string(10) "is_single "
bool(true)
string(7) "is__mc "
string(684) "a:4:{s:3:"top";s:4:"7500";s:4:"path";s:45:"2022/04/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg";s:4:"href";s:463:"https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook/dp/B09VHB9LBF/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1";s:10:"categories";s:84:"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911";}"
string(15) "is__categories "
array(21) {
  [0]=>
  string(1) "5"
  [1]=>
  string(3) "133"
  [2]=>
  string(3) "473"
  [3]=>
  string(3) "483"
  [4]=>
  string(3) "482"
  [5]=>
  string(3) "882"
  [6]=>
  string(3) "481"
  [7]=>
  string(3) "510"
  [8]=>
  string(3) "518"
  [9]=>
  string(3) "480"
  [10]=>
  string(3) "135"
  [11]=>
  string(3) "134"
  [12]=>
  string(3) "144"
  [13]=>
  string(3) "191"
  [14]=>
  string(3) "484"
  [15]=>
  string(3) "162"
  [16]=>
  string(3) "353"
  [17]=>
  string(3) "459"
  [18]=>
  string(4) "1909"
  [19]=>
  string(4) "1910"
  [20]=>
  string(4) "1911"
}
string(17) "is__has_category "
bool(false)
string(13) "get_category "
object(WP_Term)#7829 (17) {
  ["term_id"]=>
  int(457)
  ["name"]=>
  string(6) "漫画"
  ["slug"]=>
  string(5) "manga"
  ["term_group"]=>
  int(0)
  ["term_taxonomy_id"]=>
  int(457)
  ["taxonomy"]=>
  string(8) "category"
  ["description"]=>
  string(0) ""
  ["parent"]=>
  int(0)
  ["count"]=>
  int(107)
  ["filter"]=>
  string(3) "raw"
  ["term_order"]=>
  string(2) "16"
  ["cat_ID"]=>
  int(457)
  ["category_count"]=>
  int(107)
  ["category_description"]=>
  string(0) ""
  ["cat_name"]=>
  string(6) "漫画"
  ["category_nicename"]=>
  string(5) "manga"
  ["category_parent"]=>
  int(0)
}
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(12) "is__mcbride "
NULL
string(13) "is__url_path "
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(13) "is__url_path "
bool(true)
bool(false)
bool(true)
string(12) "is__toppage "
NULL
bool(true)

暗殺教室 キャラクター・登場人物を一覧で紹介!【担任を暗殺!笑いと涙の青春サスペンス】

個性豊かで魅力的なキャラクターと、綿密に練られたストーリーで人気を博した『暗殺教室』。

アニメ化や映画化もしたジャンプの人気作品で、「担任教師を暗殺する」というミッションを課せられた生徒達の成長の物語だ。

今回はそんな『暗殺教室』のメインキャラクターをご紹介しよう。

是非、これを見てキャラクター達の魅力を再認識してほしい。

殺せんせー

暗殺対象の超生物教師

誕生日 不明
声優 福山潤
実写キャスト 二宮和也

この作品の主人公。

「殺すことができない先生」という意味で生徒に「殺せんせー」と名付けられた。

月の7割を爆破して三日月の状態にし、「1年後に地球を爆破する」と宣言した上で椚ヶ丘中学校3年E組の担任に着任した。

何本もの触手を持っていて見た目はタコに似ている。

マッハ20のスピードを出すことが可能で、その速さから姿を捉えることすら難しく報酬100億円の暗殺対象となっている。

自身の感情によって皮膚の色が変わる特性を持っていたり、粘液を出して衝撃から身を守ったりと身体的な特徴は超生物そのものであり、生半可な暗殺計画では仕留められない。

人の恋愛話に目がなく、ゴシップを狙ったり男女のカップル化を目論んだりと下世話な発想を持っている。

あぐりの意志を受け継いで生徒に対しては真摯に向き合う立派な教師であり、生徒一人一人に違うテストを作成するなど自らの能力をフルに教育に活かしている。

しかしその自らの能力を過信している時もあり、ドジを踏んで生徒達に狙われることも多い。

潮田渚(しおたなぎさ)

クラス一のひ弱な暗殺者

誕生日 7月20日
声優 渕上舞
実写キャスト 山田涼介

この作品の語り部。実質的に主人公でもある。

身長の低さをコンプレックスにしていて、中性的な見た目をしているが性別は男である。

得意科目は英語。一学期期末テストで学年6位を取っており、落ちこぼれのE組の中で成績は上位である。

運動能力や戦闘力は高くないが、暗殺の才能はクラスで一番である。

防衛省勤務の烏丸や、プロの殺し屋も認めるほどの能力である。

「殺気を隠して相手に近付く才能」や「殺気で相手を怯ませる能力」など暗殺者として必要不可欠なスキルが高く評価されている。

複雑な家庭環境や強敵との戦いを経て 「意識の波長」を感じることができるようになり、暗殺者としての才能や技能に戸惑いを抱くようになる。

赤羽業(あかばねかるま)

