『ガリヴァ旅行記』あらすじと感想【本当はブラックで不謹慎でエロい?世に蔓延る矛盾をおとぎ話に!】

『ガリバー旅行記』書影画像

子どもの頃、誰もが読んだであろう絵本『ガリヴァ旅行記』。

多くの人が、子どもが喜ぶおとぎ話と考えているだろうがそれは大きな間違い!

原作はおよそ子どもには読ませられない、下ネタ、風刺、ブラックジョーク、不謹慎が満載の衝撃作品なのだ。

こんな人におすすめ!

  • 正義感が強い方
  • 真のガリヴァ旅行記を知りたい方
  • 風刺、不謹慎、バカエロ、ブラックジョークが大好きな方

あらすじ・内容紹介

時は18世紀初頭。

ヨーロッパ勢力が世界中に船を繰り出し勢力を拡大しようとしている頃。

イギリスの船乗り兼医者のガリヴァも未知の世界に航海へと乗り出すが、幸か不幸か多くのアクシデントに見舞われては奇妙な国々に遭難する。

指の大きさ程の小人が住むリリパット国

20メートルの巨人が住むブロブディンナグ国

空飛ぶ島ラピュータ

数学と音楽にしか興味を示さないバルニバービ国

死者と会話ができるグラブダブドリッブ国

不死人間の住むラグナル国

驚くなかれ、鎖国中の日本

高貴な馬フウイヌムと人間そっくりの意地汚い生物ヤフーが暮らすフウイヌム国

これだけ聞いていると、子ども心をくすぐるファンタジーやRPGゲームを想像してしまうかもしれないが、全く違う!

本書は、旅行記という形式を用いて架空の世界を描くことで、スウィフトが生きた時代のイングランド、キリスト教会、権力、政治、戦争への痛烈な批判をしているのである。

しかも読めば読むほど、現代社会にも通じるような様々な矛盾や偽善を想起させ、スフィフトの手法がいかに優れているのかも分かるだろう。

『ガリヴァ旅行記』の感想・特徴(ネタバレなし)

戦争の発端は卵の剥き方にあり?

〇リリパット国vsブレフスキュ国

ガリヴァ旅行記と聞くと、多くの人は、

「ふなのりガリヴァは、航海の途中、小人の住むリリパット国に漂着し、巨人として捕らえられたものの、攻めてきた敵の艦隊をやっつけて、みごと英雄になりました。めでたしめでたし」

こんなことを思い浮かべる方が大半かと思われる。

では、ここで質問。

リリパット国に艦隊を率いて攻めてきた国の名前をご存知だろうか?

更に言えば、なぜ攻めてきたのか?

おそらく大半の人が「知らない」と答えるに違いない。

攻めてきた国は、ブレフスキュ国といい、リリパット国と先祖代々百年以上もいがみ合っている間柄。

しかもいがみ合う理由というのも本当にくだらないもの。

「卵の剥き方は、大きい方からと小さい方からとどちらが正しいか?」

このような「どうでもいい」ことで、多くの人々を駆り出し、憎み合い、争っているのがリリパット国とブレフスキュ国なのである。

実は両者の関係は百年戦争以来、敵対関係を続けていた当時のイギリスとフランスの間柄の象徴であり、「卵の剥き方論争」は、卵はキリスト教の象徴で、カトリック、プロテスタントの争いの暗喩でもあるのだ。

 

18世紀のヨーロッパは、宗教改革以降はじまったカトリックVSプロテスタントの激烈な争いの真っただ中。

大戦争となり大量の血が流れる事も多々あった。

つまりスウィフトは、同じキリスト教国同士で戦争している様を、「卵の剥き方」というどうでもいい話に置き換え、こき下ろしたのである。

加えてガリヴァは、リリパットの宮殿が火事になった際、小便で消し止めて火災を防いだが、それが「侮辱罪」ということで政敵に狙われ、命からがら逃げリリパットを後にする。

英雄ガリヴァが最後は小便を理由に政争に巻き込まれ亡命に追いやられる。

現実の歴史にも数多くある話である。

〇巨人の国・ブロブディンナグ

一方の巨人国であるブロブディンナグ国。

ここはリリパットとは逆に巨人たちの住む国。

巨人の国ではすべてが巨大であり、虫もガリヴァから見ればモンスターそのもの。

紆余曲折ありガリヴァは王妃に保護されるが、「女児がお人形さんを大事にする」ような扱いを受ける。

そんなガリヴァに今度は王妃付き女官達が近づいてくる。

女官も当然20メートル近くの巨人で、成人男性とはいえガリヴァが勝てる相手ではない。

とある女官は、ガリヴァが抵抗できないことを言い殊にここでは書くのをはばかられる(作中もこのような表現)ような性的ないやらしいいたずらをしてくる。

淫蕩さの批判にかけては随一のスウィフトならではのシーンだ。

歴史上の偉人たちは見栄っ張りでろくでなしばかり?

