梨木香歩おすすめ作品10選【自然の中で生まれる癒しの文学】

梨木香歩おすすめ作品10選【自然の中で生まれる癒しの文学】

梨木香歩といえば、間違いなく『西の魔女が死んだ』が代表作になるだろう。他の作品は読んでなくてもこの作品だけは読んだという人は多いと思う。

西の魔女が死んだ』は1994年に出版され、2008年に実写映画化された。

児童小説あるいはYA(ヤングアダルト)小説というジャンルで、心温まるストーリーはとても読みやすく幅広い世代に愛されている。

さて、そんな梨木香歩はエッセイストとしても優れた作家であることはご存知だろうか。

小説は読んだことあるけどエッセイは読んだことないという方のために、5つの小説と5つのエッセイを厳選してみた。

これもまた選ぶのにとても苦労したけど、新しいジャンルを開拓するきっかけになると嬉しい。

梨木香歩とは

梨木 香歩(なしき かほ)

1959年生まれ。作家。小説に『西の魔女が死んだ』『家守綺譚』『冬虫夏草』(以上、新潮社)、『村田エフェンディ滞土録』(角川書店)、『f植物園の巣穴』(朝日新聞出版)、『ピスタチオ』(筑摩書房)、『岸辺のヤービ』(福音館書店)、『僕は、そして僕たちはどう生きるか』(理論社、のち岩波現代文庫)など、エッセイに『渡りの足跡』『エストニア紀行』(以上、新潮社)、『水辺にて』(筑摩書房)、『不思議な羅針盤』(文化出版局)など、翻訳に『ある小さなスズメの記録』(文藝春秋)、『わたしたちのたねまき』(のら書店)などがある。

岩波現代文庫『海うそ』より

学生時代、イギリスに留学。

児童文学者のベティ・モーガン・ボーエンに師事し、下宿先のウエスト夫人とのエピソードはエッセイにもよく描かれている。

世界中を旅し、渡り鳥を追いかけ、カヤックに乗るとても活動的な女性だ。

梨木香歩は雑誌やテレビなどの媒体に顔を出さない。

講演会やサイン会はたまに行われていて、参加した人の感想を読むと、どうやらすらっとした感じの、自然派の装いをされた上品なご婦人のようだ。

鹿児島出身ということから、きっと目鼻立ちのはっきりした、自然体でも美しい方なんだろうなと勝手に想像してみる。

梨木香歩『裏庭』

児童文学ファンタジー大賞受賞作。

昔、英国人一家が住んでいた古い洋館には、鏡を通って行ける秘密の裏庭があった。

あるきっかけで裏庭に入り込んでしまった照美は、目を背けていた出来事に直面し自分の心と向き合っていく。

ナルニア、秘密の花園、ムーミンなどのファンタジーの要素を感じる、何度でも読みたくなる意外と骨太な物語。

自分の感情と向き合うことの大切さ。これを読んで子どもも大人も時々は再確認するべきだと思う。

『裏庭』の基本情報
出版社 新潮社
出版日 2000/12/26
ページ数 412ページ
受賞 第1回児童文学ファンタジー大賞受賞
発行形態 単行本、文庫

梨木香歩『不思議な羅針盤』

梨木香歩エッセイの入門書にピッタリの一冊。

映画『西の魔女が死んだ』の撮影秘話も少しあって手元に置いておきたいエッセイ集。

『沼地のある森を抜けて』で薄々気づいてはいたけど、梨木香歩はとてもユーモアのある人だと思う。

愛犬との共闘エピソード(笑い事ではない?)やカーナビ彼女とのやり取りなど、お顔も知らない梨木先生を想像して楽しくなる。

自然との関わりの中であのような素晴らしい作品が生まれるんだなぁと思う。

『不思議な羅針盤』の基本情報
出版社 新潮社
出版日 2015/09/27
ジャンル エッセイ
ページ数 238ページ
発行形態 文庫

梨木香歩『丹生都比売(におつひめ)』

壬申の乱の前、大海人皇子(おおあまのおうじ)と鸕野讚良皇女(うののさららのひめみこ)の子、草壁皇子(くさかべのおうじ)と吉野で出会った不思議な少女キサの物語。

新潮社の作品集には他に8つの作品を併録。

全体に漂うのは死者たちの思い。

梨木香歩はたまに「質量」という言葉を使う。

私たちの体は死んだら土に還り、別の命の糧となり巡り巡っていく。

質量は変わらず、そうやって繋いでいくものの中に梨木香歩は物語をみる。

『丹生都比売』の基本情報
出版社 新潮社
出版日 2014/09/30
ページ数 251ページ
発行形態 単行本

梨木香歩『春になったら苺を摘みに』

梨木香歩が留学時代から下宿先としてお世話になったウエスト夫人と、彼女を中心とした国も宗教も異なる友人たちとの交流譚。

ウエスト夫人のモットー「理解はできないが受け入れる」は、これからの世の中でとても大切な教えになるかもしれない。

理解したふりも、理解させようと押し付けることも必要ない。

人との付き合いに悩んだ時、『春になったら苺を摘みに』は一度ベースに立ち返って新しい視点を与えてくれるようなエッセイだ。

『春になったら苺を摘みに』の基本情報
出版社 新潮社
出版日 2006/02/28
ジャンル エッセイ
ページ数 254ページ
発行形態 単行本、文庫

梨木香歩『ぐるりのこと』

ぐるりとは身の回りのこと。

旅先で、日常で、身の回りのことから内側へ思考を巡らせるエッセイ集。

梨木香歩の小説を読んでいると、「境界」という概念を意識しているのがわかる。

もう一つ、「Marsh」という言葉についても書かれている。

Marshは沼沢のような水辺と固い地面の曖昧な境い目なので、「境界」が梨木香歩の創作にとってとても大事なテーマなのだと思う。

この本でそのエッセンスを見せてもらった気がする。

試し読みする

『ぐるりのこと』の基本情報
出版社 新潮社
出版日 2007/06/28
ジャンル エッセイ
ページ数 223ページ
発行形態 単行本、文庫、電子書籍

梨木香歩『からくりからくさ』

蓉子は祖母の遺した古い家に、女友達3人と日本人形の「りかさん」と共同生活をする。

食卓には野草を使って工夫を凝らした料理が並び、季節の植物で糸を染め、それを織物に仕立てていく。

工房とシンプルライフ。

こういう生活スタイルに憧れる人は多いと思う。

地に足をつけるのは難しい。他人と密に関わり合うのも。

「世界はひとつの織物」という言葉に、いい模様を出すには確かな生活という縦糸があればこそだなぁと思う。

『からくりからくさ』の基本情報
出版社 新潮社
出版日 2007/06/28
ページ数 447ページ
発行形態 単行本、文庫

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。