『猫物語・黒』あらすじと感想【明かされる〈ゴールデンウィークの悪夢〉の真実】

『猫物語・黒』書影画像

異形の羽を持つ少女、〈羽川翼(はねかわ つばさ)〉。

異常なまでに名石な頭脳と、恐ろしいまでに清廉な心根を持つ彼女は、何故猫に魅入られることなったのか。

〈阿良々木暦(あららぎ こよみ)〉がおりに触れて言及する、〈ゴールデンウィークの悪夢〉とは何なのか。

そして、伝説の吸血鬼の成れの果て、〈忍野忍(おしの しのぶ)〉の活躍とは。

『傷物語』と『化物語』の間に挟まれた、阿良々木暦と羽川翼のもう1つのルーツ。

こんな人におすすめ!

  • 西尾維新氏のファンの人
  • 『化物語』を読了済みの人
  • 『〈物語〉シリーズ』が好きな人

あらすじ・内容紹介

〈地獄の春休み〉を経て、高校3年生となった〈阿良々木暦〉。

彼は、春休み中の行いの代償として〈吸血鬼もどきの人間〉になりつつも、表面上は普通の高校生としてこれまで通りの(友達のいない)生活を送っていた。

そんな彼の生活の中でも、大きく変わった点が1つ。

〈地獄の春休み〉の最中、阿良々木暦を傍で支え続けた学校きっての優等生、〈委員長の中の委員長〉こと〈羽川翼〉と、友人関係を築くに至っていた。

親身に接してくる羽川翼に対し、何とも言えない感情の昂りを覚える阿良々木暦。

その感情が〈恋〉であるか否かの判断ができない彼は、悶々とした日々を過ごす。

そんなある日、道端で偶然出会った羽川翼の頬には、大きなガーゼが貼られていた。

散歩の道すがら、彼女の家族が抱える〈とある事情〉を聞いた阿良々木暦は、その事情の中ですら清廉であり続ける羽川翼に、友人として気味の悪さを覚えながらも、家庭の事情に深く関わることは出来ない。

結局、散歩の道中で見つけた猫の死骸を埋葬した後、彼は深入りできずに羽川翼と別れることになる。

しかし、この〈猫の埋葬〉が悪夢の始まりだった。

専門家・〈忍野メメ(おしの〜)〉すら手こずる怪異、〈ブラック羽川〉の誕生。

次々と増え続ける犠牲者。

羽川翼の事情に踏み込んだ阿良々木暦は、彼女へ対する感情に答えを出し、決着を迎えようとする…。

『猫物語・黒』の感想・特徴(ネタバレなし)

明かされる、〈ゴールデンウィークの悪夢〉の真実

いいじゃない、一回くらい

今作は時系列上、『傷物語』と『化物語』の合間に挟まれており、『〈物語〉シリーズ』の第1作目である『化物語』中で幾度となく語られた、〈ゴールデンウィークの悪夢〉の詳細が描かれる、正に〈もう1つの前日譚〉とでも呼ぶべき作品となっている。

後続作品でも都度語られる、〈羽川家〉が抱える闇。

羽川翼の異常なまでの〈清廉さ〉と、〈聡明さ〉。

そして、怪異・〈障り猫〉の存在。

それらが全て関わり合い、誕生する〈ブラック羽川〉。

妖怪変化のオーソリティー、怪異の専門家たる〈忍野メメ〉ですら手こずる凶悪な怪異に対し、阿良々木暦はどのように立ち向かうのか。

そして阿良々木暦は、羽川翼に対してどのような言葉をかけるのか。

また、この事件での活躍を理由に〈忍野忍〉の名前を授かることになる〈旧キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード〉は、一体どのような活躍を見せるのか。

明かされる〈ゴールデンウィークの悪夢〉と、そして〈羽川翼〉の真実から、目が離せない。

歴代最長の雑談

…お兄ちゃん、欲求不満なんじゃない?

『〈物語〉シリーズ』全体を通しての、必須要素。

それは、作中で描かれるキャラクター同士の〈雑談〉だろう。

ストーリーの流れだけでなく、キャラクターが繰り広げるたわいの無い掛け合いも、『〈物語〉シリーズ』の魅力を構成する大きな要素だ。

特に、今作で繰り広げられる阿良々木暦と阿良々木月火の雑談は、シリーズでも屈指の長さを誇る。

その長さは、約80ページ。

全体のページ数が200ページほどであることを考えると、なんと作中の半分近くを雑談に費やしていることになる。

最初は〈恋〉に関する相談だったはずが(妹に恋愛相談する兄とは、かなり気持ち悪い気がする)、脱線に脱線を重ねる雑談は、中々本線に戻ってくる気配がない。

それでも読む手を止めさせることがないのは、偏に著者・西尾維新氏の筆力によるものだろう。

是非とも、その筆力を惜しみなく振るった雑談を楽しんで欲しい。

露わになり始める、阿良々木暦の変態性

お前は限度額のない変態かにゃ。怖いにゃ、怪異より怖いにゃ…

『〈物語〉シリーズ』を通して、徐々に変態性を増していく主人公・阿良々木暦。

前作『化物語』や『傷物語』でも垣間見せていたその変態性が、今作では特に顕著に現れている。

内容の詳細は伏せるが、その様は怪異すらもドン引きさせるほどだ(そもそも時系列的には『化物語』以前であるにも関わらずの、時間軸すらも超越する変態性である)。

徐々にエスカレートする変態性の、大きな躍進の瞬間でもある今作を、存分に楽しんでほしい。

まとめ

『化物語』と『傷物語』の合間に挟まれた、前日譚に当たる今作。

『化物語』の作中で幾度か仄めかされていた〈ゴールデンウィークの悪夢〉について明かされるという大きな見所の他にも、シリーズ屈指の頭脳キャラ〈羽川翼〉の真実や、書籍全体の約半分を占める阿良々木暦と阿良々木月火の雑談など、非常に見所の多い作品だ。

ストーリーライン以外にも楽しめる要素が多分にあり、きっと何度読み返しても面白い作品だろう。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

混語書評記事のアイキャッチ画像『混物語』あらすじと感想【打倒〈阿良々木ハーレム〉!阿良々木暦×ヒロインズのコラボ作品集‼︎】 1番面白い!と思ったおすすめ本まとめ【読書好き40人に聞いた!】1番面白い!と思ったおすすめ本まとめ【読書好き40人に聞いた!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です