「読書会をもっと身近に」
8/18までクラウドファンディング実施中!

おすすめ作家(その3)【最低限、これだけは知っておきたい!文豪(初級編)】

おすすめ作家(その3)【最低限、これだけは知っておきたい!文豪(初級編)】

太宰治

おすすめの理由

教科書で作品が紹介されているので親しみやすい。

まずは一番有名な「人間失格」を読んでみよう。内容が理解できなくても、巻末に解説があるので手助けになる。

一通り内容を把握しておけば、予習にもなる。

夏目漱石

おすすめの理由

文体が躍動感があり、読みやすい。「夢十夜」など、教科書で出てくる作品もあるので親しみやすい。

展開が分かりやすい「坊ちゃん」がおすすめ。

芥川龍之介

おすすめの理由

「羅生門」「蜘蛛の糸」など、教科書に載った作品が多い。

文豪の中では一番読みやすい文体が魅力。

「蜜柑」「トロッコ」などはストーリ性もあり、勧善懲悪を好む人におすすめ。

小林多喜二

おすすめの理由

「蟹工船」はシビアな内容だが、読みやすい。

その名の通り蟹を漁獲する舟に乗る若い青年たちが、衛生面も精神面も過酷な状況の中、生き抜く短編だ。

「プロレタリア文学」と聞いて難しく感じる人もいると思うが、ぜひ挑戦してみてほしい。

 

山本有三

おすすめの理由

青少年向けに書かれた、「心に太陽を持て」が読みやすい。

入手もしやすいので、特におすすめ。

 

この記事を読んだあなたにおすすめ!

梨木香歩おすすめ作品10選【自然の中で生まれる癒しの文学】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です