『カラフル』森絵都 原作小説あらすじと感想【色彩にあふれたこの世界の「真実」】

『カラフル』森絵都 あらすじと感想【 色彩にあふれたこの世界の「真実」】

この本の評価
読みやすさ
(4.5)
面白さ
(4.0)
考えさせられる度
(3.5)
装丁の美しさ
(4.5)
色彩度
(5.0)
総合評価
(5.0)

あなたは、過去をやり直したいと思いますか?

過去の自分を、許すことができますか?

今回は、「生まれ変わり」「人生のやり直し」にスポットライトを当てた作品をご紹介します。

森絵都の「カラフル」は、そんな人生をリスタートしたいあなたへ贈る、不朽の名作ファンタジーです。

実写版とアニメ版で、それぞれ映画化もされています。

大人になって読み返すと、また印象が大きく違ってくるのもこの作品の特徴です。

共感が湧かなかったあの人に興味が湧いたり、あの人の心の中と自分の気持ちがシンクロしたりすることもあるかもしれません。

大人も子供も楽しめる、王道の一冊となっています。

こんな人におすすめ!

  • 家族の愛情を感じたい人
  • 鮮やかな色彩描写に触れたい人
  • 人生をリタイアしたいと思ったことがある人

あらすじ・内容紹介

前世で大きな過ちを犯した「」は、普通なら消えてしまう魂のうちのひとつでした。

プラプラと名乗る天使が、「抽選に当たりました!」と叫ぶまでは。

「僕」は服毒自殺をした少年「小林真」として、前世の記憶を取り戻すまで、彼の身体でホームステイを行うことになります。プラプラ曰く、「再挑戦」です。

記憶を取り戻した瞬間、ホームステイは終了し、「僕」の魂は、借りていた肉体を離れることとなっています。

ホームステイ先で出会った家族、友達の早乙女くん、片思いをしていた女の子、ひろか。

地味で目立たないクラスメイトの唱子。

彼らと関わり合い、少しずつ明かされる衝撃的な事実を知ることによって、「僕」は傷つき、戸惑い、成長してゆきます。

そして、ホームステイの期限が迫ったある日。

最後の最後に調べに行ったある場所で、彼は全ての事実を知ることになります。

彼がたどりついた「事実」とは、一体何なのでしょうか?

注意
以下、重要なネタバレを含みます!

カラフルの感想(ネタバレ)

登場人物紹介

◯真の家族

真の母は、非凡な真の才能見抜き期待をかけ、誇りに思っていました。

絵に対する並外れた才能を持った息子と自分を見比べた彼女は、「平凡な自分でも、なにか趣味を見つけたい!」という情熱一筋で、水墨画教室をはじめとする講座に、精を出すことになります。

しかし、飽き性である彼女は、どれも長続きしなかったのです。

そんなことを繰り返しながら、無情にも長い年月が過ぎてゆきました。

「自分に合った趣味はないのだ」と半ば諦めかけていた時、以前フラダンス教室で知り合った相沢さんから、「フラメンコを習わないか?」と声をかけられます。

それが全てのはじまりでした。

彼女はそこで出会ったフラメンコ教室の講師と、不倫の関係に陥ってしまったのです。

ここに引用したのは、そんな彼女の悔恨ともいえる手紙の一部です。

絵の才があるあなたという息子を持てたことは、私に少しばかりの自信を与えてくれました

息子のあなたが特別なのだから、母親の自分も何かがあるにちがいないと思えてきたのです。-p129

真の父親は、傍から見れば、どこにでもいる普通のサラリーマンにしか見えません。

彼もまた、自身の「出世」をきっかけに、彼の人生を狂わせる加担をします。

務めていた会社が悪徳商法に手を出し、社長とその関係者数人が逮捕された事件。

その事件に直接的には関わっていませんでしたが、上層部が総辞職したことによって、平社員だった自分が昇進したことで、浮かれてしまったのですね。

まじめに働く父親の姿を見ていた真は、少なからずショックを受けてしまいます。

「おまえの目にはただのつまらんサラリーマンに映るかもしれない。

毎日毎日、満員電車に揺られているだけの退屈な人間に見えるかもしれない。

しかし父さんの人生は父さんなりに、波乱万丈だ。

それでひとつだけ言えるのは、悪い事ってのはいつかは終わるってことだな。」

真の兄の満(みつる)は、非常に口が悪く、すぐに喧嘩になりますが、根っこは弟思いで、優しい兄です。

「物心ついたときならそばにいた、ぐずで、ぶさいくで、頭悪くて、いくじなしで、病的な内弁慶で、友達もできない、だから年中おれのあとばっかついてまわってた、世話の焼ける、目の離せない、十四年間、まったく目が離せなかった弟が、ある朝、なんてことのないふつうの朝に突然、ベッドの上で死にかけてた。

