『噛みあわない会話と、ある過去について』あらすじと感想【成人式に行く前に!これを読んで自分事と思わなかった人はヤバい】

『噛みあわない会話と、ある過去について』あらすじと感想【成人式に行く前に!これを読んで自分事と思わなかった人はヤバい】

騙されるな!辻村深月にご用心

『かがみの孤城』(ポプラ社)で本屋大賞を受賞してからさらに世間に知れ渡った辻村深月さん。

『かがみの孤城』を読んだのを機にほかにも読んでみようと思った方は多いのではないでしょうか。

次になにを読むかということで、この間の『青空と逃げる』(中央公論社)の記事を読んでくださった方もいるかもしれません。

『かがみの孤城』の後に出版されたこともあって紹介しましたが、理由はそれだけではありません。

そう、白辻村だったから

優しく、心温まり、救われる物語を書く白辻村。

人間の本性を暴き出しバットエンドもいとわない黒辻村

同じ小説家から生み出されたとは思えないほどの差です。

本当に辻村深月さんは幅広い作品を書いていると思わされます。

なので『かがみの孤城』の感覚で手に取るとちょっと危険な作家でもあります。

そんな危険な作家の今回紹介する本は、本屋大賞受賞後第一作の『噛みあわない会話と、ある過去について』(講談社)です。

周りに辻村深月さんが好きな友人がいたら、この作品はおすすめかどうか聞いてみてください。

もしおすすめと言われたら、あなたはとっても素敵な友人をお持ちです

この作品は黒辻村です。

どういう作品かといいますと題名の通りです。

会話が噛み合わず、その会話はとある過去について話されている、というものです。

4つの独立した中短編からなっています。

この作品では自分が思っていたことが相手にとっては違った、ということがポイントになってきます。

自分では相手のためを思って言ってきたことが、実はその人にとっては嫌で嫌で仕方がなかった。

そんな事実を突然伝えられる恐ろしさがあります。

小学校、中学校、高校と過ごしてきた中で、振り返ってみると悪いことをしたなと思うことは、今だと気が付くかもしれません。

気づけたのならまだいいものの気が付けなかったら。

自分が思っている以上に相手にとっては重大な出来事になっているということはあるかもしれません。

長い時間の流れによって都合よく解釈してしまっていたり、思い出フィルターがかかっていたりすることは誰しもあると思います。

それらのことを親と子、先生と生徒、友人同士などの立場から見事に描ききった作品になっています。

なのでいまこそ紹介したい一冊です。

成人式が控えている今、特におすすめしたいのは新成人の方々。

今度の成人式で久しぶりに会う友人、先生がいるかと思います。

「あの時、実は……」と数年越しに明かされる事実もあるかもしれません。

この本を読んだからと言ってなにか防げるわけでも、対策をできるわけでもありませんが、読んでよかったと思うはずです。

少なくとも自分が思っていることが相手にとってもそうであるとは限らないと実感できると思います。

各作品について

この作品は書いた通り4つの中短編からなっています。

それぞれ……

  • ナベちゃんの嫁
  • パッとしない子
  • ママ・はは
  • 早穂とゆかり

となっています。この題名からは不穏な感じが漂ってはきませんが、このシンプルな題名は読み返すと最小限の言葉でそれぞれの物語の中心をとらえていることに気が付くと思います。

「ナベちゃんの嫁」

大学時代のコーラス部。

男を感じさせない男友達のナベちゃん。

卒業から何年かたったとき、ナベちゃんの嫁がやばいらしい、という噂が立つ。

女子が多い環境だったせいか、華奢で男らしくなくイジられキャラだったナベちゃん。

愛されていたナベちゃん。

噂の原因はメールだった。

最初は結婚を報告するというめでたい連絡だったが、2通目はそうではなかった。

婚約者が気にするから僕とは直接連絡せずコーラス部だった男子メンバーを通して欲しい。と謝る文面がひとつも見当たらない連絡だった。

それだけならまだしも、「披露宴で歌って欲しい。それも替え歌で」という注文。

かと思ったら「やっぱりなし。披露宴の正体もなかったことにして欲しい」という連絡。

婚約者の言動も相まって彼らに対する批判は高まる中、「私」は自分たちのナベちゃんに対する大学時代の扱いがいけなかったのだと、今彼は幸せで、私たちの態度は無責任で都合がいいという。

人は相手にまで理想像を押し付けるという醜さが暴かれています。

ナベちゃんはこう思っていたのに、と相手からしてみれば勝手に理想像を抱かれてそうでなかったからと幻滅されてはたまったもんじゃありません。

そのことは当たり前のようにわかるはずなのに、人は気がつかないうちにそんなことするわけないと思ってもしてしまっています。

さらに怖いのが「私」が最初にそのことを気がついた時の場面です。

ここではもうメンバーはナベちゃんが残念になった、変わってしまったと、自分たちの非に気付かずにいます。

あんなに優しかったナベちゃんがああいう人になってしまうなんて、あんな人を婚約者に選ぶなんてと好き勝手に、無責任に言いだします。

そんな時、突然、同じように言っていた仲間の一人が私たちがおかしかったと言われたら。

ちょっとした裏切りのように感じます。

ずるいとも思うでしょう。

事実、作中でも自分だけずるいと陰でこっそり言われてしまったことが判明します。

ただこの場合どうすればいいのでしょうか。

気がついてもこのまま周りに合わせて悪口を言っていくのが正しいのか

きっと誰かが言うのかもしれません。

それは本人かもしれませんし、違う友人かもしれません。

いずれにせよ、指摘された時に攻撃せずにいられるのかということです。

正しくあろうとしても上手くいかない現実が残酷なまでに、大きなことではなく何気ない日常の出来事を通じて書かれています。

周りに1人はこのような、ナベちゃんのような人物がいるのではないかと思います。

それは草食系男子だったり、女子力が高かったりする人かもしれません。

いずれにせよどういう人かというと、周りから好かれていても、人気があっても決して「男」として一番になることのできない、友だちで終わってしまう男子、です。

男女に関わらずそんなナベちゃんのような人に都合のいい扱いをしていないか考えてみてください。

「パッとしない子」

美術教師の美穂の教え子に国民的人気グループのメンバーになった教え子がいる。

有名になってから思い返してみると彼は「パッとしない」地味な子だった。

ただ図工の時間に教えていた彼が体育祭の入場門を黒く塗りたいというのをほかの先生が反対しているところをかばったという出来事を覚えていた。

ある日、テレビ番組の取材で彼が母校を訪れてきた。

周りが有名人の訪問で沸き立つ中、彼は美穂と話がしたいという。

昔の生徒、教え子が有名になった芸能人。

記憶があいまいになり、補正のかかった記憶で話してしまっていることに気が付かずに話してしまう。

それを張本人に否定された時の恥ずかしさ、血の気が引くような感覚。

自分が言われることがないのにも関わらず、小説の話とわかりきっているのにまるで自分が言われているような感覚に陥ってしまいます

ラストは穴があったら入りたい、過去に戻れるなら戻りたいと思ってしまいます。

ただそれは先生側の人間、つまりは教え子が受けたような仕打ちを経験したことがないから。

中には教え子側の人もいるかと思います。

その方にとっては爽快なすっきりとする話になるのではないかと思います。

次のページ

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。