを教えてくれる恋愛小説です。

「人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと愛したことを思い出すヒトとにわかれる。私はきっと愛したことを思い出す」。“好青年”とよばれる豊は結婚を控えるなか、謎の美女・沓子と出会う。そこから始まる激しくくるおしい性愛の日々。二人は別れを選択するが二十五年後の再会で…。愛に生きるすべての人に捧げる渾身の長編小説。
「BOOK」データベースより

倦怠期かも?と思う人におすすめの恋愛小説ランキング4選

1位:『世界の中心で、愛をさけぶ』片山恭一

最愛の人を失うことはこんなにも辛く寂しく…

のんびりママ

#白血病 #学生 #泣ける #ベストセラー #映画化

「セカチュー」と言われて有名になった作品なので説明するまでもないですが、若い学生同士のピュアな恋愛と白血病によってもたらされる永遠の別れが描かれた傑作です。

こんなにも若くして、こんなにも残酷な運命が待ち受けているなんて…。あまりに残酷な展開に涙が止まらなくなった人も多いのではないでしょうか?

愛する人と過ごす何気ないひと時の、かけがえのなさに気づかせてくれる物語です。

「ぼくにとってアキのいない世界はまったくの未知で、そんなものが存在するのかどうかさえわからないんだ」「大丈夫よ。わたしがいなくなっても世界はありつづけるわ」朔太郎とアキが出会ったのは、中学2年生の時。落ち葉の匂いのファーストキス、無人島でのふたりきりの一夜、そしてアキの発病、入院。日に日に弱っていくアキをただ見守るしかない朔太郎は、彼女の17歳の誕生日に、アキが修学旅行で行けなかったオーストラリアへ一緒に行こうと決意するが―。好きな人を失うことは、なぜ辛いのか。321万部空前のベストセラー、待望の文庫化。
「BOOK」データベースより

2位:『アジアンタムブルー』大崎善生

大切な人をもっと大切にしたくなる感動の一冊

のんびりママ

#死 #癌 #観葉植物 #泣ける #映画化

私にとっては何度読んでも絶対泣いてしまう本。片方が病気で死んでしまうストーリーは、ある意味恋愛小説の「定番」とも言えますが、そんなことは抜きにして感情移入してしまう作品です。

ただのお涙頂戴ではない、人間の心の深い部分までが描かれており、幸せとは何か、愛とは何かを考えさせてくれます。

大切な人をもっと大切にしたくなる感動の一冊です。

葉子を癌で失ってからというもの、僕はいつもデパートの屋上で空を見上げていた―。万引きを犯し、衆人の前で手酷く痛めつけられた中学の時の心の傷、高校の先輩女性との官能的な体験、不倫による心中で夫を亡くした女性との不思議な縁、ファンの心を癒すSMの女王…。主人公・山崎が巡りあった心優しき人々と、南仏ニースでの葉子との最後の日々。青春文学の名作『パイロットフィッシュ』につづく、慟哭の恋愛小説。
「BOOK」データベースより

3位:『狭き門』ジッド

アリサ&ジェローム、いとこ同士の宝物のような恋愛

ナギセ

#実らない恋 #両想い #信仰心 #自己犠牲

両想いなのについぞ結ばれなかった二人の物語。ヒロインのアリサは妹への遠慮や神の国への憧れから、主人公ジェロームの想いに応えません。

「いつまでもアリサとの事を忘れたくないと思ってる」そう話すジェロームに心を打たれます。アリサの自己犠牲については意見が分かれるでしょう。私は良くは思いませんでしたがアリサの気持ちを尊重したいとも思いました。

宝物のような恋愛をした二人に、切なさとトキメキをもらえます。

美しい従姉アリサに心惹かれるジェローム。二人が相思相愛であることは周りも認めていたが、当のアリサの態度は煮え切らない。そんなとき、アリサの妹ジュリエットから衝撃的な事実を聞かされる…。本当の「愛」とは何か、時代を超えて強烈に問いかけるフランス文学の名作。
「BOOK」データベースより

4位:『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』尾方真理子

悩める女性たちの救世主は路地裏のセレクトショップ!?

宇野あゆみ

#マンネリ #セレクトショップ #悩める女性

まるで読み手が試着室の鏡になったかのように、渋谷のセレクトショップに訪れる女性たちを生き生きと描いた短編集。

悩める女性たちを救うのは、洗練された服たちとスタイルのいいマネキンのような女性店員。スタイリッシュなバリキャリ店員を思い浮かべますが、人情味にあふれていて親近感がわくような人物であり、彼女も一人の女性。

マンネリを感じている人へのスパイスになりそうな一冊です。

年下に片思いする文系女子、不倫に悩む美容マニア、元彼の披露宴スピーチを頼まれる広告代理店OL…。恋愛下手な彼女たちが訪れるのは、路地裏のセレクトショップ。不思議な魅力のオーナーと一緒に自分を変える運命の一着を探すうちに、誰もが強がりや諦めを捨て素直な気持ちと向き合っていく。繊細な大人たちの心模様を丁寧に綴った恋物語。
「BOOK」データベースより

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。