string(10) "is_single "
bool(true)
string(7) "is__mc "
string(684) "a:4:{s:3:"top";s:4:"7500";s:4:"path";s:45:"2022/04/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg";s:4:"href";s:463:"https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook/dp/B09VHB9LBF/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1";s:10:"categories";s:84:"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911";}"
string(15) "is__categories "
array(21) {
  [0]=>
  string(1) "5"
  [1]=>
  string(3) "133"
  [2]=>
  string(3) "473"
  [3]=>
  string(3) "483"
  [4]=>
  string(3) "482"
  [5]=>
  string(3) "882"
  [6]=>
  string(3) "481"
  [7]=>
  string(3) "510"
  [8]=>
  string(3) "518"
  [9]=>
  string(3) "480"
  [10]=>
  string(3) "135"
  [11]=>
  string(3) "134"
  [12]=>
  string(3) "144"
  [13]=>
  string(3) "191"
  [14]=>
  string(3) "484"
  [15]=>
  string(3) "162"
  [16]=>
  string(3) "353"
  [17]=>
  string(3) "459"
  [18]=>
  string(4) "1909"
  [19]=>
  string(4) "1910"
  [20]=>
  string(4) "1911"
}
string(17) "is__has_category "
bool(false)
string(13) "get_category "
object(WP_Term)#7831 (17) {
  ["term_id"]=>
  int(457)
  ["name"]=>
  string(6) "漫画"
  ["slug"]=>
  string(5) "manga"
  ["term_group"]=>
  int(0)
  ["term_taxonomy_id"]=>
  int(457)
  ["taxonomy"]=>
  string(8) "category"
  ["description"]=>
  string(0) ""
  ["parent"]=>
  int(0)
  ["count"]=>
  int(107)
  ["filter"]=>
  string(3) "raw"
  ["term_order"]=>
  string(2) "16"
  ["cat_ID"]=>
  int(457)
  ["category_count"]=>
  int(107)
  ["category_description"]=>
  string(0) ""
  ["cat_name"]=>
  string(6) "漫画"
  ["category_nicename"]=>
  string(5) "manga"
  ["category_parent"]=>
  int(0)
}
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(12) "is__mcbride "
NULL
string(13) "is__url_path "
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(13) "is__url_path "
bool(true)
bool(false)
bool(true)
string(12) "is__toppage "
NULL
bool(true)

SLAM DUNK(スラムダンク) バスケットボールの認知度を上げた名言・名シーン10選

男子が好きなスポーツといえば、野球かサッカー。

将来なりたい職業は、野球選手かサッカー選手。

そんな少年スポーツ界の状況をガラリと一変させ、社会的ムーブメントを作り上げた奇跡的なマンガがある。

その登場でマイナースポーツだったバスケットボールは急速に認知され、人気スポーツの座を一躍担うことになった。

今では日本人NBAプレイヤーも増え、国内プロリーグまで誕生している。

スポーツ界での立ち位置を完全に変えた立役者こそ、『スラムダンク』である。

バスケットボールの青春を描いた名作『スラムダンク』の名言を紹介していこう。

天才ですから(桜木花道)

『スラムダンク』の主人公・桜木花道の口癖。

桜木は自他ともに認めるバスケットボールの”超初心者”だ。

湘北高校に入学し、バスケ部に入部するまでバスケットボールに一切触れたことはなかった。

それでも桜木は周りから課題を与えられるたびに猛烈な努力でそれを克服する。

そして「天才ですから」と決め台詞を言い放ち、まわりを辟易させるのだ。

何事も根拠のない自信をもつことから始め、自分を裏切らないよう猛練習を重ね、発した言葉にウソのないように辻褄を合わせるのが桜木の本領だ。

有言実行と自己暗示を兼ね備えたシンプルな名言である。

ダンクができようが何だろうが基本を知らん奴は試合になったら何もできやしねーんだ !!(赤木剛憲)

『スラムダンク』というタイトルの通り、バスケットボールの花形である”ダンクシュート”が連発されるマンガかと思ったら大間違いなのだ。

バスケ部に入部した桜木を待っていたのは、コートの片隅での地味な練習漬けの日々。

ボヤく桜木に「基本がどれほど大事かわからんのか!」と初心を叩き込むのはキャプテンの赤木だ。

その理由がこのセリフである。

主人公・桜木に自分を重ねる少年たち。

この言葉はそんな読者に軽々しく夢をみせず、厳しい現実を教えてくれる。

置いてくる!!!(桜木花道)

