【鬼滅の刃】宇髄天元の魅力とは?鬼の蔓延る世界を爽快に駆け抜ける派手漢の生きざま!

鬼滅の刃9巻 宇髄天元

人気絶頂のなか完結した吾峠呼世晴の『鬼滅の刃』。

音柱・宇髄天元は一体どんなキャラクターなのだろうか?

個性豊かな柱の中でも、ひときわ目を引く奇抜な宇髄天元の魅力を紹介していきたい。

宇髄天元のプロフィールと、初登場シーン!

出典:amazon.co.jp

誕生日 10月31日
年齢 23歳
身長 198cm
体重 95kg
趣味 嫁と温泉巡り、秘湯探し
好物 ふぐ刺し

鬼になってしまった妹・禰豆子を連れている主人公・竈門炭治郎。

禰豆子を人間に戻すために同行している炭治郎なのだが、鬼を狩る鬼殺隊においては言語道断。

宇髄天元は隊律違反を犯した炭治郎の処遇を決める柱合会議にて初登場を果たす!

鬼殺隊に9人しか存在しない最高位・柱として活躍しており、音の呼吸を使いこなす剣士だ。

当初は炭治郎や禰豆子に対して否定的な意見を持っており、派手に斬首すると公言していた。

大柄な体を持ち、鎖で繋がれた二本の刀を背負う。

袖なしの隊服、銀色の額あて、顔や手には装飾品が目立つ特徴的な人物だ。

自身をモチーフにした羽織を着ている他の柱とは異なり、タンクトップスタイルでオリジナリティあふれるビジュアルと言えるだろう。

口癖は「派手」、言動もとにかく派手好きで賑やかな男であることに間違いはない!

また伝令役の鎹鴉(カスガイカラス)の虹丸は天元と同様に派手好き。

宝石などの装飾品を身に付け、鴉界を牽引するファッションリーダーのようだ!

前職は忍!宇髄天元のルーツに迫る


元忍で、厳しい英才教育のもと兄弟とともに幼少期を過ごした。

一族の衰退を恐れた父親は子供たちに異常なまでに過酷な訓練を課した。

彼が15歳になるまでに、9人いた兄弟は天元と2歳下の弟のみとなってしまう。

父親の教えを忠実に守る弟に対して、反発する天元。

無機質で感情を持たない忍道に嫌気がさし、里を抜け宇随家とは絶縁状態となる。

鬼殺隊当主・産屋敷輝哉(うぶやしき かがや)のカリスマ性に惚れこみ入隊を果たすのであった。

 

自己紹介では自身を祭りの神と名乗り、炭治郎たちを引き連れ遊郭の花街に乗り込む。

伊之助が自身を山の神と天元に張り合いをみせると、「お前気持ち悪いな」とバッサリ…!

同族嫌悪というやつかもしれない。

また潜伏時などに見せる彼の素顔は間違いなく作中トップクラスのイケメンである。

女郎屋に潜入させるべく女装した炭治郎達のもらい手を探すときも、天元のイケメンぶりが発揮され全員の就職先が決まるほどだ。

ちなみに目の周りに施されている模様については様々な考察がある。

その中でも梅の花をモチーフにしているという説が個人的には一番気に入っている。

梅の花言葉のひとつに「忍耐」があり、天元の忍びの出自であることと見事マッチしているのだ!

宇髄天元の戦闘スタイルは?血鬼術をしのぎ切る「譜面」


鬼を傷つけられるほどの殺傷能力の高い爆薬を使用し、2本の短刀を摩擦させることで斬撃と爆撃の合わせ技を使用する。

ゴリゴリの近接戦闘タイプだ!

音の呼吸の使い手ということも関係しているのか、とても耳が良く高速で移動している最中でも、どこで鬼が活動しているのかを把握できたり、地面の下から漏れ出る反響音を聞き取るほどの聴力を持ち合わせている。

またオリジナルの戦闘スタイル「譜面」。

相手のクセや手数を冷静に分析し、勝利までの道筋を分析する。

作成までに時間はかかるが、ひとたび譜面が完成してしまえば、片腕を失った状態でも、上弦の血鬼術をもしのぎ切る。

複数人で協力しながら行う戦闘に優れており、優秀な策略家とも言えるだろう!

引退した後は、隊士を鍛えるための訓練に鬼教官として参加しており、剣術と体術が隊士にとっていかに重要かを説いた。

一夫多妻制!天元と三人の嫁の関係性は?

同じ里のくのいち、まきお・雛鶴・須磨を嫁として迎え入れている。

天元の中では、命の優先順位が決まっており、第1に3人の妻達。

2番目には鬼殺隊という事もあり、鬼に襲われている一般人。

3番目に自分自身という信念がある。

この優先順位に関しては、3人の妻たちも共通の認識があり、天元と共に任務に参加する場合でも、危険が迫れば離脱を許されているため、彼女らの行動を天元が強制する事はない。

天元が他の柱と少し異なる点は、入隊理由が親族を鬼に殺されたなどの憎悪に満ちたものではない事だ。

そのため鬼への執着がそこまで強くない気がしてしまうのは私だけだろうか…。

作中で鬼舞辻無惨の討伐という鬼殺隊の最終目標に関して触れる事もほとんどなく、妻の雛鶴から上弦の鬼を1人殺したら最前線から退く提案を受けた際にも、反発することは無かった。

数百年続く鬼との戦いにおいて彼自身も引き際を探していたのかもしれない。

冷静な現実主義者?柱の中での立ち位置と天元が認める天才達

天元は己の限界を感じていたのではないだろうか?

