string(10) "is_single "
bool(true)
string(7) "is__mc "
string(684) "a:4:{s:3:"top";s:4:"7500";s:4:"path";s:45:"2022/04/0fd442507b0b276b69e7c0761e66e38f.jpeg";s:4:"href";s:463:"https://www.amazon.co.jp/%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%88%E4%BD%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F%EF%BC%81%E9%80%8F%E6%98%8E%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%95%E3%80%8D-ReaJoy-%E7%9C%9F%E6%9C%A8%E7%A7%8B%E9%9A%86-ebook/dp/B09VHB9LBF/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2AUTBXELRJ0OO&keywords=ReaJoy&qid=1648723441&s=digital-text&sprefix=reajoy%2Cdigital-text%2C239&sr=1-1";s:10:"categories";s:84:"5|133|473|483|482|882|481|510|518|480|135|134|144|191|484|162|353|459|1909|1910|1911";}"
string(15) "is__categories "
array(21) {
  [0]=>
  string(1) "5"
  [1]=>
  string(3) "133"
  [2]=>
  string(3) "473"
  [3]=>
  string(3) "483"
  [4]=>
  string(3) "482"
  [5]=>
  string(3) "882"
  [6]=>
  string(3) "481"
  [7]=>
  string(3) "510"
  [8]=>
  string(3) "518"
  [9]=>
  string(3) "480"
  [10]=>
  string(3) "135"
  [11]=>
  string(3) "134"
  [12]=>
  string(3) "144"
  [13]=>
  string(3) "191"
  [14]=>
  string(3) "484"
  [15]=>
  string(3) "162"
  [16]=>
  string(3) "353"
  [17]=>
  string(3) "459"
  [18]=>
  string(4) "1909"
  [19]=>
  string(4) "1910"
  [20]=>
  string(4) "1911"
}
string(17) "is__has_category "
bool(false)
string(13) "get_category "
object(WP_Term)#7830 (17) {
  ["term_id"]=>
  int(1952)
  ["name"]=>
  string(30) "東京卍リベンジャーズ"
  ["slug"]=>
  string(14) "tokyorevengers"
  ["term_group"]=>
  int(0)
  ["term_taxonomy_id"]=>
  int(1952)
  ["taxonomy"]=>
  string(8) "category"
  ["description"]=>
  string(0) ""
  ["parent"]=>
  int(457)
  ["count"]=>
  int(24)
  ["filter"]=>
  string(3) "raw"
  ["term_order"]=>
  float(16.1)
  ["cat_ID"]=>
  int(1952)
  ["category_count"]=>
  int(24)
  ["category_description"]=>
  string(0) ""
  ["cat_name"]=>
  string(30) "東京卍リベンジャーズ"
  ["category_nicename"]=>
  string(14) "tokyorevengers"
  ["category_parent"]=>
  int(457)
}
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(7) "is__mc "
string(0) ""
string(12) "is__mcbride "
NULL
string(13) "is__url_path "
bool(false)
bool(false)
bool(false)
string(13) "is__url_path "
bool(true)
bool(true)
bool(true)
string(12) "is__toppage "
NULL
bool(false)

【東京卍リベンジャーズ】三ツ谷隆はかっこいいギャップ萌え男子!名言や愛車まで完全網羅

三ツ谷隆サムネイル

三ツ谷の喧嘩の強さはどれくらい?

三ツ谷は、東卍の弐番隊隊長を務めるだけあって喧嘩がかなり強い。

8・3抗争では頭に傷を負ったドラケンにあとを任され、血のハロウィンでは喧嘩の弱いタケミチを助けるなど、並の相手であれば喧嘩をしながら仲間の援護もしてしまうという離れ業をやってのける。

タイマンの実力も確かなもので、関東事変では天竺四天王の一人である望月莞爾(モッチー)と互角に渡り合った。

だが、三ツ谷の実力が本当に分かるのは、やはり聖夜決戦の時の柴大寿戦だ。三ツ谷は守るべきものがある時、格段にその強さが上がる。

聖夜決戦時の三ツ谷は、本作に登場する不良における喧嘩の強さランキングでも間違いなく上位に入るだろう大寿とも互角に勝負を繰り広げた。

三ツ谷本人は正々堂々とした喧嘩を好むため不意打ちに弱いという弱点もあるが、タイマンでの喧嘩ならば、本作のキャラの中でもトップクラスの実力を誇ると言っていいだろう。

東京卍リベンジャーズ強さランキングサムネイル『東京卍リベンジャーズ』強さランキングTOP15!最強の不良は誰だ【最新版】

乗ってるバイクもかっこいい!愛車はインパルス

三ツ谷の乗っているバイクも非常にかっこいい。

三ツ谷の愛車は、当時、族車として人気があったスズキのインパルス(GSX400FS)だ。

スズキから初代のインパルスが登場したのは1982年だが、三ツ谷が乗っているのは厚みのあるタンクやラジエーターから考えて94年に発売した3代目のインパルスだろう。

そんな3代目インパルスのフューエルタンクのサイド部分には東卍の『卍』の文字が入っており、三ツ谷なりの改造が施されているのが素敵だ。

髪の下にはドラゴンのタトゥーあり!【知る人ぞ知る三ツ谷の秘密】

実は三ツ谷にはドラケンと反対の右側のこめかみにドラゴンのタトゥーが彫られている。ただし、ドラケンと同時期に彫って被ってしまったため、三ツ谷が髪を伸ばしドラケンに譲ることになった。

