全国の読書会情報はコチラ

カリスマ書店員・新井見枝香「音楽」を語る【クリープハイプが好きです】

「自分のなかでは本と同じくらい好きなので音楽の話はしたい。音楽の方が好きなときもあります。」

新井さんに「音楽」についてきいてみた

本が好きな人の多くは音楽も愛している。Twitterで実施したアンケートによると「読書好きの89%が音楽も好き」という結果が出た。

読書エンターテインメントメディア「ReaJoy」の特徴は、その本に合う「主題歌つき書評記事」。音楽と本の架け橋になるようなイベント「本の主題歌を決める読書会 BGMeeting」も開催している。

そして書店員は著者と読者を繋げる架け橋である。本を置く、というコミュケーションを受けて本を買う、というコミュケーションで返す。書店員がいなければ本屋さんで本を買うことはできない。ありがとう、書店員さん。でも恥ずかしい本をレジに買うときはなるべく裏返してほしい。バーコードが読み取りやすいように(本当は恥ずかしいから)裏返したのに。
表紙をレジ台の上に置くのは私の立ち読みの時間が長すぎる罰か?

…と、新井さんのエッセイに倣って書いてみたものの、収集がつかなくなってしまった。脱線はけっこう難しい。しかもあのスピード感で。一歩間違えたら大事故である。新井さんの脱線の巧さに脱帽です。

今回は、3冊目となるエッセイ『この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ』の出版を記念して、カリスマ書店員の新井見枝香(あらい・みえか)さんに「音楽」について伺った。好きなアーティストの中でもクリープハイプについては太客倶楽部(ファンクラブの名称)に入っているほど。
はたして、クリープハイプという線路に沿って進むインタビューは逸れるのか、逸れないのか。

新井見枝香 東京都出身、1980年生まれ。アルバイトで書店に入社し、契約社員数年を経て、現在は正社員として文庫担当。文芸書担当が長く、作家を招いて自らが聞き手を務める「新井ナイト」など、開催したイベントは300回を超える。独自に設立した文学賞「新井賞」は、同時に発表される芥川賞・直木賞より売れることもある。2019年2月に 、3冊目となるエッセイ『この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ』が刊行された。

クリープハイプ 4人組ロックバンド。2012年4月メジャーデビュー。18年5月、日本武道館公演を開催。最新作『泣きたくなるほど嬉しい日々に』が好評発売中。
16年にはフロントマン尾崎世界観が小説『祐介』を発表。18年には千早茜との共作『犬も食わない』を発表。小説家としても活躍している。

尾崎さんがつくった言葉から思考が始まることは結構あるかもしれないです

- 今日はよろしくお願いします。
こちらこそよろしくお願い致します。

- 新井さんのエッセイ、読ませて頂きました。オチの伏線の回収が上手いなと感じるのですが、あれはあらかじめオチを決めて書いているのですか?
エッセイは思ったまま書いてますね。たまたま上手くいってるだけで。上手くいかないものはそのまま。でも書いたので満足はしています。

- エッセイを書く上で大事にしていることはなんでしょうか。
自分が楽しいことですね。読まれる前提じゃなくてあくまで趣味みたいな。

- それがこれだけ売れているのはどう思いますか?
謎ですね(笑)
なぜ売れているのかも分からないし、面白いのかもあんまり良く分からない。

- 音楽が好きな人は文章のリズムも良いという話を耳にしました。新井さんのエッセイはリズム感が良くて読んでいるうちに疾走感のようなものを感じます。普段はどういう音楽を聴かれるんですか?
ロックの曲が多いですね。ノリノリな曲が多い。昨日もLIVEに行ってましたし。

- それは誰のライブですか?
それは言わない(笑)好きすぎて誰かと共有したくないです。
絶対に分かり合えないから。LIVEの一体感を逃れた後に話すのは感動が薄れる感じがしますし。

- ということはLIVEに一人で行かれる。
そうですね。知り合いに会っても話しかけないでくださいって言います(笑)

- 基本的にエンターテインメントは一人で楽しむんですか?
そうですね。
最近だと庭園美術館で岡上淑子さんのフォトコラージュ展に行きました。友達に会わないタイミングを狙って(笑)

- そういえばクリープハイプが好きだと伺いました。
はい。好きですね。太客(クリープハイプのファンの通称)です。

- 好きになるきっかけは何だったんでしょうか。
編集者から勧められて、信頼している人だったので読みました。
そのときはクリープハイプってぼんやりとしか分からなかったのであまり気が進まなかったけど、読んだら凄い面白くて。
ただ日本のロックはビジュアル系しか聴かないので、作家としてファンになりました。でもその後、ライブに行く機会があって、アレッ?て思って『世界観』を買って。武道館も行きましたが前回観たときより、かっこよかった。そこからはわぁーってCDを買って、ジワジワとハマりました。


