string(10) "is_single "
bool(true)
string(7) "is__mc "
string(684) "a:4:{s:3:"top";s:4:"7500";s:4:"path";s:45:"2022/04/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg";s:4:"href";s:463:"https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook/dp/B09VHB9LBF/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1";s:10:"categories";s:84:"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911";}"
string(15) "is__categories "
array(21) {
  [0]=>
  string(1) "5"
  [1]=>
  string(3) "133"
  [2]=>
  string(3) "473"
  [3]=>
  string(3) "483"
  [4]=>
  string(3) "482"
  [5]=>
  string(3) "882"
  [6]=>
  string(3) "481"
  [7]=>
  string(3) "510"
  [8]=>
  string(3) "518"
  [9]=>
  string(3) "480"
  [10]=>
  string(3) "135"
  [11]=>
  string(3) "134"
  [12]=>
  string(3) "144"
  [13]=>
  string(3) "191"
  [14]=>
  string(3) "484"
  [15]=>
  string(3) "162"
  [16]=>
  string(3) "353"
  [17]=>
  string(3) "459"
  [18]=>
  string(4) "1909"
  [19]=>
  string(4) "1910"
  [20]=>
  string(4) "1911"
}
string(17) "is__has_category "
bool(false)
string(13) "get_category "
object(WP_Term)#7831 (17) {
  ["term_id"]=>
  int(1536)
  ["name"]=>
  string(21) "チェンソーマン"
  ["slug"]=>
  string(11) "chainsawman"
  ["term_group"]=>
  int(0)
  ["term_taxonomy_id"]=>
  int(1536)
  ["taxonomy"]=>
  string(8) "category"
  ["description"]=>
  string(0) ""
  ["parent"]=>
  int(457)
  ["count"]=>
  int(17)
  ["filter"]=>
  string(3) "raw"
  ["term_order"]=>
  float(16.10004)
  ["cat_ID"]=>
  int(1536)
  ["category_count"]=>
  int(17)
  ["category_description"]=>
  string(0) ""
  ["cat_name"]=>
  string(21) "チェンソーマン"
  ["category_nicename"]=>
  string(11) "chainsawman"
  ["category_parent"]=>
  int(457)
}
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(12) "is__mcbride "
NULL
string(13) "is__url_path "
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(13) "is__url_path "
bool(true)
bool(true)
bool(true)
string(12) "is__toppage "
NULL
bool(false)

【チェンソーマン】天使の悪魔は無気力でかわいいアキのバディ!死亡説の真相は?

天使の悪魔サムネイル

天使の悪魔は死亡した?両腕を失い、マキマに支配された結末は…

出典:amazon.co.jp

「大事な人を守りたい」と、意思を同じくするアキと天使の悪魔。

天使の悪魔は両腕を、アキは左手を失いながらも、未来の悪魔が見せた「最悪の未来」を回避する術がないか、マキマに相談しに行く。

しかし、それが彼らの運命を決めることになるとは、その時点で二人は知る由もなかった。

自らの過去を思いだし、マキマに一矢報いようとするも…

目の前でアキがマキマに支配される様を見た天使の悪魔。

彼はその瞬間、自分が目の前のアキ同様にマキマに支配・記憶の改竄をされていたことを思い出す。

激情にかられ、忌避していた自らの能力を使ってまでもマキマに歯向かうが、支配の悪魔である彼女には敵わず再度支配下に置かれてしまう。

ここから物語の最後まで、天使の悪魔の活躍はほとんどなく生死すらも不明のままだ。

彼はなぜ、このような悲劇に遭い続けてしまったのだろうか?

「力を持った者」への呪い

『チェンソーマン』のテーマの1つに「強い力を持った者は孤独になる」というものがある。

自身の能力で作った精巧な人形を「家族」と呼ぶサンタクロースや、自分と対等な存在が欲しいマキマ、誰かに抱きしめてもらいたかったチェンソーの悪魔などがその存在にあたるだろう。

天使の悪魔は彼らのような強い能力を持って生まれたにもかかわらず生まれ故郷の人々から愛され、信頼できるバディにも恵まれた。

だがその結末は愛した人たちの命を自らの手で奪い、互いに信頼し合ったバディを目の前で失うというものだった。

そこには力を持った存在として、逃れられない呪いがあったのだろう。

「デンジ&ポチタ」と「アキ&天使の悪魔」のコンビ

「人間を本能的に嫌う悪魔と、悪魔を恐れ憎む人間の共存」は主人公のデンジとチェンソーの悪魔・ポチタとの関係性にも似ている。

デンジがポチタに血を与え・抱きしめ家族になれたように、アキは天使の悪魔と共闘し相互理解を続けて真のバディになれた。

人間と悪魔には憎み殺し合うだけではなく、共に手を取っていける関係性にもなりうることを、天使の悪魔はその身で証明していったのだ。

チェンソーマン マキマ【チェンソーマン】黒幕マキマの正体や能力、伏線を徹底解剖!その目的とは?

