七つの大罪 キャラクター・登場人物を一覧で紹介!

大人気ファンタジーアクション漫画『七つの大罪』。

つい最近、正統続編、『黙示録の四騎士』の連載が開始!

本記事では今からでも間に合う、『七つの大罪』を盛り上げるメインキャラクターを解説していく。

目次

【最終巻】『七つの大罪41巻』

今すぐ試し読み

“まさか混沌の正体が…”

 

↑↑41巻も半額で買える!↑↑

メリオダス【その魔力は一国を滅ぼすほどの力を秘めている、七つの大罪団長】

出典:amazon.co.jp

七つの大罪団長、墳怒の罪(ドラゴン・シン)メリオダス。物語の主人公。

女神族と魔人族の最高神によって呪いを懸けられ、繰り返される物語の終止符を打つために冒険をしている。

もとはリオネス王国の聖騎士として国を護衛する役割を担っていたが、魔人にたぶらかされたドレファス・ヘンドリクセンの謀略によって失脚する。

離れ離れになった仲間たちと再会を求めて、移動酒場・豚の帽子亭を営む。

酒場では各地で仕入れた絶品の酒を振舞うも、料理は苦手。

残飯処理係の喋る豚・ホークと共に旅をするのであった。

性格は温和で、どこか抜けており憎めない性格の持ち主。

また女性に対してだらしなく作中ヒロインのエリザベスとはじめて出会った時からセクハラを行う始末。

仲間想いで団員には七つの掟を定めている。

メリオダスを代表する技は全反撃(フルカウンター)。

自身に向けられた攻撃を倍以上の威力を持って跳ね返す。

身長 152cm
体重 50kg
アニメ声優 梶裕貴

バン【不死身の力を宿した元盗賊】

出典:amazon.co.jp

七つの大罪団員、強欲の罪(フォックス・シン)。

生命の泉の力によって不死の能力を手にした。通称不死身のバン(アンデッドバン)。

愛する妖精族のエレインを生き返らせる目的があり、メリオダスと共に旅に出る。

メリオダスとは幾度も衝突しており、殺されかけているがその都度不死の能力により復活。

首筋についているキズもメリオダスによってつけられたモノ。

七つの大罪に入団前は盗賊を生業にしており手癖が悪い。

意外にも料理が得意で豚の帽子亭ではコックを務める。

性格は楽天的で命を実感する為に痛みやスリルを楽しむクセがある。

バンを代表する技は強奪(スナッチ)。

触れずに物体や身体能力などを奪う魔力である。

身長 210cm
体重 70kg
アニメ声優 鈴木達央

キング【歴代最強の妖精王】

出典:amazon.co.jp

七つの大罪団員、怠惰の罪(グリズリー・シン)。本名ハーレクイン。

妖精族の長。背中に羽根をはやしており、普段は子供のような幼い風貌だが、正装時にはふくよかな中年男性へと変貌する。

歴代最強の妖精王と称されておりキングと呼ばれている。

豚の帽子亭では仕入れ係を担当。

団員のディアンヌに行為を寄せており、片思い中である。

メリオダスやバンは近接戦闘に優れているが、キングは妖精界の神樹から作られた鋼を超える強度を持つ霊槍シャスティフォルを使用した中遠距離攻撃を得意とする。

登場初期から魔力を引き上げる神器を所持しており、死者の都でメリオダスとバンが苦戦する相手を一蹴する程の威力を持つ。

身長 160cm(幼少時)、180cm(中年時)
体重 48kg(幼少時)、120kg(中年時)
アニメ声優 福山潤

ディアンヌ【乙女心を忘れない大看板娘】

出典:amazon.co.jp

七つの大罪団員、嫉妬の罪(サーペント・シン)

