弱虫ペダル 作中を盛り上げる名言・名シーン10選

たった1回凡人が凡人の脚で 天才だしぬくなんてキセキがさ 1回くらいあったっていいだろう!!(手嶋純太)

289話。

インターハイの準備を行うために、例年通り1,000キロ合宿を行う総北高校自転車競技部。

インターハイメンバーの条件は4日間で1,000キロの走破と、6位以内でゴールすることされていた。

各課題を克服するために走る中、メカニックの3年生古賀が合宿に参戦。

実は古賀は1年当時のインターハイメンバーであり、怪我のため戦線を離脱したのであった。

3年最後のインターハイに出場するために1,000キロ合宿にて手嶋になり替わりキャプテンとしてレギュラーの座を狙う古賀は2日目の終盤に勝負をかける。

戦略に長けているものの脚質が凡夫な手嶋は最後のスプリントにかけペダルを踏み続けるのであった。

作中手嶋の代名詞ともなったボロボロになりながらも諦めずに粘り続ける執念が初めて登場したシーンである。

まとめ

以上で『弱虫ペダル』の名言紹介を終了する。

私自身もそうであるが自転車競技に詳しくなくても読みやすく、熱い青春漫画である。

最新話ではいよいよ坂道たちも3年生となり、高校最後のインターハイに向けて準備をしている。

3連覇かそれとも…と考察が膨らむ今後の展開に期待が膨らむばかりである。

この記事を読んだあなたにおすすめ!

『弱虫ペダル』書影画像弱虫ペダル キャラクター・登場人物を一覧で紹介! 漫画名言記事まとめページ【気になる漫画の名言を、のぞきにいこう!】

書き手にコメントを届ける

記事の感想や追加してもらいたい情報のリクエスト、修正点の報告などをお待ちしています。
あなたの言葉が次の記事執筆の力になります。