素行不良の問題児

誕生日 12月25日
声優 岡本信彦
実写キャスト 菅田将暉

渚と仲が良い赤髪の少年。

殺せんせーが担任としてE組に来た時には停学処分を受けており、原因は暴力沙汰である。

成績は良く正義感を持っている優等生だが、喧嘩っ早い性格で度々問題を起こしており素行不良と称されている。

戦闘能力はかなり高め。

高い身体能力を持つ上に頭が切れるのでプロの殺し屋相手でも引けを取ることなく勝利を手にする。

勉強をしなくてもテストでは良い点を取れるため、慢心で努力を怠りがち。

一学期の期末テストで勉強をサボった為に、学年順位を大きく下げてしまい挫折を味わった。

E組の仲間と共に過ごしていくうちに連帯力や指揮力、我慢強さなどが成長していき欠点がほぼなくなった。

将来は官僚を目指している。

茅野カエデ(かやのかえで)

元天才子役の暗殺者

誕生日 1月9日
声優 洲崎綾
実写キャスト 山本舞香

陽気な性格の少女で、殺せんせーの名付け親。

勉強面でも運動面でも特に目立った部分はなく、主体として動いた暗殺方法が「巨大プリンを作る」くらいしかなく、普段はサポートに徹している。

その正体は雪村あぐりの実妹であり、姉の仇である殺せんせーを憎んでいる。

仇討ちに意思が傾き過ぎてしまった結果、自らに触手を移植して戦闘能力の増加を図る。

元々は天才子役として活躍しており、役者業の恩恵かポーカーフェイスや人の心を掴むことが非常に得意。

また、身のこなしが非常に軽く暗殺面では他に負けず劣らずの高い能力を持っている。

渚のことを異性として意識している。

寺坂竜馬(てらさかりょうま)

E組のガキ大将

誕生日 4月10日
声優 木村昴
実写キャスト 菅原健

村松、吉田とクラスの問題児トリオを結成している。殺せんせー赴任当初は、渚を使って危険な暗殺をけしかけるなど横暴な一面が目立った。しかし自分の弱さでクラスメートを危険にさらしたことで深く反省し、心を入れ替える。

暗殺では、体格を生かしたパワープレイで貢献している。

勉強はあまり得意ではないようで、5教科の点数はイマイチ。「期末テストで学年1位をとった科目の数だけ触手を封じる」と殺せんせーが持ちかけた時には、実技科目の家庭科で高得点を取るという奇策をとった。

転入生のイトナを仲間に引き入れるなど面倒見の良い一面もある。

70%OFFでコミックシーモアで読む

堀部糸成/イトナ

触手を操る転入生

誕生日 3月31日
声優 緒方恵美
実写キャスト 加藤清史郎

律に続き、殺せんせーを暗殺するために「シロ」という謎の人物から送り込まれた転入生。頭部から殺せんせーと同じ触手が生えており、当初は殺せんせーの弟だと思われた。

しかしそれは間違いだった。のちに、イトナの保護者である「シロ」は、暗殺者だった殺せんせーを超破壊生物に改造した研究者の柳沢だと判明。柳沢は殺せんせーを抹殺するため、強さに執着していたイトナに触手を移植したのだった。

触手の副作用に苦しんでいたイトナだったが、寺坂をはじめとするE組の尽力によって無事に元の姿に戻る。

磯貝悠馬(いそがいゆうま)

気遣い抜群なイケメン学級委員

誕生日 11月3日
声優 逢坂良太
実写キャスト 加藤雄飛

成績優秀でルックスも抜群。他人への気配りも上手でクラスメートからの人望は厚く、文字通りE組のまとめ役。

実家が貧乏で学校に内緒でバイトをしていたためE組に入ることになった。節約に強い関心を示し、祭りの屋台でとった金魚を食料にしようとしたことも。

5教科全般が得意だが、特に社会は優秀で、1学期の期末テストで学年1位をとった。

暗殺では作戦立案役として指揮をとることが多い。前原とは仲が良く、たびたび一緒につるんでいる。

杉野友人(すぎのともひと)

恋に一途な野球少年

誕生日 8月23日
声優 山谷祥生
実写キャスト 市川理矩

野球が大好きで、放課後や休日には親友の渚とキャッチボールをしている。好きなだけで自分に野球の才能はないと思っていたが、殺せんせーに手首の柔らかさという武器を指摘され、そのアドバイスを元に独特の変化球「ヌルヌル投法」を編み出す。

プロ野球選手という夢を叶えてからは、ヌルヌル投法を武器に活躍していた。

クラスメイトの神崎有希子のことを密かに慕っており、彼女に義理チョコをもらった際は自分で木に頭をぶつけるほど錯乱していた

竹林孝太郎(たけばやしこうたろう)

