エッセイおすすめ作品26選【読書好き26人に聞いた!】

人気作家や芸能人などなど、あらゆる分野の人のおもしろ体験談・価値観・教訓を楽しめるエッセイ。

この記事では、読書が好きな方26人が選ぶエッセイおすすめ作品26冊を紹介します。

「このエッセイ…めっちゃ面白そう!今すぐ読みたいな」

と思える作品に出会えるかも!

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ

大人の凝り固まった常識を、子どもたちは軽く飛び越えていく。世界の縮図のような「元・底辺中学校」での日常を描く、落涙必至のノンフィクション。
(Amazon商品説明より)

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』の感想

だしまき

読んでいて価値観を揺さぶられるエピソードが盛りだくさんです。
多様性・格差・差別・子どもとの関わり方などについて改めて考え直すきっかけになります。
多様化する社会で生きるヒントがたくさん詰まっています。

愛藍

アイリッシュのパートナーとの息子さん周りの在英生活エッセイ。
人の多様性や、シビアな格差社会を描きながらもYA文学のような少年の成長と爽やかさを感じます。
『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』あらすじと感想【戦う子供たちの姿を見よ】『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』あらすじと感想【戦う子供たちの姿を見よ】
『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』の基本情報
出版社 新潮社
出版日 2019/06/21
ジャンル エッセイ
受賞 第7回ブクログ大賞 エッセイ・ノンフィクション部門受賞/Yahoo!ニュース本屋大賞2019受賞
ページ数 256ページ
発行形態 単行本、電子書籍

『ナナメの夕暮れ』若林正恭

オードリー若林、待望の新エッセイ集!『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』から3年。雑誌「ダ・ヴィンチ」での連載に、大幅に書き下ろしエッセイを加えた、「自分探し」完結編!
(Amazon商品説明より)

『ナナメの夕暮れ』の感想

ラマンボ

普段エッセイはほぼ読みませんが、こちらは痛いとこを突かれながらもストンと入ってくる感じがしました。
自分が心のどこかで感じていた生き辛さとどう向き合うか。
この先、楽しく生きていくためのヒントが書かれている、言うなれば”攻略本”みたいな一冊だと思います。
『ナナメの夕暮れ』あらすじと感想【待望の新作エッセイ!生き辛さを抱える人、必読!ナナメ目線で世の中を見たっていいじゃない!】『ナナメの夕暮れ』あらすじと感想【待望の新作エッセイ!生き辛さを抱える人、必読!ナナメ目線で世の中を見たっていいじゃない!】
『ナナメの夕暮れ』の基本情報
出版社 文藝春秋
出版日 2018/08/30
ジャンル エッセイ
ページ数 218ページ
発行形態 単行本、電子書籍

『もものかんづめ』さくらももこ

「こんなにおもしろい本があったのか!」と小学生からお年寄りまでを笑いの渦に巻き込んだ爆笑エッセイの金字塔!!著者が日常で体験した出来事に父ヒロシや母・姉など、いまやお馴染みの家族も登場し、愉快で楽しい笑いが満載の一冊です。「巻末お楽しみ対談」ではもう一度、全身が笑いのツボと化します。描き下ろしカラーイラストつき。
(Amazon商品説明より)

『もものかんづめ』の感想

小山 志織

ちびまるこちゃんでは、友蔵はまるこのことが大好きで甘いおじいちゃんになっていますが、本当の友蔵は家族に疎まれる意地悪じいさんだった…というのは有名な話。
そんな友蔵じいさんの最期を面白おかしく描写した抱腹絶倒エッセイです。
『もものかんづめ』あらすじと感想【日曜18時が待ち遠しくなる爆笑必至のエッセイ】『もものかんづめ』あらすじと感想【日曜18時が待ち遠しくなる爆笑必至のエッセイ】
『もものかんづめ』の基本情報
出版社 集英社
出版日 2001/03/16
ジャンル エッセイ
ページ数 290ページ
発行形態 単行本、文庫、電子書籍

『絵本を抱えて 部屋のすみへ』江國香織

自分が自分だと気づく前に遇ってしまっていた絵本。愛してくれている大人の温もりと共に身体にしみこんでしまっている絵本。人生の複雑さを知った心に響いて忘れえぬ一冊となった絵本。ブルーナ、ポター、クーニー…私がいまの私になるために、絵本たちとのとても大切で幸福な出会いがあった。絵本という表現手段への愛情と信頼にみちた、美しく豊かな言葉で紡がれた35編のエッセイ。
(Amazon商品説明より)

『絵本を抱えて 部屋のすみへ』の感想

カズノ

絵本への愛情を綴った作品。
おれはよく分かんないけど、かなり網羅的なんじゃないかと思います。
作品も作者も。
枚数の関係だと思いますが、圧縮率が異様に高い「こてこて」の作品。
江國香織さんがこんなに感情むきだしにするのは珍しい。
江國香織おすすめ作品10選【リリカルな文章が紡ぐ、ユニークな人間関係】
『絵本を抱えて部屋のすみへ』の基本情報
出版社 新潮社
出版日 2000/11/29
ジャンル エッセイ
ページ数 285ページ
発行形態 単行本、文庫

『ラブコメ』原田マハ

作家・原田マハと漫画家・みづき水脈がタッグを組んで、自然農でコメ作りを始めた。種籾をまき、畦塗りをし、田植えをする。草を刈り、かかしを作り、いよいよ稲刈り。金色に輝く稲穂から脱穀し、そして豊穣祭―。今どきイケてる農作業ファッションとは?ていねいに育てられたお米の味は?早起きや力仕事もチームワークで乗り切る、発見と驚きに満ちた一年間のコメ作り。田園に吹く爽やかな風を感じる、エッセイ&コミック。
(Amazon商品説明より)

『ラブコメ』の感想

yurika

タイトルからラブコメディーを想像していましたが、「ラブ米」でした。
この本は作家・原田マハさんと漫画家・みづき水脈さんが参加した「特殊なお米づくり」のワークショップでの体験が、文章とマンガで綴られたエッセイです。「農薬を使わない、畑を耕さない、そして農機も一切使わない」という、現代の農家の常識を覆す「特殊なお米づくり」は、見ているだけで筋肉痛になりそうなほど、ハードな作業の連続です。
しかし、これは先人たちが行っていたお米づくりの方法であり、読み終わるとご先祖様へ感謝の念を抱かずにいられません。
先に『生きるぼくら』を読んでから、読むことオススメします。
『ラブコメ』の基本情報
出版社 KADOKAWA
出版日 2015/10/24
ジャンル エッセイ
ページ数 115ページ
発行形態 単行本、文庫、電子書籍

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。