- 作家尾崎世界観としてはどう思いますか?
『祐介』はとにかく苦しくて、冷静には読めなかったです。つまり、好きな小説でした。『苦渋シリーズ』もいちいち面白くて。いわゆるミュージャンの日記物ってコアなファンだけが楽しめるものなんだけど、全然そんなことない。全く知らない人が読んだとしても面白いバンドマンだなって思うし。書評とか文庫の解説とかも独特で好きです。

- 尾崎さんから影響を受けて書いたのはありますか?
悔しい!その感情、書かれた!と思うときはあります。
でもクリープハイプ発端で書いたものもありますね。『バンド』です。
尾崎さんがつくった言葉から思考が始まることは結構あるかもしれないです。

- 文章の尾崎世界観と、歌詞の尾崎世界観のイメージってどんな感じですか?
うーん、文章だと近い感じがする。親近感が湧きます。
でもLIVEやCDだとドキッとする。ステージに立つと映える人だなと思います。読んでからLIVEに行くとギャップにやられて、ときめいてしまう。私はバンドをやっていたのでステージに立つ人への強い憧れとコンプレックスみたいなのがあって。そういう意味では悔しいですね。

- エッセイにもバンドの活動休止に寄せたものが書いてありました。
バンドの休止は、誰も何もできなくって。でも書くことなら出来たので。それがわりと救いになりました。
昔、本当に好きだったビジュアル系バンドが解散したのと同じライブハウスで、10年以上後に1度だけ復活LIVEをしたことがあって、生きていればそういうこともあるんだな、と。大の大人が5人とか集まって同じことをやるのはよっぽど大変なことなんだなと思いましたね。

- ご自身でバンドやってるときは大変でした?
大変でした。最初は簡単に思えるんだけど、人のテンションってそれぞれなので、それが合わないともどかしくって。こうやってバンドがダメになっていくんだなと思いました。やる気とかそういうのって、とくに音楽っていうのは全部出てしまうので。

- パートはなんだったんですか?
なんでも出来るんだけど、歌だけはできませんでしたね。だから誰かいないと出来なかった。

- 好きな楽器は?
楽器というよりも音楽が好き。音楽の学校に行っていたので、クラシックもできます。でも歌だけはびっくりするほど下手(笑)
音程はわかってるんだけどコントロールが効かないので一番最悪なパターンですね。カラオケとかも基本的にはいかないです。
学校でもこんなに歌だけがダメな人はなかなか居ないって言われました。だからボーカルを好きになるのは、ある種のコンプレックスからなのかもしれません。

LIVE中はたまにある。あ、私今いなくなったみたいな。だから行くんだと思います

- 新井さんは文章を書かれますが、新井さんは歌詞についてはどう考えてますか?
あんまり気にしてないですね。今好きなバンドは9割くらいはどうでも良くて、たまに凄くいい言葉が入ってくる独特な感じのバンドで。自分じゃ絶対つくらないだろう言葉は好きだけど、歌を聴いているときは歌詞は全く意識してないですね。
クリープハイプはすごく歌詞がいいので、そういう意味では歌詞を読んでちゃんと聴きたくなります。そういう感覚は久しぶりです。

- なかでも何が好きですか?
尾崎さんがいない歌詞がすごい好きです。主人公が女の人の歌詞とか。尾崎さんが語り部みたいになっていて、女のアタシとか言っているんだけど変じゃない。それが小説的で好きです。それを出来るアーティストってなかなか居ないと思います。

- クリープハイプのなかで思い入れのある曲はなんですか?
さっきと反対になってしまうんだけど、『バンド』。
自分のことばっかり大事にしちゃって、それが良くないのは分かっているけど、どうしても上手くやれない、もどかしさがすごく知っている状態というか。
〈消せるということはあるということ〉
あれ、すごい。音楽がないとあの感じは出せない。『バンド』を聴いてから歌詞を聴くようになりましたね。

- 新井さんのなかでクリープハイプと共通している部分や、分かると共感できる曲はありますか?
この前自分のラジオをやったときに、『身も蓋もない水槽』をかけました。ああいうわっーとした怒りは嫌いじゃないです。というか大好きです。怒ってるんだけど、怒って自分も俯瞰しているみたいな感じがリンクするかな。

- 怒りがわいてきたときはその瞬間に表現するんですか?
そうですね。一番嫌なことはその時にじゃなくて「あの時」っていうヤツ。どうしようもできないじゃんって思います。その瞬間に言って、言った後に忘れる。

- エッセイにも筆が乗るときは怒りが湧いてきた時と書かれてましたね。
怒りとか、気分が落ちたりとか感情がブレたときに筆が乗る感じがします。書いてると怒りがだんだん変質していく。自分に対する怒りが一番書けます。他人に対しての怒りは持続性が全くないです。
- たしかに新井さんは自分の感情を客観的に見てますよね。
わりとそう。離れている感じ。冷静に見てる自分は絶対に消えないですね。それが良いことか悪いことかは分からないけど。

- それはLIVEのときも?
うーん、LIVE中はたまにある。あ、私今いなくなったみたいな。だから行くんだと思います。凄くいいLIVEで尚且つ、いろんなものがマッチすると自分がいなくなる感じはある。けどなかなか難しいですね。
すごく良すぎる時って、今死にたいと思いますね。死にたいというシュッと消えたいみたいな。とにかく声が良いとそう思います。

