本×音楽記事はこちら!

『本日は、お日柄もよく』原田マハ【原田マハの人気作!スピーチライターのお仕事小説】

あらすじ

二ノ宮こと葉は27歳のOL。幼なじみである厚志の結婚式で「伝説のスピーチライター」久遠久美のスピーチに感動し、弟子入り、修行を重ねます。そして、衆議院選挙に立候補する候補者のスピーチライターを務めることに。選挙当選と政権交代は果たせるのか? また、こと葉の恋の行方は……?

注意
以下、ネタバレ注意です。

本日は、お日柄もよくの感想(ネタバレ)

この小説の始まりは、なかなか衝撃的です。

幼なじみの結婚式に呼ばれ、あまりにも退屈なスピーチを聞きながら眠くてたまらずコックリコックリ……そしてなんと目の前のスープ皿にガシャン! と顔を突っ込んでしまいます。そして会場全体の注目を浴びてしまうのでした。

久美のもとに弟子入りし、スピーチライターとして仕事を始めたこと葉は、衆議院選挙のための街頭演説の原稿を作ります。政権交代を狙う野党候補者と話し合い、久美の教えや家族の励ましを受けながら、スピーチを形にするうちに、こと葉は成長してゆきます。

次々と展開するハラハラドキドキ感だけでなく、個性的な登場人物たちもこの小説の大きな魅力です。

凄腕スピーチライターで美人な久遠久美、こと葉が片想いしてきた今川厚志、仕事上のライバル和田日間足(かまたり)、こと葉の祖母である俳人二ノ宮キク……。特にキクの、サバサバしていてなおかつ風流なキャラクターは印象的です。

白熱するシリアスな選挙戦の合間にコミカルなシーンもあり、恋愛も絡み、とても読みやすくなっています。

スピーチライターという仕事のこと、さらに深く「言葉」というものの力についても語られます。

言葉は、メッセージカードのようなものよ

言葉っていうのは、魔物だ。人を傷つけも、励ましもする。本やネットを目で追うよりも、話せばなおのこと、生きた力をみなぎらせる。この魔物をどう操るか。それは、話す人次第なのだ。

言葉は書くものでも読むものでもない。操るものだ。

言葉のみによって成り立っている小説の中にあってこそ、より輝く文章ではないでしょうか。

また、スピーチに始まりスピーチに終わるこの作品中には、多くの感動的なスピーチが出てきます。笑いあり涙ありの、言葉のセンスに脱帽……!! この小説を読みごたえあるものにしています。

感動的な読後感にひたりながら、自分の日常をふりかえり、学校や仕事、プライベートで言葉を大切に使っているだろうか? と考えさせられます。

困難を前にしている人をはげますこの言葉にはとても力があります。

三時間後の君、涙が止まっている。24時間後の君、涙は乾いている。二日後の君、顔を上げている。三日後の君、歩き出している。

そして時には、あえて言葉を発さず黙って抱きしめることも大切。

この小説を読んだあとは、言葉に対する意識が変わり、なおかつ言葉を「操る」力とセンスがみがかれていることでしょう。

 

主題歌:絢香/I believe

絢香「I believe」

まっすぐに目の前のことに立ち向かう主人公たちの姿に、この歌が思い浮かびました。

意志の強そうな感じがする曲の雰囲気も合っていると思います。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

原田マハ『常設展示室』:キュレーターでもある原田マハの、アート小説もぜひ読んでみてください!

『常設展示室』原田マハ【アート小説の第一人者が人生のきらめきを描き出す、極上の最新短編集!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です