バスケットボールの基本的な技術「レイアップシュート」のコツを端的に表した言葉だ。

バスケットボールというスポーツは難しい。

レイアップシュートの独特な身体の動きを普通に説明しようとすると、もっと複雑でややこしくなるのが関の山だ。

こうした単純明快な説明がふんだんに使われていたことも、『スラムダンク』が敷居の高かったバスケットボールを人気スポーツに押し上げた所以である。

超初心者だった桜木はこの言葉を呪文のように繰り返しながら猛練習を重ね、レイアップシュートをついに習得する。

試合中もこの言葉を胸に刻み、初心者らしからぬ活躍でチームの勝利に貢献する桜木。

ひたむきで真面目で素直、基本にとても忠実な桜木の性格がよく表れているセリフだ。

ゴール下はオレが制~~す!!(桜木花道)

素直さが取り柄だが不器用な桜木。

悶々としていたとき、リバウンド(相手のチームがシュートを外したときに跳ね返ってくるボールを奪うこと)という技術の存在を知る。

シュートやパスが特段得意でない桜木にとって唯一、人に負けないものはジャンプ力。

リバウンドを制する者は試合を制する」と唱え、リバウンド王として生きる道を見出し、猛練習に励む。

そしてとうとう、チーム1のリバウンダーの座を射止めることになる。

特別な取り柄がなくても、少しでも自分の得意なことを見つけ、それを伸ばす。

少年たちに生きる術を教えてくれる名言だ。

あきらめたらそこで試合終了ですよ…?(安西先生)

中学生時代の神奈川県大会決勝。

天才的プレイヤー・三井寿は半ば勝利を諦めかけていた。

そのとき、偶然コートサイドにいたのは湘北高校のバスケ部顧問・安西先生。

優しく三井に投げかけたのは「最後まで… 希望を捨てちゃいかん」に続くこのセリフだ。

この運命的なアドバイスによって三井は残り数秒で逆転シュートを決め、見事MVP選手に選ばれることになる。

『スラムダンク』のみならず、幾多のスポーツ漫画のなかでもひときわ輝く名言中の名言である。

バスケがしたいです… (三井寿)

高校入学後、反抗的になり素行が悪くなった三井寿。

桜木たちはすっかり人が変わってしまった三井の改心を企てる。

ひと悶着のあと、再び三井の恩人である安西先生が現れた。

その登場に呆然自失とし、過去の栄光を思い出しながら涙を流す三井が安西先生に呟いた言葉だ。

安西先生の下でバスケがしたいと決意した三井は、湘北高校バスケ部に入部する。

かつての輝きをみるみるうちに取り戻し、チームの要となる活躍をみせることは言うまでもないだろう。

オレはいつも寝る前にこの日を想像していた(赤木剛憲)

キャプテンでセンターを務めるゴリこと赤木。

そんな硬派な赤木の衝撃的な告白は「湘北が…神奈川の王者・海南大付属とインターハイ出場をかけて戦うところを毎晩思い描いていた。1年のときからずっとだ」と続く。

叶わない夢も願い続ければいつか叶う。

シンプルな法則を私たちに教えてくれる名言だ。

ゴリの穴はオレが埋める(桜木花道)

海南大付属との決戦。

キャプテン赤木が負傷のため、前半途中でコートを離れてしまう。

大黒柱を失い不安に陥るメンバーを励ますためにこの言葉をかけた桜木。

力強い言葉によって、チームは見事勝利を収めることになる。

ほんの少し前まで初心者だった桜木が、チームにハッパをかける役割にまで成長したことを示す名ゼリフだ。

本物のシューターは練習によってのみ作られる !!(高頭力)

王者・海南大付属高校の監督がチーム随一のシューター・神宗一郎 について語った言葉。

「あくなき反復練習だけがシュート成功率をアップさせるのだ」と言葉は続く。

もともと特徴も才能もない凡庸な選手だったからこそ、”練習の鬼”になった神。

いかなる天才も努力なしでは存在しない。

地道な練習を積み重ねることの大切さを改めて気づかせてくれる名言だ。

オレは今なんだよ!!(桜木花道)

インターハイ、優勝候補・山王工業高校との一戦。

安西先生の栄光時代がいつかを尋ね、強く言い放った桜木の言葉だ。

努力の末、自らの充実をバスケットボールに見出した桜木。

今を一番に据える心構えは、林修先生の「今でしょ!」にも通じる精神だ。

まとめ

スポーツに打ち込んでいる人、何かに熱中している人におすすめできる作品『スラムダンク』。

リアルな絵柄にマッチする、熱量高い名言の数々にきっと打ちのめされることだろう。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

黒子のバスケ 印象的な名言・名シーン12選 スラムダンク キャラクター・登場人物を一覧で紹介!【熱きバスケットボール青春劇】 漫画名言記事まとめページ【気になる漫画の名言を、のぞきにいこう!】

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。