悪魔の残酷さと天使の慈愛を持つ、天使の悪魔の名言4選

天使の悪魔は「悪魔と天使の両方の性質」を持つ、アンビバレントな性格をしている。

ここではそんな彼を端的に表した名言や、作品そのものの理解を促す示唆的な台詞を紹介していこう。

僕は天使である前に悪魔だよ?人間は苦しんで死ぬべきだと思ってる

「チェンソーマン5巻第41話」

「悪魔」とは何者なのかを端的に表した台詞。

天使の悪魔のこの台詞から『チェンソーマン』における悪魔の在り方や、人を襲う理由も見えてくる。

血の魔人・パワーも、人間を嫌う理由を「悪魔の本能みたいなモン」と語っており、天使である彼でもその悪魔の本能には逆らえないようだ。

僕の心は田舎にあるのさ

「チェンソーマン5巻第42話」

ここでいう「田舎」とはイソップ童話で出てくる「田舎のネズミ」が住む場所である。

だが同時に、天使の悪魔が生まれ育った「海沿いの村(田舎)」のことも指していることが後々の彼の台詞から分かる。

マキマに支配された結果、自分の能力でその田舎に住んでいた人たちを殺してしまった天使の悪魔。

さらに居心地の悪い都会で、公安に飼い殺しにされている彼の心境は推して知るべしであろう。

大丈夫…キミは天国へ行くんだから 血を貰うよごめんね…

「チェンソーマン6巻第49話」

死に行く女性の手に優しくキスを落として謝罪と慰めの言葉をかける、「天使」としての一面が分かる台詞だ。

また「悪魔」の自分はたとえ死んでも地獄に行くことが決まっている、という諦念感もどこか感じさせる。

この間チェンソー君のエンジンを吹かしたんだブウンってね…それと同じ音だったよ

「チェンソーマン7巻第53話」

『チェンソーマン』という作品の、根底のテーマを暗示している台詞。

この台詞により「チェンソーの悪魔」が地獄にいたころ、多くの悪魔と何らかの関わりを持っていたことが分かる。

天使の悪魔はたびたびストーリーの理解を深める発言をしており、読者が物語を考察・解釈する助けになることも多い。

シリーズ(~編)ごとの天使の悪魔の来歴を解説

公安襲撃編

天使の悪魔が初登場したのは「公安襲撃編」である。

労働に対する無気力さは登場時から描写されていたものの、早川アキを敵の銃撃から守り一応は彼の命令を聞くなど、バディとして最低限の関心は持っているそぶりを見せていた。

レゼ編

主人公・デンジがレゼと交流を深めていく中、また早川アキと天使の悪魔も少しずつその距離を縮めていく。

最初はお互いに馬が合わないと感じていた二人だったが、台風の悪魔の攻撃に巻き込まれた天使の悪魔を救うため、早川アキは自身の寿命が奪われると分かっていてなお彼の手を取り救った。

そんな彼の身を呈した行動は、天使の悪魔の心情も少しずつ変化させていく。

レゼを始末するためマキマに呼び出された天使の悪魔は、バディである早川アキの手を汚させないよう、あれほど嫌がっていた任務に一人で赴くのであった。

世界の刺客編

ドイツの刺客・サンタクロースに狙われたデンジたち公安一行は、デパートにてその攻撃を迎え入れる。

圧倒的な数に押され一時はピンチに陥るも、天使の悪魔がすんでのところで能力を使い人形たちを無効化した。

4課で2番目の強さを誇る天使の悪魔が初めて見せた戦闘シーンだが、故郷の人たちの寿命を使ってしまった彼は浮かない顔をし、深いため息をこぼす。

倒れた元人間である人形たちの姿も相まり、その表情は「故郷の村で自分が起こしてしまった惨劇」を思い出しているかのようにも見えた。

地獄編

クァンシ一味・公安と共に地獄に落とされた天使の悪魔は、その場所がどこかを知っていた。

だが現状を打破することはできず、他の人間と同様に両腕を切り落とされ血を流して倒れてしまう。

辛くも地獄からの生還は果たしたが、彼の腕は他の人間・魔人とは異なり両腕とも再生することは叶わなかった。

銃の悪魔編

地獄編で両腕を失い最悪の場合、処分される可能性があった天使の悪魔。

早川アキはそんな彼を守ろうと、あれほど憎んでいた「悪魔」を生かすために推薦状を用意していた。

自分を守るために動くバディのため、天使の悪魔もまた彼が生きるために「マキマに相談しよう」と提案する。

さらにかつての早川アキのバディ・姫川のように「公安をやめて人間らしい生活をするの良いかもよ」と、彼に死んでほしくない一心で忠告する天使の悪魔。

だがそんな二人のバディの願いは早川アキに届かず、結果として最悪の事態を迎えることとなった。

天使の悪魔の声優は誰になる?中性的な声のあの人が来ると予想!


一見すると少女のような、可憐な容姿の天使の悪魔。

『チェンソーマン』のアニメ化に際して、彼の声優は誰が担当するのだろうか。

個人的な意見としては、同じジャンプ作品である『ハイキュー!!』や『D.Gray-man HALLOW』で主人公の声を担当した実績もある、村瀬歩(むらせ あゆむ)さんが来ると予想したい。

女性役までこなすほど幅広い声域を持つ村瀬さんなら、中性的な天使の悪魔も演じ切ってくれるのではないだろうか。

おわりに:第2部で天使の悪魔の登場はあるのか?

これまで天使の悪魔について紹介してきた。

マキマに支配されたのち銃の魔人として倒されたアキとは違い、天使の悪魔は直接の死亡シーンが描写されていない。

バディのアキが死んでしまった以上、天使の悪魔だけが生き残ったことは本人にとっても辛く悲しいことになるだろう。

だがそれでもファン心理として彼の再登場を期待し、『チェンソーマン』第2部の続報を待ちたい。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。