ヒカルの碁 キャラクター・登場人物を一覧で紹介!【友情・努力・勝利!熱く燃える文科系漫画】

社清春(やしろ きよはる)【初手天元のトリッキーな新人棋士】

出典:amazon.co.jp

ヒカルたちがプロになってから1年後、関西棋院でプロ棋士となった高校生。

本田との対局では初手天元、ヒカルとの対局では初手5の2と、トリッキーな一手を打ってくる選手でもある。

両親から碁への理解は得られないが、北斗杯に向けて合宿の提案をするなど、碁への熱や、見返したい気持ちが強い。

高永夏(コ ヨンハ)【韓国の若手No.1若手プロ棋士】

出典:amazon.co.jp

韓国のプロ棋士。

作中でヒカルが最後に対局したラスボスでもある。

日本よりも碁のレベルが高いと言われている韓国の国内タイトル挑戦者でもあり、北斗杯では韓国代表チームの対象を務めた実力者。

北斗杯の事前インタビューにて、秀策を褒めたつもりが、手違いによって「本因坊秀策なんかたいしたことない」と、秀策を侮辱した発言で通訳されてしまう。

それがヒカルに伝わり、ヒカルの逆鱗に触れてしまう。

おわりに

『ヒカルの碁』に登場する主要キャラクターを一覧で紹介した。

囲碁という少々地味なテーマではあるが、ジャンプ王道の「友情・努力・勝利」が詰まった作品で、熱く燃える。

漫画は全23巻で完結しているので、一気読みにもおすすめだ。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

ヒカルの碁 熱く心に残る名言・名シーン10選

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。