【妻の事故死・息子の接し方が分からない】山田悠介『その時までサヨナラ』

前回、私の担当した記事
有川浩さんの『明日の子供たち』は児童養護施設のお話でした。

【施設の子供たち≠かわいそう】有川浩『明日の子供たち』(♫flumpool『Blue Apple & Red Banana』ONE OK ROCK『内秘心書』) 今回紹介する小説は、夫婦や親子のお話です。お子さんがいる方もいない方にも読んでもらいたい作品です。

MEMO
山田悠介さんといえば、「佐藤さんが多いので殺します。」の『リアル鬼ごっこ』でお馴染み。ホラー小説というイメージが強い作家さんかと思いますが、この作品は違います!感動作です。

妻の死

出版社で働き、売れっ子作家の編集担当をしている仕事人間の悟は、愛想をつかされ、妻(亜紀)と一人息子の裕太に家を出て行かれた。

離婚を覚悟していたある日、亜紀が電車の脱線事故に巻き込まれて亡くなったと連絡を受ける。亜紀と一緒に乗っていた裕太は助かり、親子2人での生活が待ち構えている。

息子の接し方が分からない

当然料理も家事も出来ないし、面倒も見たくない。子供は仕事の邪魔だ。義理の両親に預けてしまおうか。

そう思っていたところに、亜紀の元同僚(宮前春子)が突然転がり込み世話を焼き始める。裕太もなぜか彼女に懐く。

指輪

亜紀が家を出て行った日、ケースにしまって保管したはずの指輪が事故現場から見つかったと地元警察署から連絡を受ける。いつの間にか亜紀が持ち出していたらしい。

一体なんのために?

指輪を取りに行った悟は、亜紀が行こうとしていたと思われる場所を教えてもらい、そこへ向かう。そこで徐々に亜紀の気持ちや考えが見えてくる。

感想

最初は悟という人間にすごく嫌悪感を抱いた。
自分の子供なのに、なぜ向き合おうとしないんだ!と憤りさえ感じた。

悟は亜紀の死をきっかけに裕太と向き合うことができたけど、亜紀が大切な人だと気が付いたときに彼女はもうこの世にいない。

大切なもの(人)は失ってから気付くとは正にこのことであり、もっと早く(生きているとき)に気付いてほしかった。

自分が大切なもの(人)を失う前に気付くには、思いやり・感謝の気持ちを忘れずにいたい。

この小説に音楽をつけるなら・・・

flumpoolキズナキズ

歌詞の所々が亜紀と悟、悟と裕太のことを歌ってるように感じました。

例えば・・・

サヨナラは悲しいけど その痛みを
喜びと同じように分け合おうよ
どんな傷跡だって 二人で持ち寄れば
きっとそれが僕らの絆

亜紀(ママ)とのお別れは寂しくて悲しいけど
その辛さを2人で共有しよう
それが親子の絆

2人の今後への期待も込めて、このように捉えてみました。

著者紹介

山田 悠介やまだ ゆうすけ

1981年生まれ 東京出身
ホラー中心の作家で、中高生に人気がある。
『リアル鬼ごっこ』でデビュー(自費出版)

基本的に面白いか、面白くないかがすべてだそうで、作品にメッセージを託すことはあまりないそうです。

主な著作品
『@ベイビーメール』『あそこの席』
『親指探し』『ライヴ』『パズル』…

最後まで読んでいただき大変嬉しく思います。こちらもよろしくお願いいたします。

◯この他の『その時までサヨナラ』の主題歌はこちら

 

◯本の主題歌を決める読書会「BGMeeting」