SF小説おすすめ15選【来るべき未来の予想図!5ジャンルに分けて紹介】

SF小説のSF(サイエンス・フィクション)とは、世界初のSF雑誌〈アメージング・ストーリーズ〉の初代編集長、ヒューゴー・ガーンズバッグによって提唱された概念だ。

ただし、〈SF〉という言葉が生まれるより以前からSFテイストの作品は存在しており、その歴史はなんと2世紀に遡ることが出来るほど。

読んで字のごとく〈空想科学〉をメインテーマに据えたこのジャンルでは、仮想技術による戦争や時間旅行、電脳世界などが描かれることが多い。

本記事では様々なSF小説の中から、おすすめの作品をジャンルごとに分けて紹介する。

ちなみに、海外SFと日本SFをそれぞれ紹介するが、海外SFは登場人物の名前や訳の都合から状況のイメージを掴み辛い可能性がある。

その為、SFを読み慣れてない読者の方は日本製から読むことをおすすめする。

胸躍る大冒険〈スペクタクル〉系のSF小説4選

近未来世界で、架空の武器を手に繰り広げる壮大な大冒険。

迫りくる敵はロボットかAIか、それとも人間か。

ここでは、最も分かりやすいジャンルであろう〈スペクタクル〉系の作品を紹介する。

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』フィリップ・K・ディック

言わずと知れた、SF小説の名作。

1982年に『ブレードランナー』のタイトルで映画化もされ、2017年には『ブレードランナー2049』として続編も制作されている。

主人公の賞金稼ぎ〈リック・デッカード〉が、火星から逃亡した8体のアンドロイドを処分する為に追う、という分かりやすいストーリー展開。

今作で描かれる、〈自然が壊滅的なダメージを受けているが故、虫の一匹すらも厳重に保護されている〉、〈その為、生きている動物を飼うのは一種の社会的ステータスとなっている〉、などの独創的な設定はディック作品ならでは。

しかし、分かり易い展開や独創的な未来世界を舞台に〈人間と同じく感情を持つ機械/アンドロイド〉の存在を通して描かれるテーマは、〈人間とアンドロイドの違いは何処にあるのか?〉という、哲学的な領域に突入している。

分かり易い展開ながら、〈THE SF小説〉という味わいの作品なので、海外SFの入門書として是非手に取ってみて欲しい作品だ。

また、映画『ブレードランナー』とはかなり展開が異なっているので、映画を観てから違いを探してみるのも面白いかも知れない。

試し読みする

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』の基本情報
出版社 早川書房
出版日 1977/03/01
ジャンル SF
ページ数 336ページ
発行形態 単行本、文庫、電子書籍、オーディオブック

『ニューロマンサー』ウィリアム・ギブスン

〈サイバーパンク〉の起源たる、ウィリアム・ギブスンの長編SF小説。

巨大な電脳ネットワークが張り巡らされ、〈財閥〉と〈ヤクザ〉が経済を牛耳る未来社会で、主人公の〈ケイス〉が失った〈電脳空間の接続〉の能力を取り戻すため、危険な匂いのする仕事を請け負う、というストーリー。

インターネットの黎明期に既に、脳を〈電脳空間(サイバースペース)〉に接続する、というアイデアを登場させており、非常に時代を先取りしている。

また、〈人体に機械を埋め込んだ、戦闘用の肉体改造〉や〈個人の人格を記憶したカセット〉などのガジェットも充実しており、発表から40年近く経過した現代でも〈未来〉を感じさせる。

そんな〈未来〉を思わせる情報が、息も付かせぬペースで流れ込んでくるため、酩酊感の様な不思議な感覚を味わえる、異様に濃い酒の様な作品となっている。

情報量が多く非常に難解な作品ではあるが、要所要所で単語を調べながら、少しずつでも読んでみて欲しい。

きっと、内容に理解出来ない部分があっても尚、なんとも言えないサッパリとした読後感を味わえるはず。

余談だが、経済を牛耳る財閥の代表格が〈三菱(ミツビシ)〉であったり、物語の始まる土地が〈千葉(チバ)〉であったりと、当時の日本の立ち位置が垣間見える面白さもある。

試し読みする

『ニューロマンサー』の基本情報
出版社 早川書房
出版日 1986/07/01
ジャンル SF
ページ数 451ページ
発行形態 単行本、文庫、電子書籍

『ルー=ガルー 忌避すべき狼/インクブス・インプス 相容れぬ夢魔』京極夏彦

『百鬼夜行シリーズ』や『巷説百物語』でお馴染みの京極夏彦氏による、近未来SF小説。

ヒトとヒトとが、〈端末(たんまつ)〉を通して繋がることが当たり前となり、〈物理接触(リアルコミュニケーション)〉が希薄となった近未来を舞台に起こる陰惨な事件と、事件の黒幕に抗う少女たちの戦いを描いている。

京極夏彦氏と言えば、『百鬼夜行シリーズ』では戦後間もない昭和の世、『巷説百物語シリーズ』では江戸時代末期、という〈過去〉を舞台にした作品が多い印象を抱きがちかも知れない。

そんな彼が描く近未来の設定の数々は、なんと読者投稿を元に築かれている。

息苦しさを覚えつつも安全なはずの社会や、そこで起こる陰惨な殺人事件。

そして、個性豊かな少女たちが事件に挑んでいく様子など、見所は多い。

特にラストバトルでは、それまでの空気感が重苦しかったが故に、大きなカタルシスを得られるはずだ。

加えてこの『ルー=ガルー』シリーズは、『百鬼夜行シリーズ』の世界観とも繋がっている。

そのため、今作を読んでおくことで、氏の別作品もより楽しめる様になる筈だ。

試し読みする

『ルー=ガルー 忌避すべき狼/インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔』あらすじと感想【百鬼夜行シリーズの著者が描く、近未来SF】『ルー=ガルー 忌避すべき狼/インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔』あらすじと感想【百鬼夜行シリーズの著者が描く、近未来SF】

『ウルトラマンメビウス アンデレスホリゾント』朱川湊人

恐らく、日本で1番有名なSF作品とは『ウルトラマンシリーズ』なのでは無いだろうか。

攻めてくる宇宙人や怪獣と、そんな脅威から幾度となく地球を守るヒーロー〈ウルトラマン〉の活躍に、心躍らせた人は少なくは無いはずだ。

描かれる世界は未来技術に溢れていて、まさしくSF、〈空想科学〉の名の通りなのである。

今作は、そんなウルトラマンシリーズの中でも、初代ウルトラマンから始まる所謂〈M78星雲〉時空の完結編とも呼べる、『ウルトラマンメビウス』のノベライズ。

著者である直木賞作家の朱川湊人氏は、メビウス本編でも脚本を手掛けていた。

そんな氏が描いた今作は、宇宙人と地球人の出会い、すれ違い、戦い、そして歩み寄りなど、『ウルトラマンシリーズ』の根底に通じるテーマが端正な文章で描かれており、単なるテレビ番組のノベライズに止まるものではない。

SFというジャンルの入り口として、是非多くの人の手に渡って欲しい作品だ。

『ウルトラマンメビウス アンデレスホリゾント』あらすじと感想【直木賞作家が描くもう1つのウルトラマンメビウス】『ウルトラマンメビウス アンデレスホリゾント』あらすじと感想【直木賞作家が描くもう1つのウルトラマンメビウス】
『ウルトラマンメビウスアンデレスホリゾント』の基本情報
出版社 光文社
出版日 2009/12/17
ジャンル SF
ページ数 462ページ
発行形態 単行本、文庫

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。