しかも自殺だ。

自分で死んだんだ。

どんな気分になるか考えてみろ!」

満が自分の医学部進学を決心したのは、真が一命をとりとめた直後であることを、「僕」は父親の話から知ります。

そんな彼が、「今年の医学部進学は諦める。代わりに、真を進学させてくれ」と頼んだことも耳にするのですね。

 

◯クラスメイト

真の片思いの相手であったひろか。

彼女の正体は、自分の欲しいもののためなら、おじさんと援助交際をすることもいとわない、無邪気で壊れた少女でした。

自分の体の価値なんて、おばさんになればなくなってしまう

だから、今すぐにでもお金が欲しい。

おじさんとセックスすれば、すぐにお金は入ってくるーー。

ドーナツをほおばったまま、あっけらかんと言い放つ彼女に、「僕」は打ちのめされてしまったのです。

「ときどきね、ひろかと話してると悲しくなるって言う人がいるの」

彼女は自分がやっていることがどれほど重いことなのか、対価がどれほどになるのかを全く理解していません

この先に彼女が行きつく先を思うと、言葉で言い表せないほどの落胆と、憐みで胸がいっぱいになってしまいそうです。

真の眼中にもなかった少女、唱子(「僕」曰く、「チビ女」です)。

別人のようになった真(「僕」)の姿を不振がり、なんとかして真実を暴こうと突っかかってきます。

彼女は「自分だけの世界を持っている」真に憧れて、美術部に入部したのですね。

そのせいか、彼女は真に対してかなり幻想を抱いていたようです。

「あたしの知ってる小林真くんは、いつも一番、深いところを見つめてた」

スニーカー事件のお見舞いにやってきた彼女に対して、「僕」は辛辣な言葉を吐き捨てます。

普通の男子となんら変わらない」欲望をむきだしにして、彼女の夢を渾身の力で破壊したのです。

「あんたには悪いけど、小林真はもともとふつうの男だったんだ。純粋でも透明でもない、ふつうの中学生。もちろんメルヘンの世界じゃなくて、ここ、あんたらとおなじこのめちゃくちゃな世界に生きていた。」

ショックを受けた彼女は、逃げ出してしまいます。

そんな彼女が、「僕」と「小林真」の記憶を思い起こすきっかけとなるのです。

真(厳密にいえば「僕」)が起こしたスニーカー事件がきっかけで、仲が良くなったのが早乙女くんです。

彼は真の成績と同じぐらいで、高校に合格するかどうか分からないという瀬戸際に立たされています。

なりゆきにより、いつしか二人は気の置けない友人になっていきました。

「僕」が早乙女くんに連れられて買った「靴底が一センチ高い」スニーカー。

店員のお兄さんは「そんな理由で買うのか」と笑いましたが、早乙女くんは決して笑わなかったのです。

彼は、ありのままの「僕」を認めてくれる、貴重な人物なのですね。

「そりゃそうだよな、あんな高いスニーカー、ひでえよな。おれ、集団でなんかやるやつらって大きらいだよ」

彼と同じ高校に入学したい。

「僕」はその一心で、勉強に励むようになるのです。

◯天界

瑠璃色の瞳を持つ美形の男天使、プラプラは、天界では非常に丁寧な性格ですが、いざ地上に降りると、むっつりした本性をむき出しにします。

営業用の天使の正装を嫌い、思ったことをそのまま言う姿こそが、彼の本心なのでしょう。

人間の職場関係にも通ずるような思考です。

「郷に入っては郷に従え、ってな。正直言って、下界でいかにも天使ってナリしてると、ときどき自分がばかみたいに思えてくるんだ。

いくら人間の目には映らないったってさ」

口は悪いプラプラですが、「僕」と一緒に花札をしたり、気まぐれにですが「僕」にアドバイスを与えたりする、憎めないキャラクターです。

そんなプラプラでも逆らえないのが、ボスです。

魂のホームステイの仕掛け人でもありますが、正体は謎に包まれています。

「数字にとくに意味はない。タイムリミットがあったほうがスリリングだから、なんとなく」

「そのスリルはだれが楽しむのかな」

「おれと、おれのボスが」

このセリフを聞いた限り、プラプラとボスは、似た性格を持っているような雰囲気がしますね。

次のページ

まとめ

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。