二次元をこよなく愛するオタク男子

誕生日 1月29日
声優 水島大宙
実写キャスト 吉原拓弥

メイドやアニメなどの萌え文化を愛好するオタク少年。

AIである律が転校してきた際には、「いいじゃないか2D(次元)… Dを一つ失う所から女は始まる」とつぶやき、それが彼の作中での初セリフとなった。

医者の家系に生まれ幼い頃から「優秀であれ」というプレッシャーをかけ続けられており、浅野学長に誘惑される形で「落ちこぼれ」のE組から抜けかけたことがあった。

しかし最終的に、E組は「メイド喫茶の次ぐらいに心地がいい」と戻ってくる。

暗殺では奥田と共に科学方面の知識を活用し、サポートに回ることが多い。

前原陽斗(まえはらひろと)

ナンパ好きの色男

誕生日 12月6日
声優 浅沼晋太郎
実写キャスト 岡田隆之介

ルックスが良くスポーツもでき、暗殺技術も優秀というハイスペック男子。

クラスのムードメーカーでもあり、イベント事では学級委員であり親友の磯貝を支えつつ、盛り上げ役となることが多い。

無類のナンパ好きで気に入った子にはよく声をかけている。

元サッカー部で運動神経は良いものの、勉強のほうはイマイチ。

磯貝とは小学校時代からの友人で、学力に差があるため、昔は「関羽と張飛」コンビと呼ばれていたようだ。

暗殺ではサッカーで培った脚力を生かし、切り込み隊長として活躍する。

70%OFFでコミックシーモアで読む

岡野ひなた

蹴りが得意なコンバットガール

誕生日 4月2日
声優 田中美海
実写キャスト 高橋紗妃

敏捷性に優れ、暗殺では蹴り技を得意とする。身のこなしの速さは E 組の中でも群を抜いており、ナイフを扱う技術にも長け、手だけでなく足にもナイフを仕込んで戦う。

運動が得意な反面、5教科の成績はあまり良くはない。学級委員の片岡メグとは仲がよく、休日でもよく一緒に遊んでいる。

男子では前原陽斗と仲が良く、彼のことを憎からず思っているものの、前原のナンパ好きな性格が災いしてか、あるいは彼女の不器用な性格のためか、一緒にいると喧嘩に発展しやすい。

奥田愛美(おくだまなみ)

毒を操るメガネ女子

誕生日 11月7日
声優 矢作紗友里
実写キャスト 上原実矩

化学をこよなく愛する理系女子。コミュニケーションが苦手で、殺せんせーを暗殺する際には「毒です」と言って直接飲んでもらおうという直球すぎる暗殺を試み、クラスのみんなをずっこけさせた。

しかし少しずつクラスメートとの会話を増やしていくうちに、コミュニケーションも上達していった。

悪戯目的で毒が使いたいカルマからよく話しかけられており、当初は怖がっていたものの、夏にはクラスでいちばん心を許せる異性となった。

片岡メグ

E組を引っ張る男前女子

誕生日 6月15日
声優 松浦チエ
実写キャスト 宮原華音

持ち前のリーダーシップで磯貝と共にクラスをまとめる。

水泳が得意で、殺せんせーの弱点が水だと発覚した時には、水中での暗殺計画を主導した。

戦闘においてはナイフ術に優れ、ポニーテールをまとめるバレッタには隠しナイフを仕込んでいる。

頼りがいのある性格から「イケメグ」とも呼ばれている。一方、頼られたら断れない性格が災いしてか、中学時代は水泳を教えていた女子から依存されるということもあった。

同じ学級委員の磯貝悠馬とは仲が良く一緒に行動することも多いが、お互いのことをどう思っているのかは不明。

神崎有希子(かんざきゆきこ)

ゲーム大好きな大和撫子

誕生日 3月3日
声優 佐藤聡美
実写キャスト 優希美青

黒髪長髪の美少女というルックスで、E組男子からは絶大な人気を誇る。

厳しい父親への反発から一時期ぐれていたことがあり、ゲームセンターに入り浸っていたため、アーケードゲームの腕はピカ1

一見大人しそうに見えるが鷹岡の横暴にははっきりと「嫌です」とを伝えるなど、芯の通った一面もある。

国語が得意で、1学期の期末テストでは学年2位をとっていた。反面、理数系は苦手なようだ。

自律思考固定砲台(律)

進化する萌え系AI

誕生日 1月1日
声優 藤田咲
実写キャスト 橋本環奈

殺せんせーを暗殺するために送り込まれた転入生。

自律思考固定砲台という名前は長いため、クラスメートからは「律」と呼ばれている。

その実態はイージス艦に搭載されていた戦闘用AIであり、当初は機械的な性格だったが、殺せんせーがプログラムの改良をほどこしたことにより、豊かな感情表現を魅せるようになった。

日々プログラムの改良を続けており、2学期には生徒全員の携帯端末に「モバイル律」としてダウンロード可能になった。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。