〇アイルランド圧政の比喩としてのラピュータ

ラピュータと聞くと我々日本人はジブリのアニメ「天空の城ラピュタ」を真っ先に思い浮かべるであろう。

実際、劇中、主人公パズーが「ラピュタはスフィフトのガリヴァ旅行記に記されている」旨の発言をしており、遥か大昔に滅んだ超古代文明の遺跡として描かれた。

だが本当のラピュタはジブリのように子どもたちには語れる設定ではない。

そもそもラピュータの語源は売春宿の説もあるくらいで、こんなことを子どもたちに言えるはずもない。

ラピュタは磁力で空を飛ぶ島であると同時に、バルニバービ国の首都。

特権階級が、地上のバルニバービから税金をむしり取り、逆らうものは上空から押しつぶすという何ともおそろしい圧制を敷いているのだ。

これも当時の、イングランドによるアイルランド圧政の比喩である。

しかし国民は、数学と音楽を至高のものと考えそれ以外には全く興味をしめさない学者バカのあつまり。

彼らは飲み食いを忘れて思索にふけってしまうため、正気にもどすように頭をぶったたく専用の召使を雇っているほどなのだ。

そんなだから、妻たちも嫌気がさし、召使と不倫三昧。

思索中は、隣で妻が他の男達と「ことをいたしても」全く気付かないのである。

また彼らは数学的理論を優先する癖があり、伝統的で効果的な農法を却下したため、田畑は荒れ放題となってしまう。

ここでは理屈ばかりで実践をおろそかにする愚か者を描いているのだ。

〇降霊技術をもつグラブダブドリッブ

グラブダブドリッブは、死んだ者達と交信ができる国。

ガリヴァはこの国に着いた後、歴史上の偉人と話をしたいと思い、降霊を依頼。

だが、後世に名を遺した偉人は、実際に話してみると、見栄っ張りでろくでなしばかり。

逆に悪名を着た人間たちこそ、実は立派な人間であり、「歴史書なんてものは時の権力者たちが自分たちに都合よく書き換えている」と知るのだ。

〇不死の国・ラグナグ。大切なのは精神の不老

ラグナグは不死が実現している国。

ガリヴァは、人類の夢である不死をなしえた理想郷を想像するが、そうは問屋が卸さない。

不死は可能でも不老は不可能。

国には目、耳、集中力、感性が老いた老人たちが徘徊しており、彼らは、過去の栄光自慢、若さをねたむ、成長しようとしない、自尊心だけが大きい、人を見下すだけ、の醜悪な人間ばかりで、おまけに欲深いことこの上ない。

ガリヴァは「こんな人間たちに権力や富を握られたら国が亡ぶ」と鋭い警告を読者に告げる。

いつまでも権力と既得権益にしがみつく老害権力者がはびこるとある国もこのガリヴァの発言を警鐘として知っておいたほうがよいかもしれない。

ガリヴァが日本で体験したこととは?

〇日本で踏絵させられそうになるガリヴァ

数々の珍妙な国々から生き延びたガリヴァが、次にやってくるのは、なんと日本!

当時のヨーロッパ人にとって日本は、小人国や巨人国と同列なほどに奇妙な国とみなされていたと考えると、ある種の誇りすらも感じてしまう。

さてこの当時の日本は鎖国真っ盛りの江戸時代。

ガリヴァも長崎に連れていかれ、私達も学校で習った「踏絵」をさせられそうになる。

しかしガリヴァはクリスチャンであるので踏絵を断る。

それを見た長崎の代官が「オランダ人のくせに踏絵を断るとは変な奴だ」と怪しがるのだが、これはおそらく、当時、対日貿易で独占的利益を上げていたオランダへの、商売のためなら信仰を平気で捨てることへの、批判かもしれない。

次のページ

まとめ

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。