上弦の陸・妓夫太郎との戦闘時、才能のある剣士と妬まれるシーンがある。

そこで天元は自身よりも優れた人材が鬼殺隊にはまだまだいると回答!

刀を持ってたったの2ヶ月で柱まで上り詰めた時透無一郎や、最古参で得体の知れない強さを誇る岩柱・悲鳴嶼行冥のことだろう。

自信家ではあるが、己の実力に関しては冷静に分析をしていたことがわかる。

上弦の陸との戦闘を生き抜いた炭治郎ら後輩が台頭してきたことを嬉しそうに話す天元。

戦線離脱後も鬼殺隊を支えるサポート役に徹していることから、産屋敷家への忠誠は本物だ!

【考察】宇髄天元は柱内では弱いほう?柱強さランキング


多くの柱たちが鬼舞辻無惨や十二鬼月との戦いで殉死するなか、宇髄天元は遊郭編を最後に最前線から退いている。

そんな彼は9人の柱の中でどのくらいの位置にいるのだろうか?

柱になった歴で言えば悲鳴嶼行冥に次ぐ古参の柱の可能性は捨てきれない。

鬼殺隊に長くいたとしても必ずしも強キャラというわけではないだろう。

なぜなら上弦の鬼たちに遭遇しなかった柱も多いハズだから。

時透のように2か月で柱となり、痣の発現や上弦の鬼の撃破などの活躍を考えると歴の長さと強さは直結しないだろう。

そこでいくつかの要素から天元を勝手に格付けしてみた!

結論、天元の柱としての強さの順位は非常に付けづらい…。

前線から離脱してしまったことが一番の理由だが、まず彼が残した戦果に注目してみようと思う。

格付けでまず考慮しなくてはいけない点は、天元は遊郭編の後に前線から引退しているため、無惨と直接対決する最終決戦には参加をしていないということだ。

また単独では上弦の鬼に勝てていなかった可能性が考えられる。

さらに遊郭編にて討伐した鬼も上弦の鬼の中では最も下に位置する。

この時点で柱最強という位置は考えにくいだろう。

では上弦の参と対峙し、殉死した煉獄杏寿郎と比較するとどうだろうか。

煉獄杏寿郎と比較をする際にスピンオフ作品・外伝を参照してみよう。

外伝は杏寿郎の父・槇寿郎が柱だった頃の話だ。

この時点で柱合会議に参加していた事から天元は柱として活動していたのだ。

外伝は作者が違うものの、原作者の吾峠先生が監修していることを考えると正規の設定であると仮定する。

この時点で柱だった人物は悲鳴嶼・冨岡・胡蝶・不死川と天元の5名。

柱になる条件は十二鬼月を一人倒す、もしくは低級を含む鬼を50体討伐することが条件である。

遊郭編にて天元は自身の力不足で多くの命がその手から零れ落ちたと自嘲していることから、隊士としての歴が長く、数々の戦場を経験してきたことが分かる。

あくまで妄想の域を出ないが天元の柱昇格は50体の鬼の低級鬼の討伐という可能性もあるのではないだろうか?

もしもこの仮説が正しければ天元の戦果は柱内で大きいものではないだろう。

この時点で天元は真ん中より下に位置づけできるはずだ。

では次に体術や身体能力についてはどうだろうか?

原作の話のつなぎページにて描かれている腕相撲ランキングでは悲鳴嶼に次ぐ第二位である事が記載されている。

音の呼吸の型は剣術と体術を駆使するような技が多いことから身体能力の高さは間違いないだろう!

腕力が足らず頸を切れない胡蝶しのぶと比較すると断然の膂力を誇っていることになる。

最後に潜在的能力を決める家系についてだ。

忍の出自であるために、歴代炎柱を務める煉獄家のようなブランドや、秘伝書のようなものは天元には存在しない。

また時透のように日の呼吸の始祖、継国家の末裔というわけではない。

そのため、出自においてアドバンテージはそこまで多くはないだろう。

以上の事を踏まえて順位を決めてみた!

明確な順位付けは困難であるが、上弦の壱と対決して生き残った悲鳴嶼と不死川、最終決戦で生き残った冨岡が柱の中でもトップクラスの強さであると考えられる。

始まりの呼吸の一族の末裔、刀を握って2年間で柱に昇格、上弦の玉壷を単体で撃破したことから、時透は次点。

下弦の弐を単体で撃破、下弦の壱・厭夢を炭治郎達と協力して撃破、上弦の参・アカザを追い詰めつつも激闘の末殉死した煉獄が経験値と家柄から次点。

戦いの中で痣を発現させ、ほとんど単体で上弦の肆・半天狗を討伐した甘露寺。

彼女に関しては最終決戦まで生き残っていたが、もともと煉獄の継子であることから煉獄より下と位置付ける。

(弟子が師匠を超える事はあるが、煉獄が死んでしまっているため順位がつけづらい)

その下に関してはまさに混戦模様!

胡蝶ファンには申し訳ないが、鬼の頸を切れない非力さと単体での十二鬼月の討伐経験がない胡蝶は最下位確定…。

胡蝶の上に無惨との激闘の末に命を落とした伊黒といった順位にしてみた。

天元は伊黒よりも膂力が強かったことから、その上に食い込むだろうと仮定すると以下のランキングが完成!

生存しているか、家系、戦果などを踏まえた主観メインで作成した独自の考察のためご了承いただきたい。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。