ちなみに、三ツ谷の髪型は基本的にはハイトーンカラーのシルバーパープルの短髪だが、時期によって伸ばすこともある。

しかし、左耳のピアスだけは四角いプレートにクロスがデザインされたもので統一されているので本人のお気に入りなのだろう。

こんな兄貴がマジ欲しい!三ツ谷のかっこいい名言5選

どんなに苦しくても力は守る為に使えよ

「東京卍リベンジャーズ10巻84話」

三ツ谷が八戒にかけた言葉。

八戒が実の兄・大寿を殺そうとしていたことに気づいたのか、三ツ谷は彼に対して「力の使い方」を間違えるなと諭す。

暴力自体は悪ではないが、壊すための暴力では誰も幸せにすることはできない。小学生の時も八戒に「暴力はさ、守る為に使えよ」と言った三ツ谷。

八戒が道を踏み外してしまいそうなとき、いつも三ツ谷は実の兄貴のように思いやりのある言葉で八戒を止めてくれる。

生まれた環境を憎むな

「東京卍リベンジャーズ10巻84話」

兄の大寿の暴力に怯え、兄を殺すことを考えるほど追い詰められていた八戒にかけた言葉。

生まれた環境のせいにしても何も変わらない。環境の不遇を恨んだり憎んだりしても誰も幸せにはなれない。三ツ谷の人生観に裏打ちされた彼なりの厳しさと思いやりが同居している言葉だと言えるだろう。

片親で小学生の時から兄兼親代わりで2人の妹マナとルナの面倒を見ていた三ツ谷だからこそ説得力を持たせることができる台詞だ。

それが“兄貴“だ バカヤロウ

「東京卍リベンジャーズ11巻96話」

聖夜決戦。八戒や柚葉の前で、大寿に向かって叫んだ言葉。

三ツ谷は兄として、妹にはどんな時でも手をあげたりしない。どんな悪さをしても笑って許してやる。そんな三ツ谷の兄貴としての信念が凝縮された一言であり、力で弟と妹を支配しようとする大寿とは真逆の価値観と言える。

三ツ谷は兄貴としての意地を見せつけるかのように、喧嘩の強さや体格で劣る大寿に対して互角以上の殴り合いを繰り広げて見せた。

柚葉 マジ尊敬する 今度はオレらの番だ

「東京卍リベンジャーズ12巻107話」

兄・大寿の暴力からたった一人で八戒を守り続けてきた柚葉にかけた労いの言葉。

三ツ谷は八戒の兄貴分として接してきたが、実は八戒に対して過剰に期待してしまったことで、その期待に応える強さを持たない八戒のことを苦しめてしまっていた。

三ツ谷はそれに対して素直に謝罪し、今度は自分たちが八戒を守ると決心する。

兄としての自身の過ちを素直に認めることもできる三ツ谷の謙虚な性格が表れている台詞と言えるだろう。

オレは家族を大事にする不良になる!!

「東京卍リベンジャーズ14巻122話」

小学5年生の三ツ谷がドラケンに言った台詞。

家出した三ツ谷だったが、家に残した2人の妹のことが気になって仕方ない。そんな三ツ谷に対して、ドラケンは「おまえはいい奴だから家に帰れ、不良には向いてない」と諭す。

そんなドラケンに対する三ツ谷なりのアンサーが

「オレは家族を大事にする不良になる!!」

である。

以来、三ツ谷はドラケンの人柄に惹かれ、ずっと彼の背中を追いかけている。

東リべ名言サムネイル『東京卍リベンジャーズ』キャラごとの名言・名シーン30選【不器用でまっすぐな言葉たち】

死ぬかファッションデザイナー?三ツ谷隆の現在(未来)とは

タケミチのタイムリープの結果、三ツ谷の現在(未来)は大きく分けて2つのどちらかになる。

1つ目は死ぬパターン。

タケミチの7回目のタイムリープでは、三ツ谷はマイキーによって絞殺される。この未来では東卍メンバーの全員が死亡し、もっとも最悪な現代となってしまった。

2つ目のパターンはデザイナーだ。

9回目のタイムリープで辿り着いた現代の三ツ谷は生存しており、手芸という特技を活かして駆け出しのファッションデザイナーとして活躍する。ちなみに弟分の八戒は海外で活躍するトップモデルだ。

おわりに

東リベ1かっこいいギャップ萌え男子、三ツ谷隆について徹底解説してきた。

改めて、三ツ谷は本当にかっこいいなあと思う。冷静沈着で優しく仲間想い、しかも喧嘩が強くて頼りがいがある兄貴分だ。

その上、裁縫なんて可愛らしい特技まで持たれたら、こちらはもう太刀打ちできない。

こんな男に見込まれて、特攻服を仕立ててもらえたらどんなに誇らしい気持ちになるだろう。タケミチが心の底から羨ましい。

この記事が、いまだ三ツ谷を知らない多くの人たちに彼の魅力を気付かせるきっかけとなったら幸いである。

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。