- だとするとバンドは声から好きになっていくことが多いんですか?
そうですね。だいたい声からかな。

- どういう声が好きなんですかね?
うーん、心地よい。あとは基本的に音を外さない人が好きですね。
旋律に対して、下目にとってカッコよくみたいなのが苦手で、ぴったり合ってるラインにフワッとのせてほしい。それが意外とビジュアル系に多いんですよ。ピアノが出来たりとか合唱団をやってたりとか。クラシックと近いとこがあって、そういう素養があって入る人が多い。

町屋良平さんの『1R1分34秒』とクリープハイプの『泣き笑い』

- 僕たちはBGMeetingという本と音楽を合わせるイベントを開催しているのですが、新井さんは本と音楽を掛け合わせることについてどう思われますか?
面白いと思います。音楽だとその場で聴けるのが良いですよね。おすすめの本とか持ち寄るけど、結局、本をおすすめされてもその場で読めないから。
ああ、じゃあ家に帰って読みます、みたいな(笑)

3分とかだとみんなで聴ける。音楽って本当に知らないもの多い。自分だけで探そうとするとなかなか出てこないものもありますし。
これに合う曲は、とか思いついたら面白いよね。歌詞がリンクしたら最高だけど曲調とか手触りとかがマッチしても面白いですね。曲をつけることによってその小説が終わったあとの印象が変わるのも良い。暗い映画のエンドロールにあえてポップスをつけるような違和感を出しても面白いよね。
今はブラック企業で働いている人の物語を読んでいるんだけど、暗い曲だけじゃなくてFall Out Boyの『I Don’t Care』をつけるのも面白いかも。

- 新井さんが音楽と小説を掛け合わせるとするとなんですか?
読んでたときに聴いてたのもあるんですけど、町屋良平さんの『1R1分34秒』とクリープハイプの『泣き笑い』。
1Rは芥川賞、純文学なので読みにくそうに思われるんだけど非常にドライブ感があって、深い意味を考えなくても流れを追うだけでも楽しめるのが気持ちいいですね。『しき』もクリープハイプっぽい。町屋さんの小説は全体的にクリープハイプと合うと思いますね。

- 尾崎さんも町屋さんの帯にコメント書いてましたもんね。
町屋さんもクリープハイプがお好きだそうです。好きなものが似ているとなんか嬉しい。文芸誌でやってた町屋さんと尾崎さんの対談が凄くて。2人があまりに言葉が通じすぎちゃってたまに何を言ってるのか分からない。これは凄いぞ!って2回くらい読みましたね。

クリープハイプ好きなら町屋さんを読むと気持ちいいし、町屋さんが好きならクリープハイプを聴いても気持ちいい。気持ち良さの感じが似ていますね。
『しき』は高校生がダンスをする物語なんですけど、その感じとかもダンスの曲そのものじゃなくて、それを経験する高校生たちの流れるような物語。合いそうなのは『手と手』かな?『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』のアルバムそのものが合う感じもしますね。

- ”死ぬまで〜”だと好きな曲はなんですか?
『イノチミジカシコイセヨオトメ』がすごい好きですね。自分のテーマみたいな。物語でいうと、『ちひろさん』っていう漫画が合いそう。街のお弁当屋さんで働いている元風俗嬢の美人な女性の話。ちひろさんというより、ちひろさんが居た世界にこういう女の子が居たような気がする。

- このアルバムの『ABCDC』とこだまさんの『夫のちんぽが入らない』がマッチするなと感じました。
私もこだまさんとクリープハイプは合うなと思っていて。
ゴトウユキコさんが書いた『夫のちんぽが入らない』の漫画とクリープハイプがすごい合う。新たな価値が加わっていてとても良いコミカライズでした。漫画にすると、シーンの切り方がすごく良い。

- 自分の本に曲がつくってどういう気分なんですか?
すごい嬉しいと思う。とりあえず聴いてみることができるから良いですよね。

- 来月からは日比谷にあるHMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEで勤めると伺いました。長年働いてきた三省堂書店を辞めて、あえてHMVにしたのはどうしてなんでしょうか
とくに大きな意味はないです。誘われたので行くって感じで。とくに断る理由もなかったので。
イベントとかも音楽に絡めたことができたら良いと思います。書店でも何度か音楽の人が来たときに余興みたいな感じで演奏してもらったことがあって。でも設備がないんですよね。マイクの音質もあまりよくなくて。

- 音楽が好きで経験者の新井さんだからこその悩みだったんですね。これを期に新しい新井ナイトがみれたりするんでしょうか。

そうですね。まだまだ面白いことがやれると思ってます。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

『本屋の新井』新井見枝香【書店員が綴る、ゆるくも真面目な等身大のエッセイ集】 クリープハイプと読書 春に栞を挾んで

本と音楽が出会うマッチングサイト「Book Ground Music」はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です