巨人族の女戦士。豚の帽子亭では文字通り大看板娘を務める。一人称はボク。

メリオダスに好意を寄せている。

嫉妬深く乙女らしい一面があり、登場初期はメリオダスに同行しているエリザベスに対して敵対心をむき出しにしていた。

合流後は七つの大罪をおびき寄せる為にディアンヌの神器ギデオンが賞品とされたバイセルの喧嘩祭りに参加。

大地を司る巨人族特有の能力を駆使し、戦闘を行う。

身長 915cm
体重 不明
アニメ声優 悠木碧

マーリン【反則級の強さを誇るブリタニア一の魔術師】

出典:amazon.co.jp

七つの大罪団員。暴食の罪(ボア・シン)

賢者の都べリアルインの出身。

魔人族や女神族に対抗するための実験によって誕生し、特異な魔力を持つブリタニア一の魔術師。

七つの大罪に協力する理由は物語終盤でようやく判明する。

自身の真の目的のために七つの大罪を利用していた事を少なからず感じていたメリオダスからは胡散臭いと揶揄されていた。

七つの大罪とは利害関係が一致した場合に協力をする事から別行動を取っている事が多い。

マーリンの能力はその無限の魔力を永続する事ができるチート能力であり、他の団員達が苦戦するような相手でも策を講じ度重なる危機から七つの大罪を救うのであった。

身長 177cm
体重 57kg
アニメ声優 坂本真綾

エスカノール【最強×傲慢 作中最強キャラクター】

出典:amazon.co.jp

七つの大罪団員。傲慢の罪(ライオン・シン)

王国から逃れた後は、麗しきの暴食亭という酒場を開業して身を隠していた。

十戒に追われるバン達と偶然再会を果たす。

もともとは、とある王国の王子だったエスカノールであったが、太陽の恩寵が発現した事で王国を去るのであった。

太陽の恩寵の影響により、昼12時に向かって魔力が膨張する得意体質の持ち主。

普段のエスカノールは気弱な青年だが、日中に近付くにつれて人格も傲慢そのものになる。

自身を最強と自負している事から、自らの実力を把握できていない相手に対して『おこがましい』と侮蔑する口癖を持つ。

魔力のピークを迎える昼12時ちょうどからの1分間は天上天下唯我独尊(ザ・ワン)という無敵状態に入り、魔神王や魔神化したメリオダスさえ退ける魔力を発揮する。

作中の中でも最強クラスのキャラクターである。

身長 165cm→325cm
体重 49kg→355kg
アニメ声優 杉田智和

ゴウセル【心を欲する傀儡】

出典:amazon.co.jp

七つの大罪団員。色欲の罪(ゴート・シン)

十戒の一人である無欲のゴウセルが生成した人形。

人の心を欲しており、空気が読めない性格の持ち主。

無機質で特徴的な喋り方をする中性的な印象を与える。

ゴウセルの魔力の特徴は、人の精神世界に侵入できる能力 (侵入・インベイション)。

記憶を司る能力から物語の中で重要なキーマンと言えるだろう。

身長 175cm
体重 61kg
アニメ声優 高木裕平

ドレファス【悪に染まりし、聖騎士長】

出典:amazon.co.jp

リオネス王国二大聖騎士長のひとり。

グリアモールの父親であり、カリスマ性と剣術を兼ね備えた逸材である。

兄への劣等感からヘンドリクセンと共謀し、聖騎士長ザラトラスを殺害。

その罪を七つの大罪にきせた主犯格である。

実は魔神族のフラウドリンに十数年間のあいだ憑依されており、十戒を復活させる目的を持っている。

最終的にはフラウドリンから解放され、人間のドレファスに戻る。

身長 185cm
体重 82kg
アニメ声優 小西克幸

ヘンドリクセン【魔神の力に魅せられた聖騎士長】

出典:amazon.co.jp

リオネス王国の二大聖騎士長のひとり。

メリオダスの暴走によって滅亡したダナフォールの調査時に魔神族のフラウドリンに憑りつかれたドレファスにより洗脳された。

ドレファスの唯一無二の親友。

森の賢者(ドレイド)の出身であり、女神族の一部の能力を使用する事ができる。

復活した四大天使リュドシェルへの忠誠心が強く、女神族を信仰している。

身長 182cm
体重 72kg
アニメ声優 内田夕夜

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。