string(10) "is_single "
bool(true)
string(7) "is__mc "
string(149) "a:4:{s:3:"top";s:4:"7500";s:4:"path";s:21:"2022/12/magazine3.jpg";s:4:"href";s:23:"https://amzn.to/3FO5GqE";s:10:"categories";s:14:"1909|1911|1910";}"
string(15) "is__categories "
array(3) {
  [0]=>
  string(4) "1909"
  [1]=>
  string(4) "1911"
  [2]=>
  string(4) "1910"
}
string(17) "is__has_category "
bool(false)
string(13) "get_category "
object(WP_Term)#7127 (17) {
  ["term_id"]=>
  int(473)
  ["name"]=>
  string(33) "ミステリー・サスペンス"
  ["slug"]=>
  string(7) "mystery"
  ["term_group"]=>
  int(0)
  ["term_taxonomy_id"]=>
  int(473)
  ["taxonomy"]=>
  string(8) "category"
  ["description"]=>
  string(727) "■おすすめ記事
【2022年】ミステリー小説おすすめ37選!どんでん返し、本格、海外などの傑作集めました

『告白』湊かなえ あらすじと感想【良かれと思ったことが面白いほどにズレていく】
『十角館の殺人』あらすじと感想【これを読まずして本格ミステリは語れない】"
  ["parent"]=>
  int(133)
  ["count"]=>
  int(93)
  ["filter"]=>
  string(3) "raw"
  ["term_order"]=>
  float(1)
  ["cat_ID"]=>
  int(473)
  ["category_count"]=>
  int(93)
  ["category_description"]=>
  string(727) "■おすすめ記事
【2022年】ミステリー小説おすすめ37選!どんでん返し、本格、海外などの傑作集めました

『告白』湊かなえ あらすじと感想【良かれと思ったことが面白いほどにズレていく】
『十角館の殺人』あらすじと感想【これを読まずして本格ミステリは語れない】"
  ["cat_name"]=>
  string(33) "ミステリー・サスペンス"
  ["category_nicename"]=>
  string(7) "mystery"
  ["category_parent"]=>
  int(133)
}
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(12) "is__mcbride "
NULL
string(13) "is__url_path "
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(13) "is__url_path "
bool(true)
bool(false)
bool(true)
string(12) "is__toppage "
NULL
bool(true)

『容疑者Xの献身』ネタバレあらすじ・感想【切ない純愛ミステリーの傑作】

私はもともと東野圭吾作品を愛読しており、「探偵ガリレオ」シリーズの熱狂的なファンでした。

その流れで『容疑者Xの献身』を発売と同時に買って読み、不器用すぎる男の献身が招いた、衝撃的な結末に心を揺さぶられました。

湯川と石神、似て非なる二人の対決の行方から目が離せず、電車の乗り継ぎを忘れて終点まで運ばれてしまったのも今となっては良い思い出です。

映画の方も見ごたえある出来に仕上がっており、ぜひ小説と一緒に読んでほしいです。

こんな人におすすめ!

  • 掟破りのトリックにくわえ、切ない人間ドラマも味わい人
  • 超人湯川の弱さを垣間見たい人
  • 映画『容疑者Xの献身』を観た人

あらすじ・内容紹介

花岡靖子はバツイチ子持ちの弁当屋店員。貧しいながら中学生の娘と二人、明るく朗らかに暮らしていました。

しかしある時、元夫がアパートに殴り込んできます。DVに抵抗する最中、突発的に元夫を殺してしまい呆然とする靖子。そこへ現れた隣人・石神は、隠蔽工作の手伝いを申し出て、花岡親子のアリバイ作りに貢献しました。

石神は今でこそ冴えない高校教師にすぎないものの、学生時代は将来を嘱望された天才数学者であり、物理学の権威・湯川教授のライバルと見なされた存在でした。

後日、旧江戸川で男性の遺体が発見され、警察の捜査が始まります。警察に捜査協力を乞われた湯川は、親友の石神が事件に関係していると知り、皮肉な再会を果たすのでした。

注意
以下、ネタバレ注意です。

『容疑者Xの献身』の感想(ネタバレ)

『容疑者Xの献身』は「探偵ガリレオ」シリーズの長編にあたり、これまで同様湯川教授と草薙刑事のコンビが活躍します。

しかし、彼らと同じかそれ以上の尺が花岡親子や石神に割かれており、期せずして殺人を犯してしまった不幸な人々に深く感情移入してしまう構成となっています。

本作を語る上で外せないのは、天才数学者・石神だからこそ成し得た、掟破りの身代わりトリック。自分なりにあれこれ推理を巡らしていたものの的外れで、真相が分かった瞬間には衝撃を受けました。

ただ、遺体を用意するためだけに無関係なホームレスを殺した石神の行いは、絶対に間違っていると断言します。

殺人は言うまでもなく道徳から逸脱した行為であり、一切の私怨を挟まず合理性のみを重視して他人を手にかけた石神の精神性は、凡庸な私には理解が難しいです。何よりホームレスが気の毒すぎる。

しかし、献身こそが最大のエゴと解釈するなら、大事な人たちを守るためにそうじゃない人間を切り捨てた彼の選択はとても「人間臭い」と認めざるを得ません。

石神が靖子に捧げる純愛、湯川との熱い友情も見所でした。クライマックスの取り調べシーンでは、長年の親友と対峙する湯川の苦悩が痛いほど伝わり、切ないすれ違いに胸が締めつけられました。

まとめ

正直な所『容疑者Xの献身』は賛否両論が分かれる作品です。「純愛ミステリーの傑作」と評価する向きもありますが、道義的見地から石神の選択を受け付けない人が一定数いるのは否めません。

だからこそ、あなた自身の目で結末を見届けてください。

両雄知力を絞った天才対決の行方もさることながら、学者としての探求心と友情の板挟みになり、やっとのことで辿り着いた事件の真相に悩む湯川の弱さが垣間見れるのも、コアなガリレオファンにはたまりません。読後はもっと彼が好きになりますよ。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

【2023年】ミステリー小説おすすめランキング40選!どんでん返しから本格派まで 【2023年】最高に面白いおすすめ小説ランキング80選!ジャンル別で紹介 【2023年】1番面白い!と思ったおすすめ本まとめ【読書好き40人に聞いた!】

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。