『白い兎が逃げる』あらすじと感想【火村とアリスが挑む犯罪者との頭脳プレイ!】

有栖川作品の中でも不動の人気を誇る火村とアリスのコンビ!

今回は、ストーカー、テロリスト、不在証明、ダイイング・メッセージ……。

火村とアリスは今日も犯罪に呼ばれ、現場に赴く。

あらすじ・内容紹介

一人の女性を巡る犯罪をひったくり犯が目撃する『不在の証明』。

火村とアリスが懇意にしている刑事が巻き込まれたテロリストたちの殺人事件『地下室の処刑』。

二重に仕掛けられたダイイング・メッセージ『比類ない神々のような瞬間』。

ストーカーに悩む劇団の看板女優。しかしストーカーは兎小屋で殺害されているのが見つかる『白い兎が逃げる』。

火村とアリスが挑む4つの事件の短編集。

注意

以外、ネタバレ注意です

『白い兎が逃げる』の感想(ネタバレ)

女という生き物はいつの時代も男を狂わせる「不在の証明」

一人の女性を巡り、仲の悪い兄弟が火花を散らす……。

と言えば、どこか昼ドラのようなお話を想像するかもしれません。

でもここに犯罪が絡むと…、一気に血なまぐさくなります。

 

被害者は黒須克也。頭を殴打されて亡くなっていました。

容疑者は兄の黒須俊哉と言って、そこそこ名の知られた小説家。

彼らは二人で蓑田芳恵という女性を取り合っていました。

兄の俊哉に嫌疑がかかるも、彼には鉄壁のアリバイがある。

小豆島へ取材旅行に行っていたというのだ!

しかし、現場のビルから俊哉が出て来るところを現場のビルの前の工事現場に隠れていた、ひったくり犯が見ているのだ。

いったいどういうことなのか……。

 

あなたは有栖川作品、とりわけこの大人気の火村シリーズを読んだことが一度でもあるだろうか?

一読してみると分かるのですが、火村の推理はいたってスマート。

論理に論理を重ね、時にはベテラン刑事のように足で証拠を稼ぐことだってあります。

そこがこのシリーズの読みどころでもあるのです。

 

それ以上に私がこの作品に期待していることは……。

ズバリ、アリスの見当外れの推理、である。

今回もアリス自身が大好きな鉄道が関わっているので、熱を上げて推理します。

そして、その熱を上げた推理を一つずつ火村に論破されるシーンがなんといっても萌えポイントです。

そんな部分も含めて読むと、このシリーズをより楽しめると思います。

 

コホン。

話を戻しましょう。

 

結論から言うと、この事件の犯人は二人が取り合っていた女性・蓑田芳恵です。

推理も犯人も動機もミステリにおいては重要なことなのですが、私はこのお話をちがう風に受け止めました。

 

彼女は火村に自身の犯罪を暴かれると、言うのです。

私の煮えきらない態度がすべての原因だわ

そうなんです。

この犯罪の根源は、彼女がある意味二人の男性をもてあそんでいたことが一番の原因なのです。

彼女は兄の俊哉に気持ちが傾いていたという気持ちの自覚がありながら、それを被害者の克也には言えず、克也とも食事に行き……。

 

女という生き物はときに罪作りなことをしてしまうことがあります。

それに翻弄されてしまう男性が愚かなのか、しかし、男性を翻弄するのは女性の性(さが)なのか……。

私自身も女という生き物に生まれてしまったので、なんとも言えない気持ちでこのお話を読み終わりました。

誰が味方で、誰が敵!?「白い兎が逃げる」

劇団「ワープシアター」の看板女優の清水伶奈はストーカーに悩んでいた。

先輩の伊能真亜子に相談すると、劇団の脚本家・亀井名月(めいげつ)にも相談するようにと言われて、真亜子と一緒に相談することに。

すると亀井は、伶奈のボディーガードを買ってでる。

しかし、そのストーカーが小学校の兎小屋で殺害されているのが見つかるのです……。

 

伶奈の行動を監視しているストーカーを出し抜き、様々な計画を立てて行動する三人(伶奈、真亜子、亀井)。

亀井のボディーガードも功を奏して、ストーカー被害はいったん収まるのだが……!?

と、ここまで書くと「なーんだ、ただのストーカー殺人事件で、殺したのは被害に遭ってた伶奈でしょ?」と思うかもしれません。

 

ちょーっと待った!!

 

有栖川作品をなめてもらったら困ります。

このストーカー殺人事件(被害者はストーカー)は、一転、二転、三転、ぐるんぐるんと読者を振り回します。

どの人の行動も怪しい。

どの人の発言も怪しい。

これは「読者への挑戦状」が含まれたミステリではないので、読者にはすべての手がかりが提示されておらず、私たちが推理するのは不可能。

でもでも、ちょっと考えてみてください。

ストーカーをストーカーの被害者が殺すミステリって、ちょっと考えれば思い浮かびません?

 

そうです。

この事件の犯人も、動機も、予想外すぎて度肝を抜かれます。

 

犯人は亀井名月。

自分の欲望を果たすために犯した別の殺人事件を伶奈のストーカーに目撃され、殺します。

え?で?と思いました?

亀井が伶奈のストーカー被害に真剣に向き合った理由ってなんだと思います?

3、2、1、はい。

伊能真亜子です。

 

彼は真亜子に好意を寄せ、真亜子にいい顔を見せるためにストーカー被害に協力したのです。

とにかく動機が身勝手。

真亜子に近づけない欲望を満たすために行きずりの相手と行為に及び、殺害。

それを見られたストーカーを殺害。

 

しかし、徐々に踏み固められていく亀井の、あの、あきらめたような呟き。

───────逃げきれないのか。

事件は彼のこの印象的で、ある意味覚悟したような言葉で幕を閉じるのです。

彼が最後に見たのは、思いを寄せる真亜子の後ろにいた火村でした。

まとめ

私は有栖川作品、とりわけこの火村とアリスのコンビのシリーズが大好きなのですが、この短編集の中から私が抽出した二つのお話は女性と男性の関係が大きく関係していると思わせるお話ばかりでした。

痴情のもつれは醜いと言われますが、性別のちがう「性」が出会い、恋をすることは当たり前なことでもあるのです。

もちろん犯罪に手を染めてはいけませんが、しかし、ミステリ小説においては「恋愛」と「犯罪」はお互いに呼応しあう関係なんだな、と思いました。